使い捨て医療機器再使用の病院名(どこ)と保証賠償は?健康被害とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府立の病院で、使い捨てと決められている医療機器の再使用が疑われる手術が4600件以上あったことが分かりました。

使い回しの疑いがあるものは、血管を挟む「クリップ」や骨を切断する「のこぎり」などで、国が再使用を禁止しています。

スポンサーリンク

何があったのか?

TBSの報道です。

 大阪府立の病院で、使い捨てと決められている医療機器の再使用が疑われる手術が4600件以上あったことが分かりました。

 使い回しの疑いがあるものは、血管を挟む「クリップ」や骨を切断する「のこぎり」などで、国が再使用を禁止しています。大阪府立病院機構によりますと、おととしから先月上旬までに、運営する4つの病院の手術、合わせて4619件で再使用の疑いがあることが内部調査で明らかになったということです。病院側は、再使用ができるものと勘違いしていたり、洗浄・滅菌をすれば複数回使っても問題ないと判断していたということです。病院機構によりますと、健康被害は今のところ確認されていないということです。

引用元 TBS

厚生労働省が再使用を禁じる医療機器である、血管を挟む「クリップ」や骨を切断する「のこぎり」などが、大阪の病院で使い回しをされていました。

大阪府立病院機構は、2015年1月から2017年10月26日までの、患者のカルテなどを基に調査。

同機構が運営する4病院の整形外科など14診療科で実施した4619件の手術で、手術用のこぎりなどの再使用が疑われることが分かりました。

このうち、大阪母子医療センターで行われた19件の手術で内視鏡手術に用いる電極メスなどの再使用があったと認定。

そして、27日発表。

機器は滅菌処理をしていたとのことで、現在、健康被害は確認されていません。

なぜ、このようなことが起こったのか。

同機構は、「厚労省からの通知を失念したケースや、再利用が可能だという誤った認識が現場にあった」と話しています。

今は、再使用はしていないとのことです。

また、この問題をめぐっては、大阪市立大学医学部付属病院でも患者約1600人への医療機器の再使用が確認されています。

スポンサーリンク

4つの病院はどこ?

4つの病院と、その問い合わせ窓口です。

平日9:00~17:30で、「医療機器再使用の件」と申し出てくださいとのことです。

・大阪急性期・総合医療センター 06-6692-2800

・大阪はびきの医療センター 072-957-8007

・大阪国際がんセンター 06-6945-1775

・大阪母子医療センター 0725-56-5680

保証や賠償は?

今のところ、健康被害がないということなので、保証や賠償などについて、発表されていません。

今後、何らかの動きがあるかもしれません。

おわりに

厚労省が、再使用を禁じるということは、理由があるはずです。

ですから、滅菌処理でも認めていないと思います。

それを、失念とか誤った認識というのは、医療機関として、どうなのでしょう。

幸い、健康被害はありませんでした。

ですが、病院側は、たまたまなかったと思った方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 捨てる より:

    感染などを防ぐ為に必要だろうけど
    こんなに使い捨ての医療って永久にやれるものなのだろうか?

コメントを残す

*