長沢広明の議員宿舎に宿泊の女性は誰(顔画像と名前)?嫁や子供は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公明党の山口那津男代表は26日午前の記者会見で、同党の長沢広明副復興相(59)=参院比例代表=が議員宿舎に知人女性を泊めたことを理由に議員辞職すると明らかにしました。

他にも、出入りのためにカードキーも貸しており、いずれも本人は認めています。

スポンサーリンク

長沢広明氏のプロフィール

  • 名前:長沢広明(ながさわ・ひろあき)
  • 生年月日:1958年8月19日(59歳)
  • 出身校:東洋大学社会学部
  • 前職:公明新聞記者
  • 所属政党:元公明党

  • 1971年3月 – 板橋区立板橋第四小学校卒業
  • 1974年3月 – 板橋区立加賀中学校卒業
  • 1977年3月 – 東京工業大学工学部附属工業高等学校建築科卒業
  • 1983年3月 – 東洋大学社会学部卒業
  • 1983年4月 – 公明新聞記者、1995年10月から政治部副部長
  • 2003年10月 – 公明新聞退局
  • 2003年11月 – 第43回衆議院議員総選挙比例代表北関東ブロックから公明党公認で立候補し初当選
  • 2005年8月 – 第44回衆議院議員総選挙比例代表北関東ブロックから公明党公認で立候補し落選
  • 2009年8月 – 第45回衆議院議員総選挙比例代表北関東ブロックから公明党公認で立候補し落選
  • 2010年2月 – 第22回参議院議員通常選挙比例区の公明党公認候補として発表
  • 2010年7月 – 第22回参議院議員通常選挙比例区で当選、国政復帰
  • 2013年8月 – 公明党参議院国会対策委員長に就任
  • 2016年7月 – 第24回参議院議員通常選挙比例区で再選
  • 2016年8月 – 第3次安倍第2次改造内閣で、復興副大臣に就任
  • 2017年9月 – 第三者の女性に議員宿舎の鍵を貸与し、宿泊させたことで週刊誌に取材を受け、26日に公明党に離党届を提出

何があったのか?

 公明党の山口那津男代表は26日午前の記者会見で、同党の長沢広明副復興相(59)=参院比例代表=が議員宿舎に知人女性を泊めたことを理由に議員辞職すると明らかにした。副復興相も辞任する。

 山口氏によると、長沢氏は知人女性を議員宿舎に宿泊させた。出入りのためにカードキーも貸しており、いずれも本人は認めているという。宿舎の運営ルールは、宿泊は秘書か家族に限るとされており、山口氏は「ルール違反は明確だ」と指摘した。

引用元 毎日新聞

公明党の山口代表は「本人から、かねて知人女性を(宿舎に)宿泊させた、カードキーを貸与したと」「党としてもルールを犯したことは看過できない」と述べています。

また、長沢氏は、「ルール違反は明白で、疑惑を招く行為であり、軽率だった」と謝罪。

疑惑を招く行為とは、どういうことでしょう。

長沢氏は、この女性を泊めただけで、何もなかったといいたいのでしょうか。

しかし、なぜ、わざわざ、議員宿舎に泊めたのでしょう。

ホテルで宿泊だと、マスコミにバレるからなのか。

今後、どんな言い訳をつもりなのでしょうか。

スポンサーリンク

女性は誰?

女性の詳細は、現在、明かされていません。

どういった関係で知り合った女性なのか、気になりますね。

支持者なのか、夜の商売なのか。

長沢広明氏の家族は?

長沢氏は、埼玉県所沢市在住。

奥さんと、1男2女の5人家族です。

お子さんは、まだ独立していないようです。

家族は、今回の問題をどのように感じているのでしょうか。

おわりに

最近、議員のこういった問題が明らかになってきています。

今は、SNSの影響で、週刊誌などに情報がどんどん流れています。

衆院選を前に、もっと疑惑が暴露されるかもしれないですね。

※9月27日追記(女性の画像・動画)

 知人女性を議員宿舎に宿泊させたことを認め、参院議員を辞職することを表明した長沢広明復興副大臣(59)。「週刊文春」が、長沢氏の「週末同棲」について事実確認を求めたことがきっかけだった。

 小誌の取材によれば、長沢氏の住む千代田区の議員宿舎を、毎週末、約30歳離れた愛人・A子さんが訪れ宿泊していた。中には、山尾志桜里衆院議員の不倫報道直後の週末や、衆院解散が報じられた当日も含まれている。

 A子さんは、多数の食材を買い込み、長沢氏から渡されたカードキーで手慣れた様子で、議員宿舎を開錠し、長沢氏の部屋を訪れていた。

 こうした事実関係について、長沢氏は「週刊文春」の取材に一度は否定した。だが、26日になって一転、A子さんについて「親しくさせていただいている友人、飲み友達の一人」とし、宿泊やカードキー貸与を認めた。また、午後に会見を開き、「疑惑を招くような行動を取った」として復興副大臣の辞任、参院議員の辞職を表明した。

 長沢氏が公明党内で力を持つに至ったのは、創価学会の実力者・佐藤浩副会長の後ろ盾があったからだと言われてきた。佐藤副会長は選挙を取り仕切り、菅義偉官房長官と太いパイプを持つことで知られる。

引用元 文春オンライン

女性は、赤坂のサロンに勤めているとのことです。

長沢元議員は、女性との交際は否定。

また、当初、議員宿舎への宿泊は、認めていませんでしたが、のちに認めています。

嘘はダメですよね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*