望月清賢山梨市長の職員不正採用の理由は?元妻が関係?ウソの書類で逮捕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7日、山梨市の職員採用試験を巡って嘘の内容の書類を作成していたとして、現職の望月清賢山梨市長(70)を逮捕されることになりました。

6月に、市長の元妻望月治美被告(61)も詐欺で逮捕されています。

こちらに詳細を書いています。
市長からもらった会社も借金が!山梨市長の元嫁が3億円を騙し取る!

この詐欺事件も関係しているのでしょうか?

※8月8日追記しました。
こちらに詳細を書いています。
やっぱり賄賂!不正関与人物も依頼人も金額もバレた!

スポンサーリンク

どうのような事件か?

テレ朝NEWSの報道です。

 山梨市の職員採用試験を巡って嘘の内容の書類を作成していたとして、警視庁は7日、現職の望月清賢山梨市長(70)を逮捕する方針です。

 警視庁は山梨市役所の職員採用試験を巡る過程で、望月市長が特定の受験者に対して嘘の記載をするなどして便宜を図った疑いが強まったとして、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで逮捕する方針を固めました。採用試験は筆記の1次試験が行われた後、2次試験で市長ら幹部による面接などが行われるということです。市長が2次試験に加わる制度は前の市長の時に廃止されていましたが、望月市長が就任した後に復活させたということです。警視庁は望月市長から詳しく話を聞くなどし、便宜の有無について詳しく調べる方針です。望月市長を巡っては、6月に元妻の望月治美被告(61)が経営する石材店を巡る架空の投資話で都内の男性らから3億円以上をだまし取った疑いで逮捕・起訴されています。

テレ朝NEWS

望月市長は、特定の受験者に対して、ウソの記載をしていたようです。

2次試験での面接などに、市長が参加することを復活させています。

市長の意見などを書類に記載できるように、画策したのでしょうね。

具体的にどのような記載をしたのでしょうか?

採用に影響するぐらいなので、それなりの推薦をするような内容だと思われます。

山梨市を、私物化し、独裁政治をしようとしたということでしょうか?

望月市長は、2014年2月2日に、自民党県連の推薦を得て、市長に当選しました。

職員不正採用の理由は?

望月市長は、父親の後を継いで差出石材の社長をしていました。

現在は、社長を元妻に譲っています。

その会社には、借金がありました。

元妻は、「自身や会社の借金返済」「生活費や税金の支払い」「会社の運転資金」のため詐欺をし、逮捕されました。

こちらに詳細を書いています。
市長からもらった会社も借金が!山梨市長の元嫁が3億円を騙し取る!

また、望月市長も「連帯保証人の地位にある」として、貸付金の返済を求め複数の訴訟を起こされています。

 山梨市の望月清賢市長の元妻、治美容疑者(61)=詐欺容疑で再逮捕=が社長を務める会社「差出石材」への貸付金が返済されていないとして、山梨県甲府市の女性が27日までに、望月市長に返還を求めて甲府地裁に提訴した。

 訴状によると、女性は平成20年ごろに360万円を貸し付け、一部が返済された後に滞り、191万円の残金があると主張。「連帯保証人の地位にある」として、望月市長に返済を求めている。

 東京都三鷹市の女性も今年1月、同社への貸付金が返済されていないとして、市長に約4500万円の損害賠償を求め甲府地裁に提訴した。

引用元 産経ニュース

金に困った望月市長が、不正採用による賄賂を企てた可能性はないとは言えません。

8月8日追記:
望月市長は、容疑を認めました。
さらに、不正採用に関与したとみられる人物の名前や受領したとみられる金額が記されたメモを、警視庁捜査2課が押収しました。
こちらに詳細を書いています。
やっぱり賄賂!不正関与人物も依頼人も金額もバレた!

望月清賢山梨市長のプロフィール

  • 名前:望月清賢(もちづき・せいき)
  • 生年月日:1947年6月30日
  • 出生地:山梨県山梨市
  • 出身校:金沢工業大学工学部
  • 所属政党:自由民主党→無所属

1974年3月、金沢工業大学工学部卒業。

同年4月、父親が経営する差出石材に就職。

1983年、旧山梨市の市議会議員選挙に初当選。

市議は3期務めました。

1999年、亡くなった父親の後を継いで差出石材の社長に就任。

2002年7月20日、山梨県議会議員補欠選挙に出馬し初当選。

県議時代は自民党県連総務会長を務めました。

2013年12月、県議を辞職。

2014年2月2日、山梨市長選挙に自民党県連の推薦を得て出馬し、現職の竹越久高氏を破り初当選。

おわりに

金のための不正だったのでしょうか?

だとしたら、元妻といい、最悪のケースとなります。

望月市長には、正直に話をしてもらいたいです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*