中島に鉄パイプが!ケガの具合は?看板工事中の事故…責任は誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9日、オリックスの中島宏之内野手(34)が、試合前練習中に落下した鉄パイプに当たり、大阪市内の病院に運ばれました。

中島選手の練習していた上方では、スポンサーの看板を設置したようです。

中島選手のケガの具合、そのような場所で練習をさせていた責任は?

スポンサーリンク

中島選手の事故の状況

スポーツ報知の記事です。

 9日に行われるオリックス―ロッテ戦(京セラD)の試合前練習の最中に、オリックスの中島宏之内野手(34)の腰付近に鉄パイプが当たり、一時騒然となった。鉄パイプは約2メートルで重さは約6キロほど。スポンサーの看板を設置中の、球団が委託した業者の作業員が5階席で作業していたところ、誤って落としたという。中島は外野の中堅付近でトレーナーとストレッチを行っている最中だった。

 鉄パイプが落下する音に気付いたトレーナーが、慌てて中島をその場からどかせたが、鉄パイプは一度地面にワンバウンドし、中島の右腰から右首付近に当たった。選手や関係者らの「担架!」と叫び、練習は一時中断。現場は騒然となったが、中島は担架には乗らずに自力で歩いてベンチ裏に下がり、大阪市内の病院に向かった。現場に居合わせた別府ベルペン担当コーチは「『ガランガラン』と音がして、気付いたらパイプが目の前に迫っていた。上から落ちてくるなんて思ってもみない」と恐怖を語った。

引用元 スポーツ報知

中島選手のケガの具合は?

記事によると、中島選手は担架には乗らず自力で歩いていたようですが、心配ですね。

当たった場所は、右腰から右手首付近とのこと。

デッドボールを手首に受け、そのまま選手生命を失った選手を多く見てきました。

筋肉部分に当たったのでしたら、不幸中の幸いかもしれませんが、骨に当たって骨折でもしていたら大変なことです。

ゲガの状態は、まだ発表されていません。(追伸:打撲と診断されました)

責任は誰?

今回の事故は、作業員が鉄パイプを誤って落としたことによるものでした。

しかし、人間はこのようなミスは犯すもの。

そして、物は下に落ちます。

ですから、上で作業をしていたら、下に人を絶対に入れてはいけません。

これは、工事をする上では鉄則です。

今回の事故の原因は、次のように考えられます。

  • 球団からの委託会社が、下方の立入禁止措置をしなかった
  • 球団が、監督・コーチ・選手に、工事することを伝えていなかったかもしれない
  • 監督・コーチ・選手は、工事のことを知っているのも関わらず、工事の下方で練習をしていたかもしれない

これらの原因により、責任の追求が変わってくると思います。

スポンサーの看板設置は、どこの球団でも、日常茶飯時に行われているはずです。

これを反省材料にし、再発防止に努めてもらいたいものです。

おわりに

中島選手のケガが大したないことを祈るばかりです。

このような初歩的な事故は、未然に防げるものです。

気をつけてもらいたいですね。

追伸

中島選手は、打撲と診断されました。

今夜の試合もベンチ入りするそうです。

とりあえずは、安心ですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*