KLMオランダ航空パネル落下場所と車運転手は誰?原因は?関西空港離陸旅客機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省大阪航空局関西空港事務所は24日、関西国際空港発アムステルダム行きKLMオランダ航空868便が、23日に大阪市内を飛行中に部品(4.3キロ)を落下させたと発表しました。

部品は、走行中の車に直撃しましたが、ケガ人はいません。

スポンサーリンク

どのような事故か?

産経新聞に記事です。

 国土交通省大阪航空局関西空港事務所は24日、関西国際空港発アムステルダム行きKLMオランダ航空868便が、23日に大阪市内を飛行中に部品(4・3キロ)を落下させたと発表した。大阪府警天満署によると、部品は同市北区西天満の国道1号を走行中の乗用車の天井を直撃したが、けが人はいなかった。

 同事務所などによると、同機は同日午前10時40分に離陸した直後、右主翼の付け根付近の胴体パネルの一部(縦横1メートル×0・6メートル、厚さ4ミリ)が落下。乗用車を直撃し、屋根や後部座席の窓ガラスが損傷した。運転していた病院職員の女性(51)=東京都日野市=にけがはなかった。

引用元 産経WEST

落下したパネルは、車に直撃したにも関わらず、ケガ人がいなかったのは、奇跡です。

本当に良かったですね。

ですが、落下したのは、人がいるところ。

一歩間違えば、大事故です。

国の運輸安全委員会は、事故につながる恐れのある「重大インシデント」として調査を進めています。

また、KLMオランダ航空は、「原因の究明に着手した。日本の航空当局とボーイング社と密接に連絡を取っている」とコメントしています。

原因究明はしっかりやってもらいたいですね。

ちなみに、旅客機は乗客乗員321人を乗せ、予定通り目的地に到着したそうです。

乗客も何ごともなく、良かったですね。

落下した場所は?パネル直撃の運転手は

落下した場所は、大阪府大阪市北区西天満の国道1号。

600の店舗が軒を連ねる日本一長いアーケード商店街・天神橋筋商店街、地下鉄・南森町駅近くです。

パネルが落下した時間は、午前10時40分。

人はかなり賑わっていたと思います。

走行中に直撃した車の運転手は、東京都日野市に住む病院職員の女性(51)とのことです。

おわりに

今回は、ケガ人が出なかったのですが、重大な事故です。

落下物が、大きいパネルだったらと思うと、怖いですね。

もちろん、小さくても怖いのですが…。

まずは、原因究明ですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*