岡部順一顔画像と前科内容は?現場マンションの場所どこ?元テレビ朝日社員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3件の強姦(ごうかん)罪などに問われ13年前に懲役10年が確定した元テレビ朝日社員・岡部順一被告(55)が、出所後に再び女性に性的暴行したとして大阪府警に強制性交等(刑法改正で「強姦」から名称変更)容疑などで逮捕され、起訴されていたことが15日、分かりました。

容疑を認めているとのことです。

スポンサーリンク

どのような事件か?

産経新聞の記事です。

 大阪市内の近接したマンションで、無施錠の玄関から男が侵入し、女性が乱暴される事件が数年前から相次ぎ、このうち1件に関与したとして、大阪府警が強制性交と住居侵入の疑いで、元民放テレビ局員の無職、岡部順一容疑者(55)を逮捕していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 9月13日に逮捕され、すでに強制性交罪などで起訴された。大筋で容疑を認めているという。

 起訴状によると、岡部被告は7月中旬の未明から早朝にかけて、大阪市内のマンション6階の一室に無施錠の玄関から侵入。住人の当時20代女性に対し「静かにしていたら何もしない」などと言い、タオルで目隠しして両手を縛ったうえ、女性に性的暴行を加えたとされる。府警はこの事件の発生後に、女性を縛るために使われたとみられる布のようなものが、岡部被告宅のごみ集積場に捨てられていたのも確認している。

 逮捕容疑となった現場マンションでは、別の部屋でも女性が乱暴されそうになった強姦(ごうかん)未遂事件が起きているほか、近隣マンションでも女性の被害が確認されており、いずれも岡部被告の自宅から数百メートル圏内の場所に位置していた。

 この3件の事件は、いずれも鍵がかかっていない玄関から侵入し、就寝中の女性を襲っている点が共通しているという。府警は手口の特徴や防犯カメラ映像の分析から、岡部被告が一連の事件に関与した疑いが強いとみて捜査している。

 岡部被告は平成16年、女性に性的暴行を加えたとする強姦などの罪で懲役10年の実刑判決を受けた。その後服役し、24年に出所していた。

 大阪市内の近接したエリアで起きた連続女性暴行事件。3件の現場はいずれもオートロック式のマンションだった。

 このうち1件で逮捕、起訴された岡部順一被告は、下見を済ませたうえ、壁づたいに敷地内に侵入していた。そして鍵のかかっていない部屋を見つけ、犯行に及んだとみられる。

 起訴事件を含めた3件のマンションは、いずれも単身女性が多く入居しているようなタイプの間取りだったという。

 どの現場も犯行後に室内が清掃されるなどしたとみられ、遺留物からは岡部被告のDNA型は検出されなかったという。府警はいずれも岡部被告が関与したとみており、防犯カメラ映像を分析し裏付けを急ぐ。

 壁をつたうといった今回のような手口のほかにも、オートロックを無効化する手段はある。

 大阪府警と連携して防犯設備の普及・促進を図るNPO法人「大阪府防犯設備士協会」によると、住人の後ろに続いてオートロックの扉をすり抜ける「伴連(ともづ)れ」と呼ばれる手口も目立つという。担当者は「オートロックの過信は禁物だ」と指摘した。

引用元 産経新聞

元テレビ朝日社員が、自宅から数百メートル圏内で、3件の乱暴行為。

同じマンションで2件と近隣マンションで1件。

女性が単身で住みそうな部屋の、就寝中を狙ったようです。

余罪の可能性もあります。

いずれも、オートロックは付いているものの、玄関のカギは締めていませんでした。

オートロックがあることで、安心してしまう心のスキを狙った犯罪です。

犯罪者は、それを利用し、わざわざオートロック付きのマンションを狙う場合があります。

オートロックは、所詮、エントランスをロックしているだけで、完全に侵入が防げているものではありません。

しかも、オートロックを無効化させたり、伴連も多いようです。

また、岡部被告は、犯行後、室内清掃をしていたとみられます。

これは、報道機関に勤めていたことによる知識でしょうか。

前科があるにも関わらず、このような犯行に手を染めるということは、もはや自制できないのではないのかもしれません。

スポンサーリンク

岡部被告とは?

岡部被告です。

FacebookやTwitterは特定できませんでした。

前回逮捕されたときは、BS朝日に出向しており、営業の即戦力として「積極的な営業活動で勤務ぶりは良い評価を受けていた」そうです。

事件現場マンションはどこ?

事件現場のマンションは、自宅から数百メートル圏内とのことです。

あまりにも大胆な犯行です。

犯行後、バッタリ会うことがあり得るのに、何も感じないのでしょうか。

相手は、自分の顔がわからないという自信があったのでしょうか。

または、何も考えていなかったのでしょうか。

通常では、考えられない精神状態だと思います。

前科内容は?

岡部被告は2004年、女性に性的暴行を加えたとする強姦などの罪で懲役10年の実刑判決を受けました。

その後服役し、2012年に出所したばかりです。

1審で、検察側は論告で「周到に計画して女性の寝込みを襲っており、悪質。3カ月間に3件の暴行を重ね、社会に衝撃を与えた」と指弾し、懲役15年を求刑していました。

今回の犯行に似ているところがあります。

また、起訴状では、岡部被告は2002年3月9日、渋谷区のマンションに住む30代の会社役員の女性宅に侵入し、就寝中の女性にナイフを突き付けて乱暴した上、現金6万5000円を盗むなどしたとしています

このときは、現場に残された体液と岡部被告の血液のDNAが一致しました。

また、岡部被告は、写真を撮ることで口封じをし、「20件はやった」と供述していたようです。

リベンジポルノの走りのようなことをしています。

さらに「そのうち、8人ほどは、芸能プロダクションに所属するタレントの卵だった」「女子アナも狙われた可能性もある」ともいわれています。

当時、営業の岡部被告が、「なぜタレントたちの住所を知り得たのか」テレ朝の管理責任を問う声も出ていたようです。

おわりに

前回の犯行のときは、写真で口封じをし、今回は清掃することで証拠をなくすという、どちらもあらかじめ計画した犯行。

冷静にこのようなことができる神経は、信じられません。

スポンサーリンク

※10月16日追記:2002年7月18日週間FLASH記事

元テレビ朝日社員の犯罪は住居侵入にとどまらなかった。6月28日、都内目黒区のマンション
敷地内に侵入して逮捕された元テレビ朝日社員・岡部順一(40歳・7月2日懲戒解雇)が、今年
1月に30代の女性マンションに窓ガラスを割って侵入、写真などを盗んだ容疑で再逮捕されたの
は7月11日。が、渋谷、目黒区内で起きていた連続レイプ事件の容疑も浮上してきたのだ。「岡
部については”連続レイプ”事件で5月から捜査一課が内偵していた。昨年から続いていた連続
レイプ事件の被害者のうち8人ほどが芸能プロダクションに所属するタレントの卵だった。で、
その住所を知りうる芸能界、テレビ関係者に絞って捜査していたんだ」とは捜査関係者の話だ。
岡部容疑者はそのうちの2件ほどの犯行を認めたとされるが、その手口は極めて計画的。語るの
は警視庁詰め記者。「住所録からマンションを事前に下見し部屋に侵入。写真を盗んで相手の
顔を確認したりしていたようだ。ナイフで脅し、目隠しをしてからレイプするんだが、その間
にも写真を撮っている。これはタレントという相手の弱みにつけ込んだ口止め工作とみられて
いる。」岡部容疑者の実家は兵庫県西宮市の高級住宅地にある。現在はDNA鑑定で裏を取ってい
る段階だというが、捜査当局は10件程度を岡部容疑者の犯行とみているようだ。事の重大さは
テレ朝の慌てた対応でもよくわかる。「7月2日に、住居侵入の容疑だけで岡部を早々と解雇し
ているが、これはこの時点で連続レイプ犯の可能性を捜査一課から知らされたため。」実際、
テレ朝の責任を問う声も出はじめているのだという。「営業部門の岡部がタレントたちの住所
をどうして知りえたのかを含め、テレ朝の管理責任は免れない」

2002年6月28日、都内目黒区のマンション敷地内に侵入して逮捕。

7月2日、テレ朝懲戒解雇。

7月11日、1月に30代の女性マンションに窓ガラスを割って侵入、写真などを盗んだ容疑で再逮捕。

これは、実際は3月9日の犯行と思われます。

そして、渋谷、目黒区内で起きていた連続レイプ事件について、5月から岡部被告をマークしていたようです。

被害者のうち8人がタレントの卵で、ナイフで脅し、目隠しをしてから強姦。

その間に写真を撮って、口止め工作。

岡部被告は、女性を、性の便利道具にしか思っていないのでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*