直江大輔の父も甲子園出場!高身長イケメン投手は松商学園青柳真珠とダブルエース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年高校野球選手権大会の長野代表は、松商学園。

松商学園の自慢は、青柳真珠と直江大輔の長身ダブルエース。

ともに140キロを超える速球が武器。

今回は、2年生の直江大輔投手を調べてみました。

コチラの記事も読まれています。
青柳真珠は父母の教えを守るイケメン高身長投手!松商学園の直江大輔とダブルエース

松商学園は機動力が特徴!選手別(地方大会)の盗塁犠打は?初戦(土浦日大)快勝!

スポンサーリンク

青柳真珠投手のプロフィール

  • 名前:直江大輔(なおえ・だいすけ)
  • 出身地:長野県長野市
  • 身長:183センチ
  • 体重:73キロ
  • シニア:中野シニア
  • 中学:長野市立柳町中学校
  • 高校:松商学園高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打

直江大輔投手の実績

松商学園では1年秋からベンチ入り。

同年秋の中信地区大会では、背番号11で先発3試合、救援1試合に登板。

18回2/3を7失点・1完投勝利の成績を残します。

決勝戦・都市大塩尻戦では、6回を2安打・8奪三振・1失点の好投。

翌2年春の中信地区大会の準々決勝・松本一戦では、3失点の完投勝利をマーク。

同年春の県大会1回戦・佐久長聖戦では、延長11回を159球・8安打・4奪三振・4四死球・4失点完投。

今年の夏の県予選は、6試合・26回を15安打・15奪三振・13四死球・8失点。

※追伸:夏の甲子園2回戦・盛岡大付戦は、救援で2回2/3を42球・3安打・1奪三振・2四球・2失点・2自責点で敗退。

投手としての特徴

スラリとした体型から、バランスのよいフォームで投げる長身右腕。

最速は142キロ。

変化球は、スライダー、カーブ。

プロ注目の投手です。

父は3度甲子園出場

直江投手のお父さん・晃さんは、松商学園の投手として春夏通じて3度甲子園に出場。

直江投手は、他の高校から誘いがありましたが、「お父さんと同じ松商に入り、2008年から遠ざかっている甲子園に自分が連れて行く」と松商学園入学を決意。

去年は、甲子園を逃しましたが、今年は雪辱。

直江投手は「お父さんに負けないよう、緩急をつけて打たせて取る投球をしたい」と語っています。

おわりに

甲子園では、青柳投手と交互で先発が予想されます。

お父さんに負けないピッチングを期待しましょう。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*