奥田敦 女子大生(斉藤菜穂)の顔画像と名前は?マンションの場所は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慶応大学の奥田敦(おくだ・あつし)教授(57)が、女子大生を洗脳して不倫をするという驚きの事実が発覚しました。

しかも、奥田教授が洗脳したのは、1人だけではないとのこと。

一体、何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

何があったのか?

週刊新潮の記事です。

 日本の“私学の雄”慶応義塾大学で、教授が女子学生と不倫していた。しかも、教授は立場を利用して一方的に学生を洗脳。それを大学は見て見ぬふりで……。

 慶応大学2年生の斉藤菜穂さん(21)=仮名=に、アラビア語などの講義を担当する総合政策学部・奥田敦教授(57)が接近し始めたのは、昨年の秋だった。
「(奥田教授に)勉強に集中するように言われてサークルも辞め、帰宅も遅くなり、“研究室に泊まるから”と、帰らないことも増えました。ボーイフレンドとも別れ、冬休みも研究室に通うようになった。“思い出も捨てなきゃいけない”と、クローゼットからぬいぐるみを出して捨ててしまい、年が明けると“こんな自分にした親が悪い”と、私たちをなじるようになりました」
 と、菜穂さんの異様な振る舞いを明かすのは、彼女の母親である。以来、菜穂さんは頻繁に外泊するようになり、2月下旬には妻子のある奥田教授と二人きりで沖縄に行くこともあったという。
“先生とだったら世界征服もできそう”“死ぬのが怖くなくなってきた”とのメモを残すようになり、人格まで変わり始めた菜穂さん。両親が探偵に調査を依頼すると、「研究室」と言っていた行先は奥田教授のマンションだったことが発覚する。ところが、大学は両親の再三の訴えにもかかわらず、事態を事実上、放置したままだった。

 母親が相談したカウンセラーは、“菜穂さんは教授への全面的な依存症”と指摘。8月17日には、菜穂さんの両親、そして教授の妻が奥田教授のマンションに集まり、“奪還劇”が繰り広げられた。部屋では、菜穂さんが震えていたという。
 奥田教授は過去にもゼミ生に同じことをしていた、と教授の妻は語る。
「奥田は彼女の家族も、うちの家族も壊している。何を考えているのか、さっぱりわかりません――」
「週刊新潮」の取材に対し、奥田教授は「ノーコメント」の一点張り。慶応義塾広報室は「大学としてできる限り真摯に対応をさせていただいておりますが、現在対応中の案件であり、これ以上の詳細は回答を控えさせていただきます」との回答だった。

引用元 デイリー新潮

奥田教授は、洗脳をかなり熟知していたのでしょうね。

接近し始めたのが秋で、女子大生は、冬休み前には完全に洗脳されていたようです。

もしかして、1ヶ月くらいで洗脳されていたかもしれません。

そして、「先生とだったら世界征服もできそう」「死ぬのが怖くなくなってきた」といったメモを残すようになり、人格まで変わってしまったとのこと。

これをみると、奥田教授は、新しい宗教を作ろうとしていたようにも思えます。

その宗教団体で、1つの国を作るみたいなことを考えていたとか。

地下鉄サリンで騒がせた宗教みたいに。

両親は、探偵から、娘が奥田教授のマンションに泊まっていた、聞かされたときは頭が真っ白になったのではないでしょうか。

そして、大学側のひどい対応。

この衝撃的な事実を聞いても、見て見ぬふりとは。

後々、大きな問題になるのは予測できたはずなのに。

教授の行動も信じられませんが、大学側の対応も信じられませんね。

女子大生は、無事に救われたのは良かったのですが、一生心の傷は消えないと思われます。

あと、気になるのが、奥田教授の奥さんの言葉。

「奥田は彼女の家族も、うちの家族も壊している。何を考えているのか、さっぱりわかりません」

奥田教授が過去にもゼミ生に同じことをしていたことをわかっていながらこの言葉。

奥さんは、もっと早く奥田教授を止めれれたはずです。

警察なり、弁護士なり相談するという考えはなかったのでしょうか。

奥田教授は、ノーコメントを貫いているようですが、訴えられれば、それでは済みません。

今後の動向を見守りましょう。

スポンサーリンク

奥田教授のプロフィール

  • 1960年神奈川県生まれ
  • 1984年中央大学法学部卒業
  • 1990年中央大学大学院法学研究科博士課程後期課程規定年限経過後退学
  • 1993-1999年シリア国立アレッポ大学アラブ伝統科学研究所客員研究員
  • 1995-1999年同大学学術交流日本センター主幹
  • 1999-2005年慶應義塾大学総合政策学部助教授
  • 2005年~慶應義塾大学総合政策学部教授

『慶應義塾大学SFC奥田敦研究会』では、このようにプロフィールが書かれています。

イスラーム学者。イスラーム教徒。慶應義塾大学総合政策学部教授。同大学SFC研究所イスラーム研究・ラボ代表。日本イスラーム学術会議代表。アレッポ大学学術交流日本センター副センター長。慶應義塾大学湘南藤沢学会会長。『ハヤート』チーフエディター。『KEIOSFCJOURNAL』編集長。

 専門はイスラーム法およびその関連領域。イスラームの教えを軸に、「方法論としてのイスラーム」を構築しつつ、人間・社会・宗教・法にかかわる総合的研究のほか、アラビヤ語教育、ガバナンス論、イスラームに関する、教えに即した学問的情報の発信、イスラーム学の刷新にも力を注ぐ。同時にアラブ・イスラーム圏との実践的な相互理解を目指すフィールド・ワーク・学術交流・研究拠点の構築とそのネットワーク化も積極的に展開している。

引用元 慶應義塾大学SFC奥田敦研究会HP

女子大生は誰?

被害にあった女子大生・斉藤菜穂さん(21)=仮名=は、慶應義塾大学SFC奥田敦研究会に入っていたようです。

現在、顔や本名は明かされていません。

マンションはどこ?

奥田教授が、女子大生を泊めていたマンションは明かされていません。

このマンションは、奥田教授と奥さんが住んでいた「自宅」なのか、「別宅」なのかも不明です。

おわりに

ドラマのようなショッキングなこの問題。

全容解明には時間がかかりそうです。

女子大生については、これからのケアは重要だと思います。

奥田教授は、将来、この女子大生をどうしようと思っていたのでしょうか。

この記事を読まれた方は、こちらの記事も読まれています。

やっと奥田敦に退職処分!今後はまた大学教授?離婚はどうする?女子学生の現在と慶應にペナルティは?

慶應大学が奥田敦を放置する理由は?処分はいつ?誰が責任をとる?

奥田敦の洗脳前科は一昨年と13年前にも?そのゼミ生の顔や現在は?

奥田敦の嫁や娘の顔は?女子学生(斉藤菜穂)の現在と洗脳方法も気になる

奥田敦教授が10年以上前からストーカー行為!?女子学生(山田友里)は誰?大学は口封じ強要か

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*