警視庁職員誘拐自作自演は誰(顔画像名前)?実家はどこでLINEメッセージ内容は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警視庁の20代の女性職員が名古屋市内の実家に帰省中の9月、誘拐されたかのような虚偽の連絡を父親にして、愛知県警が一時、捜査する騒ぎになっていたことがわかりました。

職員は実家に帰宅して自作自演とわかり、県警が偽計業務妨害の疑いで書類送検する方針とのことです。

スポンサーリンク

何があったのか?

毎日新聞の報道です。

 警視庁の20代の女性職員が名古屋市内の実家に帰省中の9月、誘拐されたかのような虚偽の連絡を父親にして、愛知県警が一時、捜査する騒ぎになっていたことが捜査関係者への取材で分かった。職員は実家に帰宅して自作自演とわかり、県警が偽計業務妨害の疑いで書類送検する方針。

 捜査関係者によると、職員は9月20日未明、家族と口論になり実家を飛び出した。同日午前、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い、誘拐犯を装って身代金5000万円を要求するメッセージを父親に送信した。

 父親からの110番を受け、県警は身代金目的の誘拐事件の可能性があるとみて捜査を始めたが、約6時間後に職員が実家に帰宅し虚偽だと判明。実際は市内のホテルに宿泊していた。

 県警の調べに職員は「父親に構ってもらいたくてやってしまった。こんなに大事になると思わなかった」と話しているという。

引用元 毎日新聞

職員は、帰省中の9月20日未明、、家族とケンカして、実家を飛び出し、名古屋市内のホテルに宿泊。

同日午前、LINEで、誘拐犯を装って身代金5000万円を要求するメッセージを父親に送信。

一般の人でもやらないことを、こともあろうに警視庁の職員が、このようなことをしてしまいました。

目的は、父親に構ってもらいたかったからとのことです。

ひょっこり実家に帰ってきたことからみると、職員には、悪気はなかったと思います。

しかし、LINE送信後、どういう展開になるのか予測できなかったのか。

昨今、このような誘拐事件のニュースを目にします。

父親が、LINEの内容を真に受けるのは当然だと思います。

110番に対し、約90人態勢で、名古屋市の繁華街などを捜索したそうです。

これは、決して許されることではないと思います。

単なるイタズラでは済まされません。

女性職員とは?

職員は、20代で、実家が名古屋市内としか報道されていません。

警視庁のどこの職員かもわかりません。

これが、警視庁職員でなければ、他の情報も公開されてると思います。

また、なぜ、9月20日の問題が、今になってわかったのか。

メディアの取材で明らかになったようです。

この取材がなければ、身内だけで終わらせ、公表されることはなかったでしょう。

そんなことでいいのでしょうか。

おわりに

警視庁の隠蔽を想像させ、職員の幼稚さが浮き彫りになった問題だと思います。

腑に落ちない、もやっとする事件ですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*