ピッシーニーヤー・ノザワ(ルンルン)顔画像は?野沢直子が妹と金スマで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレントの野沢直子さん(54)が22日放送のTBS系バラエティー『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後9:00)に出演します。

2時間スペシャルとなる今回、野沢さんは父の隠し子発覚エピソードをたどると共に、54歳にしてまだ見ぬ妹に会うため、はるばる海を超える様子に番組が密着します。

スポンサーリンク

父の隠し子発覚

 野沢直子の家系は、小説家の祖父、小唄の師匠の祖母、有名作品に出演する声優の叔父など芸能や文学に長けている血筋。中でも父は、新宿に自社ビル、ボート、1987年の有馬記念で2着になった競走馬など100頭以上の馬を所有するが、家族を振り回すひときわ破天荒な男だったそう。野沢が26歳の時に母は逝去するとすぐに父は再婚。そして、2015年に父も亡くなると、遺品整理をしていた弟から父に隠し子がいた、という内容のメールが送られてきたのだった。

 野沢もまだ見ぬその隠し子は実の妹で、父の納骨式に友人を介して連絡したが来てくれなかった。異国の地にいる妹へ会いにいく姿を密着させてほしいという番組の申し出を、当初は断っていた野沢は「嫌われているかもしれない。会うとそのことが本当になってしまう。最悪な結末、絶縁されるかも」という不安を打ち明けた。しかし、父の死から2年が経ち、気持ちの整理がついたことから、意を決してタイへ。

 ついに妹と出会った野沢。妹の本名が、「ピッシーニーヤー・ノザワ」、つまり“ノザワ”の名を継承していたのだ。さらに、彼女は野沢のブログから格闘家として活躍する娘・真珠の存在を知っていた。お互い家族のことを話し合うと子育てに共通点も見つかり、「会ったことがなかったけど、同じ父の子なんだ」と実感。父のDNAを実感する涙と感動の対面の行方を伝える。

引用元 オリコンニュース

実は、お嬢様だった野沢直子さん。

お父さんは、相当破天荒だったようです。

2015年に亡くなったのですが、実は、隠し子がいたことが発覚。

しかも、タイ人との子供。

野沢直子さんも、これには驚きますよね。

ですが、隠し子とはいえ、血の繋がった妹。

会いたいけど、「嫌われているかもしれない。会うとそのことが本当になってしまう。最悪な結末、絶縁されるかも」という不安で会えない…。

恨んでいるかもしれないので、怖いですよね。

ですから、「異国の地にいる妹へ会いにいく姿を密着させてほしい」という番組の申し出も断っていました。

しかし、父の死から2年が経ち、気持ちの整理がついたことから、意を決してタイへ向かったそうです。

勇気ありますよね。

でも、生きているうちに会いたいのが、本音でしょう。

そして、会った妹は、「ノザワ」の名を継承していたとのこと。

嫌でもなかったし、恨みもなかったそうです。

感動しますね。

また、野沢直子さんのInstagramを見ていました。

野沢直子さんがお姉さんと知っていたんですね。

そして、そのInstagramで、格闘家として活躍する娘・真珠さんも知っていたとのことです。

心温まりますね。

実妹の顔は?

妹さんの名前は「ピッシーニーヤー・ノザワ」。

可愛らしい人ですね。

野沢直子さん曰く目が、妹さん曰く鼻が、お父さんさんに似ているそうです。

ニックネームは「ルンルン」。

住んでいるのはタイバンコクとのことです。

おわりに

野沢直子さんの勇気ある行動は、尊敬します。

そして、お互いとても仲良しになりました。

よかったですね。

この記事を読まれている方は、こちらも読まれています。

野沢直子の父親の破天荒がスゴイ!顔や名前は?仕事は競馬予想で大成功?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*