島村穣上尾市長と田中守市議長の顔画像住所は?設備会社名役員名前は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉県上尾市のゴミ焼却場業務の入札をめぐり、最低制限価格などを入札参加業者に漏らした疑いがあるとして、埼玉県警は30日、同市の島村穣(しまむら・みのる)市長(73)と田中守(たなか・まもる)市議会議長(72)から任意で事情聴取を始めました。

スポンサーリンク

どのような事件か?

朝日新聞の報道です。

 埼玉県上尾市のゴミ焼却場業務の入札をめぐり、最低制限価格などを入札参加業者に漏らした疑いがあるとして、埼玉県警は30日、同市の島村穣(みのる)市長(73)と田中守・市議会議長(72)から任意で事情聴取を始めた。業者側からも事情を聴いており、容疑が固まれば、公契約関係競売入札妨害などの疑いで逮捕する方針。捜査関係者への取材でわかった。

 問題になっているのは、同市西貝塚の「西貝塚環境センター」のペットボトル結束機運転管理業務(長期継続契約)の一般競争入札。ペットボトルの圧縮や成形などが業務内容で、入札は今年1月に行われた。市が定める予定価格以下、最低制限価格以上の範囲で、最も低い価格で入札した業者が落札できるというものだった。

 捜査関係者によると、島村市長や田中議長は、最低制限価格などの入札情報を、さいたま市浦和区に本社を置く設備管理会社の役員らに漏らし、入札の公正を害した疑いがあるという。

引用元 朝日新聞

埼玉県上尾市西貝塚の「西貝塚環境センター」のペットボトルの圧縮や成形などが業務の入札が、今年1月に行われたとのこと。

落札の条件が、市が定める予定価格以下、最低制限価格以上の範囲で、最も低い価格でした。

そして、島村市長と田中議長が、最低制限価格などの入札情報を、落札させたい設備管理会社に漏らしたようです。

市のごみ処理施設では民間に業務を委託していて、3年ごとに業者を選定する入札を行っていました。

2人の目的は、設備管理会社からの賄賂や接待だったのでしょうか。

または、選挙に協力させるためか、その資金のためか。

今回のようなことは、1度や2度ではないかもしれません。

余罪も考えられます。

島村市長とは?

昭和19年、上尾市に生まれ、現在73歳。

昭和38年4月、上尾市役所入所。

平成15年12月、上尾市議会議員に当選し、1期務めます。

平成20年2月、上尾市長初当選。

平成24年2月、上尾市長再選。

平成28年2月、上尾市長3選。

住所は、埼玉県上尾市上。

田中議長とは?

昭和20年7月7日生まれで、現在72歳。

平成11年に市議会議員選挙に初当選し、これまで5期務め、去年1月からは市議会の議長を務めています。

所属委員会は、都市整備消防常任委員会。

会派は、新政クラブ。

飲食業を、営んでいるようです。

住所は、埼玉県上尾市愛宕1-28-20。


スポンサーリンク

設備管理会社は?役員とは?

さいたま市浦和区に本社を置く設備管理会社とのこと。

会社名が分かり次第、追記します。

事情聴取を受けているのは、この会社の役員2名です。

名前が分かり次第、追記します。

西貝塚環境センターの場所は?

おわりに

市長と市議長の、各トップによる不正。

上尾市のために働くというのは、上辺だけなのでしょうか。

結局は、欲に溺れた人間なのでしょうか。

※10月30日追記:市長他逮捕

島村市長、田中議長、業者役員2人が逮捕されました。

続報と業者については、こちらをご覧ください。

山田明と伊藤禎甫の顔や住所判明?明石産業はどこ?上尾ごみ処理入札妨害業者

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*