及川雅貴(横浜高校)中学とドラフト進路は?テレビでプロと対戦も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年高校野球選手権大会の神奈川代表は、横浜高校。

横浜には、世代No.1投手と言われる1年生左腕・及川雅貴投手がいます。

スポンサーリンク

及川雅貴投手のプロフィール

  • 名前:及川雅貴(およかわ・まさき)
  • ニックネーム:オヨヨ
  • 生年月日:2001年4月18日
  • 出身地:千葉県匝瑳市
  • 身長:182センチ
  • 体重:71キロ
  • ジュニア:須賀スポーツ少年団(軟式)
  • リトルシニア:匝瑳リトルシニア(硬式)
  • 小学:匝瑳市須賀小学校
  • 中学:匝瑳市立八日市場第二中学校
  • 高校:横浜高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打

野球を始めたのは、小学3年。

小学6年で、千葉ロッテマリーンズJr.チーム。

中学3年では、侍ジャパンU-15代表のエースとして昨年8月の「第3回WBSCワールドカップ」(福島県いわき市)で、準優勝に導きます。

及川投手は、「世代No.1投手」の呼び声が高く、高校の進学先が注目されました。

横浜高校に決めた理由を「プロを目指しているので、その点で選びました」と語っています。

及川雅貴投手の実績

横浜高校では、今年の1年春から控えとしてベンチ入り。

春の県大会準決勝までは、平田徹監督の「オーバーワーク。壊してはいけないので、休養をさせながら、細心の注意を払ってきた」という理由で、メンバーから外して調整。

決勝・東海大相模戦では、監督の「春は育てながら勝つ。チームを大きく伸ばすため、少しでも可能性をふくらませたい」とのことで、初登板初先発を任されました。

結果は、1回1/3を7安打・6失点・4自責点。

試合後の及川投手は、「監督から『ストレート中心に攻めていきなさい』と言われていましたが、ボール1個分中に入ったボールが多くて、少しでも甘くなると打たれてしまう。甘くないなと思った」とのこと。

また、「球自体が軽いので、体重を増やして重くし、制球も磨きたい」とも。

中学3年のとき66キロだった体重は、現在71キロまで増やしました。

そして、今年夏の県大会初戦・南戦では、4回を1安打・6奪三振・4四死球・無失点の好投。

この試合は、縦のスライダーを2、3球投げた程度で、ほぼストレートの投球。

その配球で6三振を奪った及川投手に、視察したヤクルトの斉藤宜之スカウトは高い評価をしました。

ちなみに、横浜高校の夏の「ルーキー開幕投手」は、OBの愛甲猛氏や松坂大輔投手(現ソフトバンク)でも経験していません。

夏の県大会の通算成績は、2試合・6回を1安打・7奪三振・6四死球・無失点。

※追記:甲子園1回戦・秀岳館戦成績は、救援3回を40球・1安打・1三振・2四球・1死球・無失点も敗退。

投手としての特徴

ゆったりとしたフォームから、ヒジを柔らかく使う左腕。

最速は143キロ。

ストレートは、常時130キロ台後半から140キロ強。

120キロ前後で切れ良く曲がる縦横のスライダーに自信。

その他の持ち球としてカーブ、チェンジアップがあります。

テレビでプロと対戦

高校入学前に、テレビ朝日「ビートたけしのスポーツ大将」の企画でプロと対戦。

中日・平田良介選手(大阪桐蔭出)から直球で空振り三振を奪います。

また、西武・森友哉選手(大阪桐蔭出)にも臆することなく内角をつきます。

及川投手の感想は、「楽しかったです」。

ハートが強いですね。

おわりに

将来が、楽しみな1年生の及川投手。

甲子園では、さらに成長するのではないでしょうか。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*