斉藤真由美顔画像住所と夫父親息子は?寝屋川乳児バケツコンクリート(セメント)詰事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府警は21日、斉藤真由美(さいとう・まゆみ)容疑者(53)を乳児の遺体を遺棄したとして死体遺棄容疑で逮捕しました。
 
斉藤容疑者は20日午前に同市の寝屋川署高柳交番を訪れ「4人の子供を産み落とし、バケツに入れてセメント詰めにし、段ボールに入れて自宅で保管している」と自首していました。

スポンサーリンク

どのような事件か?

毎日新聞の報道です。

 大阪府警は21日、大阪府寝屋川市高柳7のアルバイト、斉藤真由美容疑者(53)を乳児の遺体を遺棄したとして死体遺棄容疑で逮捕した。斉藤容疑者は20日午前に同市の寝屋川署高柳交番を訪れ「4人の子供を産み落とし、バケツに入れてセメント詰めにし、段ボールに入れて自宅で保管している」と自首。府警の捜査員が、自宅の集合住宅3階で4個の段ボール箱を発見。画像診断で、中の四つのバケツそれぞれに乳児とみられる遺体が入っているのを確認した。

 府警は20日、死体遺棄事件として同署に捜査本部を設置した。今後、詳しい動機や経緯を調べる。

 捜査1課によると、斉藤容疑者は「4人の子供はいずれも1992~97年にかけ市内の別の場所で産んだ。産んですぐにバケツに入れた。金銭的に余裕がなく、育てられないと思った」と説明している。

 斉藤容疑者は息子との2人暮らし。この日自首した理由や経緯は不明だが、「これまでずっと悩んでいた。死のうとも思ったが、育ててきた子供もいるので1人で死ぬこともできなかった。相談できる人もいなかった」と話している。

 捜査員が交番から約900メートル離れた集合住宅3階の自宅の押し入れ内で、4個の段ボール箱を発見。一つを開けたところ、蓋(ふた)がされ、テープで巻かれたバケツがあり、全体はポリ袋のような物に包まれていた。府警は医師にバケツや残りの段ボール箱について画像診断装置による鑑定を依頼、遺体と考えられるとの回答を得て、容疑者の話がうそではないと判断したという。

 斉藤容疑者は2015年夏ごろに集合住宅に入居、遺体を移して隠した疑いがある。集合住宅の関係者によると、家賃は滞納気味だったという。

 現場は京阪寝屋川市駅の西約1.7キロの住宅街。集合住宅の入り口付近にはブルーシートが張られて周囲が規制され、夜にかけて捜査員らが慌ただしく出入りした。住民らは心配そうな表情で見守った。近くに住む男性(62)は「テレビのニュースで知り駆け付けた。どんな人が住んでいるのか全然知らなかった」と驚いた様子。別の男性(78)も「一体何があったのか。近所に住んでいるが全く異変に気付かなかった」と首をかしげた。

引用元 毎日新聞

斉藤容疑者は、「4人の子供はいずれも1992~97年にかけ市内の別の場所で産んだ。産んですぐにバケツに入れた。金銭的に余裕がなく、育てられないと思った」と説明しています。

金銭的に余裕がないのに、なぜ4人も出産したのでしょうか。

避妊はしなかったのか、堕胎という選択肢はなかったのか。

この事実には、一緒に住む息子は、知らなかったのでしょうか。

知らなかったとしたら、相当驚いたと思います。

また、斉藤容疑者は「これまでずっと悩んでいた。死のうとも思ったが、育ててきた子供もいるので1人で死ぬこともできなかった。相談できる人もいなかった」と供述しています。

ということは、1人で産んだのでしょうか。

そのとき、夫であったかもしれない赤ちゃんの父親とは、すでに別れていたのでしょうか。

2015年夏ごろ、現在のマンションに引っ越してきたようで、赤ちゃんの遺体も一緒に運んだとのこと。

そのとき、息子は気づかなかったのかも疑問です。

遺体のセメント詰されたバケツは、押し入れ内にあり、ポリ袋のような物に包まれダンボールに入れられていたそうです。

Ai(死亡時画像診断)で中身を調べ、人骨を確認しているとのこと。

死産だったのか、死なせたのかも慎重に調べています。

ちなみに、コンクリート詰とセメント詰で情報が錯綜しています。

コンクリートとは、セメントに骨材を入れたものです。

おそらく、汎用性、重量からみて、使用されたのは、セメントなのでないかと思われます。

スポンサーリンク

斉藤真由美容疑者とは?

斉藤容疑者の顔は公表されていません。

住所は、大阪府寝屋川市高柳7丁目。

斉藤容疑者は、3階の部屋に住んでいました。

洗濯物を干して、午前9時半ごろ、交番に申告しに行ったようです。

スポンサーリンク

父親は誰?

4人の赤ちゃんの父親は同じなのか、別人なのか。

父親は、赤ちゃんができたことを知っていたのか。

また、亡くなったことや遺棄していることを知っていたのか。

出産時、一緒にいたのか、別れていたのか。

謎が多いですね。

おわりに

赤ちゃんの父親の存在が気になるところです。

また、父親の責任はどうなるのでしょうか。

※11月21日追記:赤ちゃんは交際相手、亡くなった赤ちゃんの他に子供は3人?

斉藤容疑者は、警察の調べに対しては「捨てられなかった」と話しているということです。

母性本能が働いたのでしょうか。

また、亡くなった赤ちゃんは、当時、交際していた男性との間にできたようです。

警察は、当時の交際相手からも話を聞く方針です。

他に、斉藤容疑者は亡くなった赤ちゃんの他にも複数の子どもがいるとみられています。

男性3人のようです。

※11月21日追記:赤ちゃんの父親が同一人物

斉藤容疑者は、「子ども4人はいずれも以前交際していた1人の男性との間に生まれた子だ」と供述しているようです。

そして、産んだ場所は、いずれも、現在更地に建っていた集合住宅。

また、斉藤容疑者を知る人はこのように語っています。

「またお腹大きいのかな、と思ったら、ペチャンコなって。急にペチャンコになるから、おかしいのよ。(つまり、妊娠?)それはもちろん。お腹大きくて、次見たら、いないかなぁというのがね。私、3回くらい知ってる。現にお腹見てるからね、銭湯でだよ」

ということは、交際相手の男性も、赤ちゃんを産んでいることはわかっていると思われます。

遺棄したのも、知っているかもしれません。

また、周囲の人たちは、赤ちゃんはどうなったのか、聞くに聞けなかったのでしょう。

このような声もあります。

「結構仲良かったよ。別にケンカしているようなこともないし。ちょこちょこあの奥の部屋で内職してはったかね」

「パチンコ、好きやったな、お母ちゃんはな」

現在存命の子供たちは、4人の赤ちゃんよりも後に産んだのでしょうか。

そして、存命の子供の父親も同じ人物なのでしょうか。

スポンサーリンク

※11月22日追記:顔画像公開!父親は赤ちゃんを知らなかった?

こちらが、斉藤容疑者です。

「産んですぐに遺棄した。遺棄するために使用したバケツやセメントについても自分で購入して用意し、コンクリートを詰めるまで全部1人でやった」と話しているようです。

また、「男性には妊娠を伝えず、1人で産んだ。出産には気づかなかったと思う」とも話しているとのこと。

近所の人でも、妊娠していると分かるぐらいお腹が大きかったのに、男性は分からなかったのでしょうか。

一方、この間に、現在20代前半の息子を出産したほか、数年後にも10代後半の息子を出産しているようです。

いずれも元交際相手の男性が父親のようで、結婚はせず、男性と別れた後、斉藤容疑者が育ててきたといいます。

ということは、生存する子供は2人で、その2人と暮らしていたのでしょうか。

※11月23日追記:誕生日を覚えている

斉藤容疑者は、遺棄した乳児の生年月日を記憶しているそうです。

やはり、こういったところは母性なのでしょうか。

また「4人とも産まれた時に泣いていなかった」「産んですぐに遺棄した」と話していること。

いずれも死産ではなく、出産後に自分で死なせたとの趣旨の説明をしているようです。

4個のうち1個のバケツのモルタルを解体して遺体を調べたところ、衣服はなく、骨折などの目立った外傷はなかったことがわかりました。

どのようにして、死なせたのでしょうか。

かわいそうでなりません。

※11月29日追記:殺人罪も?

捜査関係者によると、斉藤容疑者は、赤ちゃんの1人について「出産後に動いたので、口にティッシュを詰めた」と自ら殺害したことを認める供述をしているそうです。

一方、残り3人については「生まれた時には動かなかった」と話し、死産をほのめかしています。 

この記事を読まれている方は、こちらも読まれています。

斉藤真由美が4人出産し自首した理由は?セメント詰で遺棄した動機は?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*