佐藤幸久(浅野忠信父親)顔画像住所と事務所アノレは?所属タレント今後影響と嫁(母親)は?覚醒剤逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

覚醒剤を使用したとして、警視庁が俳優の浅野忠信さん(44)の父親で浅野さんが所属する芸能事務所「アノレ」社長の佐藤幸久(さとう・ゆきひさ)容疑者(68)を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕していました。

佐藤容疑者は、容疑を認めています。

スポンサーリンク

何があったのか?

朝日新聞の報道です。

 覚醒剤を使用したとして、警視庁が俳優の浅野忠信さん(44)の父親で浅野さんが所属する芸能事務所「アノレ」社長の佐藤幸久容疑者(68)=東京都渋谷区渋谷1丁目=を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕していたことがわかった。渋谷署が取材に明らかにした。「自分の意思で使ったことに間違いない」と容疑を認めているという。

 署によると、逮捕容疑は11月30日までの約2週間に、いずれかの場所で覚醒剤を使用したというもの。同日午前2時すぎ、渋谷区道玄坂2丁目の路上で警察官に職務質問された際、ガラスのパイプを所持していたため任意の尿検査を行ったところ、覚醒剤の陽性反応が出たという。同日朝に緊急逮捕した。

引用元 朝日新聞デジタル

浅野忠信さんの父親が、覚醒剤で逮捕です。

11月30日午前2時すぎに、東京都渋谷区道玄坂2丁目の路上で警察官に職務質問された際、ガラスのパイプを所持していたため任意の尿検査を行ったところ、覚醒剤の陽性反応が出たそうです。

この場所は、佐藤容疑者の自宅の近く。

警察は、以前から、佐藤容疑者をマークしていたのでしょうか。

スポンサーリンク

佐藤容疑者とは?

こちらが佐藤容疑者です。

住所は、東京都渋谷区渋谷1丁目。

また、嫁で浅野忠信さんの母親・順子さんはこちら。

順子さんは、北欧系アメリカ人と日本人のハーフ。

ですから、浅野さんは、クウォーターとなります。

家族は、佐藤容疑者の覚醒剤使用に気づいていたのでしょうか。

芸能事務所アノルとは?

佐藤容疑者が代表取締役を勤める有限会社アノレ(ANORE)は、1996年4月16日設立。

http://www.anore.co.jp/

住所は、東京都渋谷区神宮前6-17-15の落合原宿ビル9F。

映画を中心に活躍する俳優が多く、浅野忠信さん、加瀬亮さん、新井浩文さんなど、日本国外で製作された映画に出演経験を持つ俳優たちが多く所属。

浅野さんがデビュー当初よりミニシアター系の映画に多く出演し、是枝裕和さん、青山真治さんなどの国際映画祭で高く評価される日本の映画監督との仕事を重ねてきたことから、アノレの世界の映画界での知名度が高まり、日本国外のオーディション情報に対し強みを持つ事務所となったことによるそうです。

かつて、菊地凛子さんも所属していました。

また、現在、浅野さんは、フジテレビ連続ドラマ「刑事ゆがみ」で主演を務めています。

フジテレビは、7日の第9話について「オンエアに変更はありません」とし、予定通り放送するそうです。

最終回間近で、インターネット上には「最後まで放送してほしい」「最後まで見届けさせてほしい」などの声が上がっています。

おわりに

事務所社長が、覚醒剤使用という衝撃的なニュース。

しかも、浅野忠信さんの父親。

佐藤容疑者の周囲にも覚醒剤常習者がいないのかということや、購入したルートが気になるところです。

スポンサーリンク

※12月5日追記:佐藤容疑者逮捕のきっかけは警察官の眼力?

ネタりかの報道です。

 俳優・浅野忠信(44)の父親で芸能事務所「アノレ」の社長・佐藤幸久容疑者(68=東京都渋谷区)が、覚せい剤取締役法違反(使用)の疑いで警視庁渋谷署に逮捕された。

 佐藤容疑者は11月30日午前2時10分ごろ、渋谷区道玄坂2丁目の路上を歩いているところを、パトロール中の警察官から職務質問をかけられた。その際、使用済みのガラスのパイプを所持していたため、渋谷署に同行し、尿検査をしたところ、覚せい剤の陽性反応が出たという。その他にも、11月中旬~30日にかけて覚せい剤を使用した疑いが持たれている。

 佐藤容疑者は調べに対し「自らの意思で使ったことは間違いありません」と容疑を認めているという。

「佐藤容疑者は当時、明らかに薬物を使用して挙動不審だったというわけではなく、目を逸らしたとか、ふとした動きに警察官が反応し、職質をかけたようです。道玄坂といえば、これまで歌手の清水健太郎や、酒井法子の元夫の高相祐一、元KAT-TUNの田中聖(不起訴)らが逮捕された薬物取り締まりの“重点区”です。慣れた警察官なら、ちょっとした動きで怪しいかどうか見破れる。それで声を掛けたら、読みが当たったというわけです。ただ、まさか大物俳優の父親とは思いもせず、本人から身元を聞き、驚いたそうです。ガラスパイプはポケットではなく、ズボンの内側に隠していました」(捜査事情通)

 警察官の“眼力”が勝っていたというわけだ。
 
 佐藤容疑者は横浜市出身。和光大学を卒業後、タレント・石倉三郎のマネージャーを務め、その後、96年にアノレを設立。事務所には浅野忠信の他にも加藤亮、新井浩文、三浦貴大ら、売れっ子の若手俳優が所属している。

「浅野忠信が芸能界入りしたきっかけは、父親の佐藤容疑者から『3年B組金八先生』のオーディションを受けるよう勧められたからと言われています。アノレは原宿に事務所を構え、着実に売り上げを伸ばし、今では従業員15人、タレント18人を抱えるところまで成長した。年商約3億円と業績も安定しているようです。佐藤容疑者は芸能プロの社長らしく、渋谷の一等地に建つ高級タワーマンションの中層階に住んでいた。中古でも1億円は下らない物件です」(業界関係者)

 今年6月には、「BOφWY」ら数々の有名アーティストの楽曲を手掛けた大物音楽プロデューサー(65=東京都渋谷区)が、同居中の26歳の女と一緒に覚醒剤を使用した容疑で警視庁に再逮捕されている。

 還暦を過ぎてまで、何で薬物に手を染めるのか。

引用元 ネタりか

挙動不審ではなかったが、ふとした動きで警察官が反応とのことです。

佐藤容疑者がこの場所に行ったのは、たまたまなのか、覚醒剤購入と関係があるのか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*