佐藤翔平の顔写真やFacebookや学校名は?愛川町立小学校教師!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛川町立小学校の佐藤翔平教諭(22)が、小学生に自分の体液をかけたとして懲戒免職処分となりました。

この事件は6月17日に起こったもので、佐藤教諭はすでに強制わいせつ容疑で逮捕されています。

佐藤翔平教諭は、どのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

女児の背後から体液を

毎日新聞の報道です。

 県教育委員会は27日、小学生に自分の体液をかけたとして、愛川町立小学校の佐藤翔平教諭(22)を懲戒免職処分にした。

 県教委によると、佐藤教諭は6月17日、平塚市内の商業施設で、座っていた県内在住の女児(7)の背後からスカートに体液をかけたとされる。県教委の調べに「衝動を抑えられなかった。申し訳ない気持ちでいっぱい」と話しているという。平塚署が強制わいせつ容疑で逮捕した。

 桐谷次郎教育長は「教育に対する信頼を裏切る重大な背信行為を起こしたことに心からおわび申し上げます」とコメントした。

引用元 毎日新聞

佐藤教諭は22歳。

ということは、大学を出て1年目。

学生のときから、変な性癖があったのかもしれませんね。

6月17日の出来事を説明します。

事件が起こったのは、午後8時20分ころ。

平塚市内の商業施設で1人でいた小学1年生の女児に、佐藤教諭は、背後から近寄ります。

そして、女児のスカートと脚に、突然、自分の体液を。

女児は、お父さんに「何かかけられた」と相談します。

事件が起きたのは、幸いにも商業施設です。

周囲の防犯カメラの映像から、早足で立ち去る佐藤教諭を特定することができました。

そして、佐藤教諭は逮捕。

逮捕された佐藤教諭は、容疑をあっさりと認めています。

また、このようなことを言っていたとのこと。

  • 快感を得たかった
  • 衝動が抑えられなかった

また、佐藤教諭と女児に面識はありませんでした。

誰でもよかったのかもしれません。

おそらく、女児は、何をかけられたのか、今はわからないでしょう。

しかし、その内、それがなんだったのか、わかるようになると思います。

この事件は、女児にとって、一生忘れることができないものになるかもしれません。

佐藤教諭の顔写真やFacebookは?

佐藤教諭の顔写真はこちら。

また、佐藤教諭のFacebookは見つかりませんでした。

アカウントは持っていない可能性があります。

佐藤教諭の務めていた学校は?

佐藤教諭が務めていた学校は、愛川町立中津第二小学校でした。

おわりに

佐藤教諭がしたことは、女児の一生を左右させるような事件です。

ましてや、佐藤教諭の職業は教師。

未然に、このような人間を教師にさせないよう、なんらかの手立てが必要だと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*