沢村拓一のトレーナーは誰(名前)?賠償金額は?はり治療で長胸神経麻痺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

右肩のコンディション不良で2軍調整中の巨人・沢村拓一投手(29)について、イップスではなく球団トレーナーの施術ミスだった可能性が高まりました。

当該のトレーナーは、沢村投手に謝罪したとのことです。

スポンサーリンク

何があったのか?

スポーツ報知の記事です。

 右肩のコンディション不良で2軍調整中の巨人・沢村拓一投手(29)について9日、球団トレーナーの施術ミスだった可能性が高まり、同日午前、石井球団社長と鹿取GM、当該のトレーナーがG球場で沢村に謝罪した。

関係者によると、沢村は2月の沖縄キャンプ中に右肩に異変を感じ、同27日に球団トレーナーのはり治療を受けた。長期間症状が改善しないため球団が調査した結果、この日までに複数の医師から「長胸(ちょうきょう)神経麻痺(まひ)」と診断され、「外的要因によるもので、はり治療によって長胸神経麻痺となり、前鋸(ぜんきょ)筋機能障害を引き起こした可能性が考えられる」との所見を得たという。

 3月4日のオープン戦、日本ハム戦(札幌D)で危険球退場。以来、精神的要因で制球できなくなる「イップス」と指摘する声もあったが、実際は日常生活の動作でも右肩に違和感が出る神経麻痺だったようだ。

 8月に実戦復帰して2軍戦で7登板。9月1日に今季初めて1軍昇格したが、登板なしで4日に登録を抹消された。患部は改善に向かっており、G球場でキャッチボールを行いながら実戦登板を模索中。沢村は謝罪を受け入れ、球団は一日も早い復帰に向けたサポートを約束したという。

引用元 スポーツ報知

あまり聞いたことのない問題です。

これまで、沢村投手は『イップス』ではないか、と言われてきました。

『イップス』の説明は後述しますが、この障害により球界を去った選手は数多くいます。

それほど致命的になりかねない障害と噂されたのに、実は違っていたという話です。

球団トレーナーのはり治療による長胸神経麻痺。

それによって、前鋸筋機能障害。

幸いなのが、患部は改善に向かっていることです。

ですが、沢村投手が、1年を無駄にしてしまったことは事実。

とんだ災難です。

ただ、こういった問題は、わからなかった、あるいは表に出ていないだけで、実はよくあることなのかもしれません。

選手は、そのことを知らなく引退していったとしたら、災難ではすまされない問題です。

球団トレーナーとは?

こちらが、読売巨人軍のトレーナー一覧です。

賠償金は?

今回の問題の責任は、誰なのか。

球団なのか、はり治療したトレーナー1人なのか、トレーナーの責任者を含めるのか?

そして、減給や人事をどうするのか。

石井球団社長や香取GM、トレーナーの責任者や当事者であるトレーナー。

減給や移動、解雇といった処罰もあるかもしれません。

何れにせよ、沢村投手には、金で賠償をすると思われます。

来年の年俸を公傷扱いで現状維持とするのか?

今後の現役生活にも影響する問題なので、球団が別途賠償金を払うのか?

沢村投手にとって、一番いい形をとってもらいたいですね。

長胸神経麻痺による前鋸筋機能障害とは?

引用元 http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/14ryukkusakkumahi.html

長胸神経は、腕神経叢の上部で頚椎から出る神経の中でも、5、6、7番目の神経の枝から出てきているもの。

そして、鎖骨の周辺を下降し、前鋸筋を支配しています。

前鋸筋は、肋骨と肩甲骨に付着していて、肩甲骨を体幹に引き寄せて安定させる作用があります。

つまり、沢村投手は、肩甲骨を動かすための前鋸筋のための長胸神経をはりで痛めてしまい、右肩に違和感を感じていたということです。

一般では、リュックサックで、長胸神経を圧迫し障害がでることがあるそうです。

イップスとは?

イップスとは、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなる運動障害のことです。

野球選手では、投手、捕手、内野手に多く見られます。

投球や送球に正確なコントロールが求められるため、死球や暴投などのトラウマからイップスに陥る場合が多いとされています。

ですが、克服した選手もいます。

中日ドラゴンズ・荒木雅博選手や日本ハムファイターズ・岩本勉元投手が有名です。

また、投手や内野手から外野手にコンバートして克服した選手もいます。

オリックスバファローズ・田口壮元選手が有名です。

おわりに

施術ミスという今回の問題。

これは、一般の社会でもあり得ることです。

気をつけようにも、気をつけようがない問題ですよね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*