野際陽子の美容法…その若さの秘訣は股関節とゴキブリ体操

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野際陽子さん(享年81歳)は若さを保ったまま人生を全うされました。

その若さを保った秘訣は、ある美容法にありました。

それは、『股関節』と『ゴキブリ体操』です。

スポンサーリンク

きっかけは婦人科の先生「股関節を開くと良い」

野際陽子さんが股関節のストレッチを始めたのは、68歳のときのようです。

当時はまだ、ゴリゴリのスポーツマン千葉真一さんとご夫婦だったのに、ストレッチとかやってなかったのですかね?

話が脱線しましたが、野際陽子さんはかかりつけの婦人科の先生にアドバイスを受けたとのこと。

「人間は股関節から老けていくので、股関節を開くと良い」

これ、世間一般的によく言われていますよね。

でも、わかっていてもなかなか実行に移せない股関節ストレッチ。

野際陽子さんは、それを長年実行されたから、あれだけの若さを保てたのでしょうね。

野際陽子さんの若さの秘訣『股関節ストレッチ』

野際陽子さんは、股関節を広げるストレッチを始めたとき、「110度程度しか開かなかった」とおっしゃっています。

えっ?110度しか?

ストレッチを全然やってなかった68歳が、股割りで110度ってすごくありません?

元々素質があったのかもしれませんね。

そして、野際陽子さんの努力の賜物がこれです。

この画像、結構すごくありません?

一番開いたときで140~150度までいったそうです。

これだけ笑顔で股割りできたら最高ですよね。

野際陽子さん考案『ゴキブリ体操』

かつて、野際陽子さんは『瀕死の白鳥の湖』と名付けた運動をされていたそうです。

どのような運動か?

あなたの想像通りだと思います。

バレーの「白鳥の湖」のように手をヒラヒラさせる運動のようです。

ですが、野際陽子さんは『「瀕死の白鳥の湖」は効かない』と悟りました。

そこで編み出されたのが『ゴキブリ運動』!!

寝転んで、自転車こぎをするような運動をしていたら、ふと思ったそうです。

「手があいているじゃないか。これもやったら一石二鳥だ!」

なるほど。

短時間で手足の運動になりますもんね。

手足をバタバタさせながら運動している野際陽子さんを見た人が、「ゴキブリがひっくり返って暴れているみたいだ」と言ったので、『ゴキブリ体操』と命名されたそうです。

誰かが見ていたってことは、人目につくところで、野際陽子さんは『ゴキブリ体操』をしていたんでしょうね。

それは楽屋たっだのでしょうか?

野際陽子さんの可愛らしい一面ですね。

他にも筋トレ・ストレッチをされていたそうです

野際陽子さんは、他にもバランスボールを使って腕立て伏せや、撮影の衣装を着た状態でもストレッチをされていたそうです。

こんな感じで着物とかでもストレッチ。

野際陽子さんはお忙しい方だったので、ちょっとしたスキマ時間も大事だったんでしょうね。

この画像からすると、さっきの『ゴキブリ体操』もやはり楽屋でやっていたみたいですね。

徹子の部屋でも紹介

今までお話したことは、野際陽子さんとはNHK時代からの仲良し黒柳徹子さんの「徹子の部屋」でも紹介されています。

体をしっかり動かすことは大切ですよねー。

若さの秘訣はこういった小さな努力が必要なんだと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*