日光鬼怒川SLの料金や運行日ダイヤ(時刻表)や購入方法(座席指定券)は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日光・鬼怒川で、58年ぶりにSLが復活します。

そのSLの名前は『大樹』。

これは、東武鉄道の「日光・鬼怒川地区の交流人口創出や沿線活性化を図り、ひいては栃木・福島エリアの支援活性化」を目的としたプロジェクト。

それが、ついに8月10日から運転開始となります。

そのSLの料金や運転予定など紹介します。

スポンサーリンク

SL復活の目的と取り組み

目的

このプロジェクトを行ったのは、東武鉄道株式会社。

東武鉄道は、「鉄道産業文化遺産の保存と活用」という観点から検討し、SL復活を決めました。

SL復活により、運行エリアの集客を図り、「日光・鬼怒川エリアの活性化」「東北復興支援の一助」となることを目的としています。

鬼怒川線沿線地域のSLの歴史

  • 大正9年4月:下野電気鉄道が矢板線工事着手
  • 大正13年3月1日:矢板線 高徳(現新高徳)~天頂(塩谷郡船生村、現塩谷町)間、10.1km開通
  • 昭和4年10月22日:矢板線 天頂~矢板間13.4km完工。全線開通
    矢板線 新高徳~天頂間の軌間を762mmから1067mmへ改軌
  • 昭和18年5月1日:東武鉄道が下野電気鉄道を買収
  • 昭和34年7月1日:矢板線廃止
  • 昭和41年6月30日:東武鉄道におけるSLの運行終了

元々は、下野電気鉄道が保有していたものを東武鉄道が買収したんですね。

その後、、昭和34年に矢板線は廃止となったので、今回のSL復活は、鬼怒川線沿線では58年ぶりとなります。

また、東武鉄道のSLは昭和41年に運行終了となっているので、SL自体の復活は51年ぶりとなります。

取り組み

SL復活は、車両等を一からつくるとなると、コスト面からみても難しいものがあります。

そこで、注目したのが、かつて現役として使用された機関車や客車など。

今回、全国の鉄道事業者に、これらを貸与・譲渡してもらうことにより、このプロジェクトを推進することになりました。

貸与・譲渡してもらった内容はこちら。

  • 蒸気機関車:JR北海道(協力会社)
          北海道日高郡新ひだか町(旧所有場所)
  • 車掌車:JR貨物(協力会社)
        愛知県稲沢市(旧所有場所)
        JR西日本(協力会社)
        鳥取県米子市(旧所有場所)
  • ディーゼル機関車:JR東日本(協力会社)
             栃木県宇都宮市(旧所有場所)
  • 客車:JR四国(協力会社)
       香川県高松市(旧所有場所)
  • 転車台:JR西日本(協力会社)
        山口県長門市(旧所有場所)
        広島県三次市(旧所有場所)

また、運転にあたっては、検修員や機関士・機関助士には、SLの知識が必要となります。

しかし、東武鉄道には、そのような知識を持った社員はいませんでした。

そこで、SLの知識があるJJR北海道・秩父鉄道・大井川鐵道・真岡鐵道に、これら社員の教育をしてもらうことに。

これらを踏まえて、SL復活にこぎつけたのですね。

スポンサーリンク

試運転の状況(動画)

5月14日、SL『大樹』の試運転をしています。

その様子です。

SL『大樹』の「座席指定券料金」など

運行概要

  • 運行区間:東武鬼怒川線 下今市~鬼怒川温泉間 12.4km
  • 停車駅:下今市・東武ワールドスクウェア(新駅)・鬼怒川温泉
  • 所要時間 :約35分

引用元 http://www.tobu.co.jp/sl/project/facilities.html

座席指定券料金

  • 大人:750円
  • 小児:380円

※運転区間内一律料金です
※別途、乗車区間の運賃が必要です

運行日

2017年度は、土日を中心に98日間運転予定。

ハッチがかかっている日にちが運行日です。


スポンサーリンク

運行ダイヤ

周辺には、テーマパークや世界遺産の日光の社寺などがあります。

それらに遊びに行くことを想定して、乗る列車の時間を決めることをオススメします。

鬼怒川温泉行き(下り)

  • SL「大樹」1号:9:02下今市発
  • 9:32東武ワールドスクウェア発
    9:38鬼怒川温泉着

  • SL「大樹」3号:13:00下今市発
    13:30東武ワールドスクウェア発
    13:36鬼怒川温泉着
  • SL「大樹」5号:16:32下今市発
    17:02東武ワールドスクウェア発
    17:08鬼怒川温泉着

下今市行き(上り)

  • SL「大樹」2号:11:08鬼怒川温泉発
    11:13東武ワールドスクウェア発
    11:41下今市着
  • SL「大樹」4号:14:35鬼怒川温泉発
    14:41東武ワールドスクウェア発
    15:09下今市着
  • SL「大樹」6号:18:09鬼怒川温泉発
    18:15東武ワールドスクウェア発
    18:43下今市着

空席照会

こちらで空席を確認できます。

インターネット予約

パソコンやスマートフォンから座席指定券を予約できます。

インターネットで予約する

電話予約

電話で座席指定券を予約できます。

東武鉄道お客さまセンター
03-5962-0102
受付時間:午前8時30分〜午後7時00分 年中無休(ただし年末年始を除く)

東武線各駅

押上・寄居・越生駅および駅員無配置駅を除く駅で購入できます。

ただし、券売機では購入できません。

旅行代理店

東武トップツアーズや主要旅行会社で購入できます。

東武トップツアーズ支店一覧

変更・払い戻し

乗車や列車の変更は、指定列車の乗車駅の発車時刻までに最寄りの駅窓口に変更の申し出をし、希望の列車に余席がある場合1回に限り可能です。

払い戻しは、手数料100円がかかります。

制服も必見

乗務員の制服も、昭和を感じさせるモノで必見です。

記念写真とかも応じてくれるかもしれませんよ。

おわりに

58年ぶりにSL復活!

週末は、のんびりとSLに乗るのもいいのではないでしょうか。

「シュッシュッポッポ」という音も楽しめると思いますよ。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*