大江翼顔画像住所と彼女は?身代わり理由は?大阪寝屋川署巡査長飲酒事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を飲酒運転して物損事故を起こした上、他人が身代わりになったことを同僚の警察官に口止めしたとして、大阪府警は7日、寝屋川署直轄警察隊の巡査長・大江翼(おおえ・つばさ)容疑者(27)を道交法違反(酒気帯び運転など)と犯人隠避教唆の疑いで逮捕しました。

また、自ら身代わりになって事故を申告したとして、会社役員・小久保弘一(こくぼ・こういち)容疑者(56)=公職選挙法違反の疑いで逮捕=を犯人隠避の疑いで再逮捕しました。

スポンサーリンク

どのような事件か?

毎日新聞の報道です。

 車を飲酒運転して物損事故を起こした上、他人が身代わりになったことを同僚の警察官に口止めしたとして、大阪府警は7日、寝屋川署直轄警察隊の巡査長、大江翼容疑者(27)=同府寝屋川市幸町=を道交法違反(酒気帯び運転など)と犯人隠避教唆の疑いで逮捕した。

 また、自ら身代わりになって事故を申告したとして、兵庫県宝塚市寿楽荘の会社役員、小久保弘一容疑者(56)=公職選挙法違反の疑いで逮捕=を犯人隠避の疑いで再逮捕した。

 大江容疑者の逮捕容疑は10月12日午前3時半ごろ、寝屋川市早子町の京阪寝屋川市駅前ロータリーで、酒を飲んだ状態で乗用車を運転。後進して植え込みに突っ込む事故を起こし、その場で会っていた小久保容疑者が身代わりになって申告したことを、事故処理を終えた同署の男性巡査長(32)と女性巡査(21)に打ち明けて口止めしたとしている。両容疑者は容疑を認めている。

 府警は署員2人も犯人隠避容疑で書類送検する方針。

 監察室によると、大江容疑者は11日午後7時半ごろ~12日午前2時ごろ、市内の飲食店などで知人女性と生ビールやハイボールなどを10杯以上飲酒。女性が小久保容疑者の息子から「(10月22日投開票の)衆院選に関するアルバイトがある」と持ちかけられたことを聞き、息子と話し合うため自宅から車で同駅に向かった。駅に来ていた小久保容疑者に飲酒運転が知られ、その場を離れようとした際に事故を起こした。

 小久保容疑者は衆院選で選挙運動の報酬を支払うと約束したなどとして、衆院選投開票後に府警に逮捕されていた。捜査の過程で今回の事件が判明した。

引用元 毎日新聞

大江容疑者は、11日午後7時半ごろ~12日午前2時ごろ、市内の飲食店などで、20代の交際相手と生ビールやハイボールなどを10杯以上飲酒。

そのとき、彼女が、小久保容疑者の息子から「(10月22日投開票の)衆院選に関するアルバイトがある」と持ちかけられたことを、大江容疑者に話します。

そして、大江容疑者は、息子と話し合うため自宅から車で、京阪寝屋川市駅に向かいました。

息子と会おうとした理由は、バイトをとがめるための正義感だったのか、乗っかるためだったのか。

10月12日午前3時半ごろ、駅に到着。

駅には、息子を呼び出した後に小久保容疑者もやってきました。

ですが、小久保容疑者に飲酒運転が知られ、警察官であることをとがめられたようです。

大江容疑者は、慌てて逃げようと後進し、駅前ロータリーの植え込みに突っ込む事故を起こしたとのこと。

そこで、小久保容疑者が身代わりになって、事故を申告。

そして、物損事故処理をした、寝屋川署地域課の男性巡査長(32)と女性巡査(21)に「実は自分が起こしたが黙っておいてくれ」と打ち明けて、口止めさせたようです。

ですが、小久保容疑者は、衆院選で選挙運動の報酬を支払うと約束したなどとして、衆院選投開票後に府警に逮捕。

その捜査の過程で今回の事件が判明しました。

また、男性巡査長と女性巡査は、容疑を認めており、犯人隠避容疑で書類送検する方針です。

スポンサーリンク

大江容疑者とは?

大江容疑者の顔は、公表されていません。

住所は、大阪府寝屋川市幸町。

勤務先は、大阪府警寝屋川署です。

小久保容疑者とは?

小久保容疑者については、こちらをご覧ください。

小久保弘一の顔画像や住所、勤務先は?息子は誰?

スポンサーリンク

小久保容疑者が身代わりになった理由は?

小久保容疑者は、衆院選で運動員に日当約束したとして逮捕されています。

 22日投開票の衆院選で、男性に報酬を約束して選挙運動をさせたとして大阪府警捜査2課などは25日、公選法違反(買収約束、事前運動)の疑いで、大阪15区から出馬し、当選した自民党の竹本直一氏陣営の運動員で土木建築会社役員、小久保弘一容疑者(56)=兵庫県宝塚市寿楽荘=を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は公示前の今月上旬ごろ、運動員の兵庫県の男性を通じて、和歌山県内の20代男性に選挙運動の見返りに日当の支払いを約束したとしている。

 府警によると、小久保容疑者は兵庫県の男性にLINE(ライン)で「選挙てつだってくれへん。お金は出るし。ちなみに日当は7000円な」と伝え、運動員の募集を依頼するなどしたという。

引用元 産経WEST

 10月22日投開票の衆院選で選挙運動の報酬として5人に現金を支払ったとして、大阪府警捜査2課は15日、公選法違反(買収など)の疑いで兵庫県宝塚市寿楽荘の土木会社社長、小久保弘一容疑者(56)を再逮捕した。

 関係者によると、小久保容疑者は大阪15区で当選した自民党竹本直一氏陣営の運動員だった。

 再逮捕容疑は10月上旬~下旬、運動員の20代男性を通じ、大阪府や兵庫県の20代男性5人に、ビラ配りなどの選挙運動の見返りとして現金計7万円を支払ったとしている。

 同容疑者は別の男性に日当を約束して選挙運動をさせたとして、10月25日に公選法違反(買収約束など)容疑で府警に逮捕されたが、大阪地検は15日、処分保留とした。

引用元 産経WEST

大江容疑者の彼女は、小久保容疑者の息子から、選挙運動のバイトを持ちかけられていたと思われます。

小久保容疑者が身代わりになったのは、このバイトの口止めのためだったのでしょうか。

また、土木会社と政治家の癒着も問題です。

ちなみに、自民党・竹本直一議員は、大阪15区から出馬し、8選しています。

おわりに

警察官が、保身のために、このような事件を起こしてしまいました。

それ以前に、飲酒運転は大問題です。

飲酒運転により、悲しい遺族を目の当たりにしているにも関わらずです。

大江容疑者は、警察官というよりも、人としてどうなのでしょう。

車の運転も一生しないほうがいいのでないでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*