サカイ引越センターパワハラ暴行顔画像(名前)と勤務先(場所)はどこ?刑事責任は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サカイ引越センターの社員が、業界経験の長い指導的な立場のアルバイトに、駐車場で白昼堂々と暴行を受けている事件がありました。

なぜこのようなことが起きたのでしょうか。

スポンサーリンク

どのような事件か?

週刊新潮に記事です。

 トレードマークの「パンダ」を強調したCMでおなじみのサカイ引越センターといえば、東証1部上場の業界最大手だ。そんなサカイ社内で驚きの“暴行事件”が起きていた。
「聞こえへんねん、コラ~」
 私服姿の男が怒鳴り声を上げながら、作業着を着た男性2人を執拗に追いかける。男のパンチが顔面にヒット、倒れ込んだ男性の顔面に容赦ない蹴り、ついにはカーボン製のゴルフクラブを手にして――「週刊新潮」が入手した動画には、こんな様子が収められている。
 撮影されたのは9月10日の13時すぎ、場所は「サカイ引越センター北大阪支社」の駐車場だ。動画を撮影した近所の住民がいう。
「自宅のドアを開けたら、怒鳴り声が聞こえてきて、私服姿の男が作業着の2人を殴っているのが見えたので、大変やと思って撮影しました」
 この後も“加害者”はレンガを投げつけ、“被害者”たちを正座させてビンタ。ついには警察と救急車が来る事態になったという。
サカイの当該地区責任者に聞くと、被害者の2人は社員、加害者は業界経験の長い指導的な立場のアルバイトであると明かした上で、
「前日に被害者の1人が事故を起こしたことで、注意をしなくてはと感じ、呼び出したところ、自分が非番で酔っていたこともあり、つい手が出てしまったということです」
 これを大事とみて連絡した撮影者に、サカイが“脅し”ともとれる発言をした一幕も……。

引用元 デイリー新潮

事件が起きたのは、9月10日(日)13時すぎ。

日曜日ですから、近所では、家にいる人も多いでしょう。

騒げば、こういった動画も撮られますよね。

ましてや、警察、救急車まで来たら、目立ちます。

会社側は、その前に気づかなかったのか、日曜日だから誰もいなかったのか。

被害者2人は社員で、加害者は業界経験の長い指導的な立場のアルバイトとのこと。

原因は、被害者に1人が事故を起こしたからのようです。

アルバイトが注意するために、呼び出して、酔った勢いで殴る蹴るをしたみたいですね。

なぜか、このアルバイトは裸足なんですが。

アルバイトは経験が長いからといって、社員を注意する立場というのが、腑に落ちません。

どんな上下関係なんでしょう。

また、社員は、被害届を出さないのでしょうか。

気になるのが、記事の最後の「これを大事とみて連絡した撮影者に、サカイが“脅し”ともとれる発言をした一幕も……。」。

なぜ、サカイが脅すのか。

管理責任やメディアを恐れたのか。

どのような脅しをかけたのか。

内容次第では、大きな問題となる気がします。

加害者と被害者は?

加害者と被害者の、顔や名前などは公表されていません。

また、勤務先は「サカイ引越センター北大阪支社」と思われます。

事件現場は、その駐車場です。

おわりに

サカイ引越センターのパワハラについて、よくネットでは見かけていました。

ちょっと古いですが、こういった相談も。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13119507183?__ysp=44K144Kr44Kk5byV6LaK44K744Oz44K%2F44O8IOODkeODr%2BODj%2BODqSDoqrA%3D

未だに、こういった事件があるとなると会社の資質が問われます。

サカイ引越センターはコメントをだすのでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 目撃者 より:

    サカイ、高槻の事件目撃しましたが、暴行最中に犯人が誰か?敬語で、今シバイてます!キッチリやきいれときますんで!言う会話してましたよ!
    あと、脅しは黒塗りのワゴン車であらわれて、犯人にも肖像権が有る!我々サカイを敵にまわす気か!、この動画を削除してくれ!とは、言えないが拡散したりマスコミに、だすと我々もマイナスになるけどあなた方もとてつもなくマイナスになりますよ!!!これって、脅しでしょ?何で犯人の肖像権をサカイの顧問弁護士が前に立つのかな?事件翌日の夜9時の出来事でした。まるで暴力団!

  2. より:

    サカイ引越センター
    一部上場企業
    サカイ引越センターだけではなく
    今回の撮影をした方の真意は
    こんなことあってはならない
    また、他の企業に対しても
    訴えているものと理解します
    一昔前ならば現在のような公開は
    無かったが、今の時代はすぐに
    明るみになる時代
    企業だけでなく、全ての環境は
    情報拡散されます。
    どうか、世間も人ごとではない
    ということを理解してほしい。
    信頼回復には努力と時間とお金が
    莫大にかかります。
    国内、働き方改革推進していますが
    売り手、買い手共に良くなってほしい
    という正義と真摯に受け止め
    良い環境のもとからしたいものです
    最後に今回の事件のダイショウは
    重い。
    真の追求は再発防止だけでなく
    会社全体のあり方、やり方、進め方
    を・・・
    使用者は外の現場を歩き見て回り
    どんな事も投げず最善を尽くす
    それが企業理念であってほしい。
    社員も人、その社員もお客様です。
    社内でまずその事から始めていく
    ことをお勧めします。

コメントを残す

*