尾添輝大顔画像住所と事故現場場所は?竹の塚署巡査長100キロ死亡事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都足立区の都道で今月10日、警視庁竹の塚署交通課・尾添輝大(おぞえ・てるまさ)巡査長(29)が、中国籍の男性日本語学校生・龔凡仁(きょう・はんにん)さん(22)をはねて死亡させる事故があり、警視庁交通捜査課は15日、尾添巡査長が制限速度を50キロ以上も上回る時速100キロ以上で走行していたと明らかにしました。

危険運転致死容疑での立件を視野に捜査しています。

スポンサーリンク

どのような事故か?

毎日新聞の報道です。

 東京都足立区の都道で今月10日、警視庁竹の塚署の男性巡査長が中国籍の男性をはねて死亡させる事故があり、警視庁交通捜査課は15日、男性巡査長が制限速度を50キロ以上も上回る時速100キロ以上で走行していたと明らかにした。危険運転致死容疑での立件を視野に捜査している。

 同課によると、竹の塚署交通課の尾添輝大(てるまさ)巡査長(29)=江戸川区北小岩7=は10日午前7時ごろ、足立区東和5の環状7号線の交差点で、横断歩道を渡っていた中国籍の日本語学校生、龔凡仁(きょう・はんにん)さん(22)をはねた。龔さんは全身を強く打って死亡した。横断歩道は当時、赤信号だったという。

 現場の制限速度は時速50キロだったが、ドライブレコーダーを解析したところ100キロ以上出ていたことが判明した。尾添巡査長は事故当時は非番だったが、用事で竹の塚署に向かう途中だった。

引用元 毎日新聞

今月10日午前7時ごろ、横断歩道を渡っていた龔さんを、尾添巡査長が車ではねてしまった事故。

龔さんは、病院に搬送されましたが、およそ2時間半後に亡くなりました。

尾添巡査長は、事故を起こした後、自ら110番通報しています。

当時の信号について、乗用車側は青、横断歩道は赤だったようです。

現場は制限速度50キロですが、尾添巡査長が運転していた乗用車のドライブレコーダーを調べたところ、当時、100キロを超える速度が出ていたとのこと。

尾添巡査長は「目の前に歩行者がいて、急ブレーキをかけたが間に合わなかった。時速90キロぐらい出ていたと思う」と説明しています。

目撃情報などから、龔さんは赤信号の横断歩道を小走りで渡っていたといいます。

尾添巡査長は、その日、非番でしたが、用事で竹の塚署に向かう途中だったそうです。

尾添巡査長と竹の塚署の交通課長は、12日、来日した龔さんの遺族に直接謝罪しています。

遺族は、留学先での事故死をどう受け止めているのでしょうか。

警視庁は、危険運転致死の疑いを視野に捜査しています。

尾添巡査長とは?

尾添巡査長の顔は公表されていません。

今回のように、警察官の名前が公表されるのは、稀かもしれません。

住所は、江戸川区北小岩7丁目。

勤務先は、竹の塚署交通課です。


スポンサーリンク

事故現場はどこ?

東京都足立区東和5丁目の環状7号線の大谷田橋西交差点。

おわりに

尾添巡査長は、なぜ100キロ以上のスピードを出していたのでしょうか。

いつも、そのような運転をしていたのでしょうか。

しかも、尾添巡査長は交通課です。

事故当初、過失致死容疑だったのが、このため、危険運転致死容疑となりそうです。

龔さんが信号無視をしたことは、問題だったと思います。

しかし、尾添巡査長がスピードをそこまで出していなければ、亡くなっていなかったかもしれません。

龔さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*