斉藤礼伊奈レッカlecca都内セレブマンションと託児施設の場所住所はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年7月の都議会選挙で「都民ファーストの会」公認で当選を果たした斉藤礼伊奈都議(38)の居住地の疑惑がでています。

南多摩選挙区での当選なのに、渋谷在住なのでは?というものです。

どういうことでしょうか。

スポンサーリンク

斉藤議員のプロフィール

2006年、avex entertainmentよりメジャーデビュー。

2011年に長男、2015年に長女を出産。

旦那さんと4人家族とのことです。

2016年10月に政治塾「希望の塾」に入塾し、2017年7月投開票の第20回東京都議会議員選挙に都民ファーストの会から南多摩選挙区(多摩市・稲城市)より出馬すると公表。

2017年7月に行われた東京都議会議員選挙で都民ファーストの会候補より南多摩選挙区(定数2)より立候補し、32525票を集めトップ当選。


スポンサーリンク

渋谷在住?

週刊新潮の記事です。

 今年7月の都議会選挙で、「都民ファーストの会」公認で当選を果たした斉藤礼伊奈都議(38)。エイベックス所属のレゲエ歌手「lecca」としての顔も持つ彼女に、ある疑惑が浮上している。
 斉藤都議といえば、歌手時代のブログに掲載された“パンツ写真”や〈なんであんなにガンジャ(※大麻)に目くじら立ててるのか分からない〉という投稿などで注目された人物だ。今回、持ち上がったのは、「地域密着」をウリにする彼女の居住地にまつわる疑惑である。
 都議選では南多摩選挙区(多摩市・稲城市)から出馬し、応援演説でも小池百合子都知事が「この地元の人間として、この地で生まれ、この地で育った」と「多摩在住」をアピールした斉藤都議。選管が配布する『選挙公報』でも〈多摩格差を解消します〉と謳うが、
「新しく都議になった斉藤先生に相談しようと事務所に行ったら、看板も立ってないし、ポスターも貼ってない。中を覗けばもぬけの殻で、電話も繋がらないのよ」(地元の60代主婦)
 実際、小誌(「週刊新潮」)が確認している8月下旬から9月中旬の期間、斉藤都議が平日に移動した先は、東京23区内のセレブマンション、キャデラックで2人の子供を送り届ける都内の託児施設、そして都庁が圧倒的に多い。これで「多摩」に住んでいると言えるのか。
 公選法に詳しい神戸学院大の上脇博之教授はこう指摘する。
「『選挙公報』に〈多摩市在住〉と書き、地域の問題を公約に掲げれば、有権者には“この人は地元のことをよく知っていて、利益を代弁してくれる”と思って貰えるとの計算が働いたのでしょう。公選法235条第1項の〈当選を得〉る目的で〈虚偽の事項を公にした者〉という条文に該当し、『虚偽事項の公表罪』に該当する可能性があると思います」
 斉藤都議ご本人に「渋谷が自宅ではないか」と直撃したところ、
「渋谷は私の会社の事務所です。一応、会社の代表をやっておりますので。普段は、えっと……、寝泊りすることもありますが、基本は多摩に家がありますから」
 と、なんとも歯切れの悪い答えが返ってきた。9月20日発売の「週刊新潮」で本件を詳しく報じる。

引用元 デイリー新潮

歌手時代のブログに掲載された「パンツ写真」はコチラ。

また「日本政府がアメリカに前習えでなんであんなにガンジャに目くじら立ててるのか分からない」「ガンジャ規制して何を抑止するんでしょうか。ガンジャとケミカルな麻薬は根本的に違うと思うぞ」という投稿も。

この投稿のとおり、斉藤都議は、ガンジャ=大麻を擁護する立場を明らかにしています。

当選直後、記者からの「都議会議員として『大麻解禁』を主張するのか」の質問に、「カリフォルニアとかカナダとかで(大麻が)医薬品として使われているのはご存じですか? 海外よりも日本の方が大麻への理解が遅れているなと感じるんです。ただ、すぐに取り組みたいかと言われれば、今はまだ違うと思っています」と回答。

2016年に、参院選で東京選挙区に出馬し、落選した高樹沙耶さんを思い出しますね。

同じようなことを言ってました。

こういったことで、話題になった斉藤都議ですが、今回浮上した疑惑は、多摩当選なのに渋谷在住?というもの。

斉藤議員は、選挙では、「この地元の人間として、この地で生まれ、この地で育った」と「多摩在住」を猛アピールしていました。

公式サイトでも、多摩をアピールしています。

ただ、気になるのが、出身小学校は多摩地区なのですが、中学の記載がないこと。

書き忘れなのか、多摩じゃないから書けないのか?

後者だとしたら、「記載なし」なんて姑息ですよね。

また、新潮の記事によると「新しく都議になった斉藤先生に相談しようと事務所に行ったら、看板も立ってないし、ポスターも貼ってない。中を覗けばもぬけの殻で、電話も繋がらないのよ」だったとのこと。

地元の人がいつでも相談できるようにするのも、議員さんの役目。

にも関わらず、いつも不在で、看板もポスターもないようです。

都議としてまだ素人だから、わからないのか?

そんな言い訳は通用しませんよね。

初当選だろうが、税金もらって仕事する以上、そんなこと許されるわけがありません。

これについて、新潮が調査したところによると、8月下旬から9月中旬の期間、斉藤都議が平日に移動した先は、東京23区内のセレブマンション、キャデラックで2人の子供を送り届ける都内の託児施設、そして都庁が圧倒的に多いとのこと。

斉藤都議は、「渋谷は私の会社の事務所です。一応、会社の代表をやっておりますので。普段は、えっと……、寝泊りすることもありますが、基本は多摩に家がありますから」と言い訳しています。

ムリがありそうですね。

8月下旬から9月中旬という半月の調査では、ほとんど都内ですし。

これでもし、子供の保育園が都内だとしたら、完全アウトです。

また、旦那さんは、tatsuaki(たつあき)さんという方。

ヒップホップやレゲエを中心におよそ300本のPVを製作されている監督さんです。

その旦那さんは、どこに住んでいるのでしょうか。

多摩なのか、都内なのか。

都内だとしたら、別居しているってことになります。

それはそれで、言い訳が苦しくなりそうですね。

都内セレブマンションと託児施設は?

斉藤議員は、都内セレブマンションを渋谷の自身の会社事務所を説明しています。

歌手時代からの会社なんでしょう。

また、託児施設は、都内セレブマンションか都庁の近くと思われます。

ということは、渋谷か新宿ですね。

そして、しっかりとした設備が整った施設なんでしょう。

おわりに

今回の問題は、公職選挙法に引っかかるかもしれません。

トップ当選したにも関わらず、多くの有権者のための仕事ができなければ、告発もあり得るでしょう。

斉藤都議が、どう改善するのか見守りましょう。

この記事を読まれている方は、こちらも読まれています。

小池百合子が希望の党の代表になった理由は?結党会見はなぜこのタイミング?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*