札幌タクシー大暴れ男顔画像名前住所と弁護士事務所場所は?事件全貌公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6日夜、北海道札幌市で、タクシーに乗り込んだ男が車内で暴れ、防犯ボードなどを蹴って壊した後、料金を払わずに立ち去りました。

その男は、8日、「自分だと思う」と警察に連絡。

職業は弁護士でした。

スポンサーリンク

どのような事件か?

その一部始終は、ドライブレコーダーで撮影されていました。

6日午後11時30分ごろ、札幌・すすきのの繁華街で、男が1人でタクシーに乗り込みます。

運転手「いらっしゃいませ」

男「北3東7まで」

運転手「北3東7」

タクシーが1キロほど進むと、それまでスマホを見ていた男が、あたりを見回し始めます。

男「北3東5ですけど、この道でいいんですか?」

運転手「北3東5?すみません」

男「この道、遠回りですよね」

運転手「北3東7だと思って」

男「いや、東7でも、この道通んないと思いますよ。なんですか、この道」

突然、男は、行き先を変えます。

ですが、北3東7と北3東5は、250メートルほどしか離れておらず、方向も同じ。

また、運転手は、信号の多い大通りではなく、川沿いの道を選びました。

そちらの方が早く、タクシー代が安いという配慮です。

にも関わらず、男は、突然逆上します。

男「東7でも通んないですよ!おいっ!何やってんだ!」

運転手「すみません」

男にとって、自分の思い通りの道ではなかったのでしょう。

さらに、男は、冷静さを失います。

男「酔っ払っていると思って、いい加減にしてるんだろう!」

運転手「北3東7だと思って」

男「東7でも通んねえよ!」

運転席を蹴り出します。

男「おいおい!聞けよ!おい!おい!」

そして、ついに防犯ボードを蹴り、破壊してしまいます。

運転手「やめてください、壊れて」

男「やんのか、てめえ!黙ってんじゃねー!てめえ!」

運転手「すみません」

男「ふざけんな、お前!そこ止めろ!どういう意味だ!おい!どういう意味でやったんだ、お前!」

運転手「いや、北3東7」

男「東7は通らないだろって!5と7で、あんな場所通ることねえんだよ!ふざけんな!」

今度は、ドアを蹴り出します。

男「出せ!出せ!」

タクシーを降りた男は、捨て台詞を吐きます。

男「こんなタクシーに金ないわ!」

運転手は呆然とします。

男は、乗車料金を払わないだけに留まりません。

なんと、タクシーに向けて、自分のスマホを投げつけます。

スポンサーリンク

この方が被害にあった運転手さん。

運転手「すごい勢いで、ここに足をあげて、蹴ってね、引っ張ったんですね。ビックリして、どうにもならなくて。恐ろしかった」

運転中ですから、事故の恐れもあります。

それを引っくるめて恐ろしかったのではないでしょうか。

この男の行為は、ただの弱い者いじめです。

調子に乗っているだけですね。

タクシー会社は、8日に被害届を提出。

ニュースを見た男は、8日、「自分だと思う」と警察に連絡。

9日は、男が出張だったようで、警察は、10日から事情を聴き、事件の詳しいいきさつを調べています。

被害額は、タクシー運賃990円、防犯ボード約14万円とのこと。

運転手に与えた精神的負担は、それらより大きいと思います。

犯人は?

犯人は、30代の弁護士とのことです。

札幌弁護士会に所属しているそうです。

このような職業であれば、タクシーで暴れればどうなるのか予測はできたはず。

にも関わらず、なぜこんなバカなことをしたのでしょう。

酔っていたとはいえ、タクシーに乗った当初は、しっかりしているようにも見えます。

男は、自分が偉いと過信していたのでしょうか。

もしくは、タクシーの運転手を下に見ていたのか。

何れにせよ、とても弁護士の器ではないと思います。

ですが、示談をし、このまま弁護士は続けるつもりでしょう。

この男の今後の顧客のためにも、名前を公表したほうがいいのではないでしょうか。

おわりに

男は、ニュースで流れなければ、このまま逃げるつもりだったかもしれません。

それは、弁護士としてはいかがなものか。

運転手にケガがなかったのが幸いです。

11月12日追記:男は元砲丸投げ選手で、タクシー会社は「示談には応じない」

男が、高校時代、全国レベルで名の通った砲丸投げ選手だったということが分かりました。

自身のスマホをタクシーに投げつけたのは、条件反射だったのか。

また、タクシー会社は、一切示談には応じないとのこと。

運転手の精神的な負担を考えると、罪を償って欲しいと言っています。

タクシー会社の判断は、社員を守る意味で素晴らしいと思います。

こういったことが、今後の犯罪を減らすことになるでしょう。

弁護士の男には、「どうせ示談だろ」という甘い考えかもしれません。

11月13日追記:男は杉山央弁護士と判明

杉山央弁護士の顔画像や経歴は?代表を務める赤れんが法律事務所の場所は?

この記事を読まれている方は、こちらも読まれています。

杉山央弁護士のドライブレコーダー画像公開!札幌弁護士会やNPO法人の評判は?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. トマコ より:

    恐ろしいです。
    背後から何をされるか分からない態勢で、本当に気の毒でした。器物損壊だけで済むはずもないです。

  2. 日向國戦国武将田島七郎左衛門祐政 より:

    安易な手心は禁物。たったこれだけのことだが、パテイションウォールの弁償とは別に懲役3年の刑を言い渡せ。これでたっぷり魂が入るはずだ。並み以上に分別のある人間だけに、二度とこんなバカげたマネをすることはないだろう。それにしても、なぜ警察やマスコミはこの弁護士の名前を公表しないのか。仮にこれが弁護士などではなく、建設作業員とかだったら多分に公表してるだろう。いつものことながら、やり方が汚ねえよな。これこそ差別だ。

  3. ・・・(´д`|||) より:

    お客様は神様ではありません

  4. かおなし より:

    資格剥奪

  5. かおなし より:

    庶民をなめるな

  6. かおなし より:

    何様、人間失格

  7. かおなし より:

    弁護士としては、優秀でも、人間としては、出来損ない

  8. 蝦夷国住人橘七郎為重 より:

    こいつ、運よく1等賞を取り続けてきたんだな。
    自分にとって、必要なことだけに集中し結果を示してきた。
    法律書以外は、読んだことはないと思う。
    各分野の本を読むと、人間として必要なものが身につくのだが。
    1つの分野に特化して、化け物になったのだろう。
    これまでも、友人と語らうことはなかったのだろうな。
    自信過剰も、度が過ぎると醜いものだ。
    更生は無理だと思う。
    みじめな余生と親しむしかない。

  9. トマコ より:

    この件を機会に、司法試験のあり方を考えて欲しいです。酒を飲んでもプライベートであろうと、素の人格も伴わなければ、弁護士とは名乗れないように。頭が良いだけで弁護士になってもらっては、世のためにならない。

  10. 蝦夷の住人橘七郎為重 より:

    社会性・人間性は、ずるい奴はごまかすので判別は試験では不可能。
    この事案で皆気づいたの思うが、判事・検事・弁護士等法曹に携わるる者が
    罰金前科者以上になれば、資格はく奪して法曹界から追放すればいいだけの事。
    圧力団体でもある弁護士会が、英断を下すかどうか全国民が注目している。

コメントを残す

*