長沼毅顔画像と嫁子供は?酒癖余罪や辞職は?広島大学教授男子学生暴行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生物学者の広島大学の長沼毅(ながぬま・たけし)教授(56)が、指導する男子学生に暴行を加えて負傷させたとして、東広島区検から傷害罪で略式起訴され、東広島簡裁が今月1日付で罰金30万円の略式命令を出していまいた。

スポンサーリンク

何があったのか?

読売新聞の報道です。

 生物学者として著名な広島大の長沼毅教授(56)が、指導する男子学生に暴行を加えて負傷させたとして、東広島区検から傷害罪で略式起訴され、東広島簡裁が今月1日付で罰金30万円の略式命令を出していたことがわかった。

 教授は男子学生への暴行や他の学生への度重なる暴言を理由に大学から休職6か月の懲戒処分を受けている。

 大学や関係者などによると、長沼教授は研究室の航海実習で鹿児島県の硫黄島を訪れていた今年3月12日、停泊中の船内で20歳代の男子学生と口論になり、足を払って転倒させたという。教授は当時飲酒しており、学生に馬乗りになって「死ね」と首を絞めるなどし、顔につばを吐いたという。

 学生は腰の骨折などで全治約3週間と診断され、鹿児島県警に被害届を提出。大学は7月、アカデミック・ハラスメント(立場を利用した嫌がらせ)をしたとして、教授を懲戒処分にした。

引用元 読売新聞

長沼教授は、傷害で罰金30万円の略式命令を受けました。

容疑は、20歳代の男子学生との口論で足を払って転倒させ、馬乗りになって「死ね」と首を絞めるなどし、顔につばを吐いたとのこと。

長沼教授は、酒を飲んでいたようです。

学生は、腰の骨折などで全治3週間といいますから、大ケガです。

また、学生への暴行や他の学生への度重なる暴言により、今年7月、大学から休職6か月の懲戒処分。

昨年からこの学生に、「クビにするぞ」などの暴言を浴びせるアカデミックハラスメントを繰り返していたそうです。

これだけのことをしておいて、この処分内容はどうなのでしょう。

学生が泣き寝入りして、自主退学をしていたら、どう責任をとるつもりだったのでしょうか。

少なくとも、学生の大学生活の一部を無駄にさせたことは、間違いないでしょう。

長沼教授は、辞職という選択はしていないようです。

どのような顔をして、復帰するつもりなのでしょう。

スポンサーリンク

長沼教授とは?

長沼教授は過酷環境にいる微生物の専門家で「科学界のインディ・ジョーンズ」とも呼ばれ、テレビ番組に数多く出演しています。

1961年4月12日生まれの56歳。

神奈川県立希望ヶ丘高等学校、筑波大学第二学群生物学類卒業。

1989年、筑波大学大学院生物科学研究科修了し、理学博士号を取得しています。

専門は、生物海洋学、微生物生態学、極地・辺境等の苛酷環境に生存する生物の探索調査。

極限環境に存在している珍しい細胞を探検する目的で研究者として南極、北極に派遣された経験があります。

また、宇宙飛行士に憧れ、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構)が募集する宇宙飛行士採用試験に応募したことも。

このときは、二次選考(準決勝)まで残りましたが、落選しています。

ちなみに、この時の採用者は野口聡一さんです。

2016年7月公開の「シンゴジラ」の監修にも携わっているようで、エキストラで出演しています。

プライベートでは、結婚し、子供もいます。

子育てについて、「伸びる芽を摘まないこと」と言っていたようですが、これについては、今回の事件をみると疑問を持たざるを得ません。

また、今回の件で、FacebookやTwitterのアカウントは削除してしまっています。

ですが、名言botは存在します。

https://twitter.com/t_naganuma_bot

酒癖や余罪は?

広島大学の卒業生とされる方が、ネットで、このようなコメントをしています。

卒業生だけど名前を見た瞬間「やっぱりやらかしたか」って感じがした。

テレビでは温厚そうな雰囲気かもしれないけど自分に自信満々で周りに対してもすごく高圧的で人間的には良くないとみんな思っていたはず。

ただ内部事情を聞いた身としては、今回は一部の問題だけを報道した感じだな。

卒業生だけど、この人いつかやりかねないと思っていた。
手を出しているところは見たことなかったけど機嫌が悪いと生徒をものすごい剣幕で怒鳴りつけたり、研究室の学生はこの人の小間使い。酒癖も良いとは言えないレベル。

普通の会社だとすでにパワハラで訴えられてますね。

近年テレビで見かけることもあって、ご活躍されているのを嬉しく思っていただけに、中身は全く変わっていなかったことにがっかり。

ネット上のコメントなので、真実なのかは何とも言えません。

しかし、新聞報道を見ていると、あり得る話かと思えます。

長沼教授は、2015年5月、著書『考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子』についてのインタビューで、このように話しています。

「いわゆる『場末の居酒屋』みたいなところで、日本酒を飲みながら、グズグズ愚痴や文句を言う。人間は社会生活を送っていれば、ストレスはどうしてもあります。だから、マンガのような『ザ・クダ巻き』をすることで時々ガス抜きをしてるんです。ストレスを避けるというより、ストレスを発散する場所を持つのが大切ではないでしょうか?」

『ザ・クダ巻き』を実行して、今回のような不祥事を起こしたんですね。

おわりに

地位が上がると、高圧的になってしまう人をよく見かけます。

長沼教授は、その典型なのかもしれません。

また、長沼教授は、格闘技経験があるような噂があります。

そのあたりの冷静さも欠如していたとしたら、教育者としては失格なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*