日経新聞東京本社ビルトイレ爆発原因理由は?自殺テロ?男性全身やけど死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21日午前10時50分ごろ、日本経済新聞社東京本社ビルの2階から出火していると、119番通報がありました。

警視庁と東京消防庁によると、2階北側の男性トイレ付近から白煙が確認され、トイレ個室から男性1人が心肺停止の状態で見つかり、亡くなりました。

スポンサーリンク

何があったのか?

朝日新聞の報道です。

 21日午前10時50分ごろ、東京都千代田区大手町1丁目の日本経済新聞社東京本社ビルの2階から出火していると、119番通報があった。警視庁と東京消防庁によると、2階北側の男性トイレ付近から白煙が確認され、トイレ個室から男性1人が心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。消防車など20台が出動し、火は約1時間後にほぼ消し止められた。トイレ内約30平方メートルが焼けた。

 日経新聞によると、2階には飲食店などがあって社員以外も入れるといい、同社広報室は「消防の活動を見守っている」としている。

 丸の内署などによると、清掃員の女性が男性トイレに入った際、個室から「ボン」という音がしたため見に行くと、全身やけどのような状態の男性が倒れているのを見つけたという。

引用元 朝日新聞

火元は、日本経済新聞社東京本社ビルの2階北側の男子トイレのようです。

個室にいた男性1人が亡くなってしまいました。

2階には飲食店などがあって社員以外も入れるとのこと。

亡くなった男性が、日経新聞の社員なのかは、今のところ公表されていません。

スポンサーリンク

白煙の原因は?

清掃員の女性が男性トイレに入った際、個室から「ボン」という音がしたため見に行くと、全身やけどのような状態の男性が倒れているのを見つけたといいます。

何かが爆発したのか。

何者かが、何かを仕掛けたのか。

亡くなった男性の持ち物によるものなのか。

新聞社というのは関係があるのか。

事件なのか事故なのか。

男性の自殺だったという報道もあります。

だとしたら、何かのメッセージなのでしょうか。

日本経済新聞社東京本社ビルの場所は?

おわりに

一体何が起きたのでしょうか。

日経新聞の社員も、落ち着いて仕事ができないでしょう。

マスコミ関係者もハラハラしているかもしれません。

亡くなった男性のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*