大阪府警茨木署員の顔画像(名前年齢)とキャバクラの場所はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府警茨木署に勤務する20代の女性署員が、管内のキャバクラ店でホステスとして勤務していたことが25日、分かりました。

署員は、「お金が欲しくて自分から入店した。軽率だった」と話しています。

スポンサーリンク

何があったのか?

産経新聞の報道です。

 大阪府警茨木署に勤務する20代の女性署員が、管内のキャバクラ店でホステスとして勤務していたことが25日、分かった。

 府警は地方公務員法で禁じられている無許可兼業に当たるとして処分を検討している。

 府警監察室によると、女性は署の総務課で事務などを担当する一般職員。今年8月下旬~9月上旬、大阪府茨木市内のキャバクラ店に数日間勤務して数万円の報酬を受け取っていた。休日に働いたり、署での勤務後に店へ寄ったりしていたという。

 同僚が気づき、上司に報告して発覚した。女性は府警に採用される前に別のキャバクラ店で働いた経験があり、「お金が欲しくて自分から入店した。軽率だった」と話したという。

引用元 産経WEST

お金が欲しくて入店したとのことです。

警察官が気軽に入店するのも、時代でしょうか。

何の抵抗もないのでしょう。

署員を気に入っていって通ったお客さんは、びっくりでしょうね。

キャバクラの働いた次の日は、警察の業務に影響はなかったのか。

疲れてボーっとしていたということはなかったのか。

警察官は、一般の仕事と違って、国民を守らなければいけません。

そういった意識があったのでしょうか。

署員は誰?

署員は、20代ということです。

顔や名前は公表されていません。

人気があったのかも気になりますね。

また、府警に採用される前もキャバクラ勤務していたようです。

一度経験しているので、入店に抵抗はなかったのかもしれないですね。

勤務先は、大阪府警茨木署とのこと。

キャバクラ店は?

勤めていたキャバクラ店は、管内とのことです。

ということは、茨木市内。

「バレるかも」という意識はなかったのでしょうか。

他の署員、知り合い、犯罪で絡んだ人物が客で来るかもしれません。

そんな状況でも働くことに抵抗なかったのか。

また、府警前の店も、気になりますね。

今回入店していた店と同じだった、なんてこともあるのでしょうか。

おわりに

同僚が、この問題に気づいたというのも気になります。

どうして気づいたのか。

客としていったのか、女性署員の行動がおかしかったのか。

それにしても、驚きのニュースです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. たける より:

    やっぱり 現在日本経済はどんどん悪い方向に向かってしょう  すして いつも女性の給料は男性より低いも問題があった思います

コメントを残す

*