大橋聡顔画像(住所)勤務先は?品種改良大麻剪定技術や幻覚成分濃度は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使用目的で大麻を栽培したなどとして、近畿厚生局麻薬取締部が大麻取締法違反の疑いで、清掃員の大橋聡(おおはし・さとし)容疑者(35)を逮捕し、大阪地検に起訴されていたことが20日、分かりました。

栽培した大麻は、幻覚成分の含有濃度が高い花を数多く付けるように栽培したものでした。

スポンサーリンク

どのような事件か?

産経新聞の報道です。

 使用目的で大麻を栽培したなどとして、近畿厚生局麻薬取締部が大麻取締法違反の疑いで、清掃員の大橋聡(さとし)容疑者(35)=大阪市東淀川区大桐=を逮捕し、大阪地検に起訴されていたことが20日、分かった。

 同取締部によると、大橋被告は剪定(せんてい)技術を駆使し、幻覚成分の含有濃度が高い花を数多く付けるように栽培。捜査関係者が「品種改良の大麻かと思った」と疑うほどだった。

 大橋被告は「自分で使うために栽培した。今までで一番出来のいい大麻に育った」などと供述している。

 同取締部によると、大橋被告は平成28年8月から今年9月ごろまでの間、集合住宅の自宅で大麻草21株を栽培したなどとしている。大橋被告は9月6日に大麻の所持容疑で現行犯逮捕されていた。

 大橋被告は大麻草を水耕栽培し、剪定方法や照明の当て方を工夫。高く成長するのを抑える一方で、花の数を増やしていたという。

引用元 産経ニュース

大橋容疑者は、平成28年8月から今年9月ごろまでの約1年間、自宅のクローゼットで、大麻草21株を栽培していました。

驚くべきは、捜査関係者が「品種改良の大麻かと思った」と疑うほど、大麻草の背丈が低かったこと。

大麻草は室内で育てると、通常高さ1メートル50センチくらいに育つようですが、大橋被告は4、5年前から海外のインターネットサイトで栽培方法を調べて場所をとらないように工夫していて、押収された大麻草の高さは約40センチしかなかったようです。

高さが低いということは、それだけ濃度が濃いということ。

場所を確保するために、偶然の産物でこのような大麻草をつくってしまったのか。

大橋被告は「自分で使うために栽培した。今までで一番出来のいい大麻に育った」などと供述しています。

もし逮捕されていなかったら、この技術を利用して、商売をしていたかもしれません。

大橋容疑者とは?

大島容疑者の顔は公表されていません。

FacebookやTwitterも特定できませんでした。

住所は、大阪府大阪市東淀川区大桐。

職業は、清掃員とのことです。

品質改良大麻とは?

大橋容疑者の大麻草は、高さ40センチほどで高濃度だったとのこと。

一体どのように育てたのか。

ポイントは、剪定方法だったようです。

植物は、剪定することにより、一般的に、次のようなメリットがあります。

  • 無駄な葉を取り除くことにより、葉ぶりが整う
  • 老化した葉を取り除くことにより、新しい葉を作らせ、若返らせる
  • 開花、結実を促す
  • 病気や害虫を防ぐ
  • 照明の当たりがよくなる

このあたりを、熟知し、剪定方法を研究したのだと思います。

他に、照明の当て方も工夫し、水耕栽培をしていたようです。

照明の当たり方次第で、成長は全く変わります。

これは、剪定方法と工夫することにより、より効果を高めたと思われます。

また、水耕栽培だと、土耕栽培より水を豊富に吸えるので、濃度が薄くなりそうな気がします。

害虫対策や何らかのの理由があったのでしょう。

また、肥料にも工夫がされていた気がします。

おわりに

自ら工夫して、大麻栽培をしていた大橋容疑者。

その向上心を他で活かせば、未来はもっと大きく開けると思います。

これを機に反省をし、やり直してもらいたいですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*