清水春輝 顔画像と前科公開!東京メトロ日比谷駅非常停止ボタンを押す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地下鉄駅構内で非常停止ボタンを押してうその盗難被害を申告し、運行を遅延させるなどしたとして、警視庁丸の内署は30日までに、偽計業務妨害容疑で、埼玉県和光市新倉、無職清水春輝(しみず・はるき)容疑者(27)を逮捕しました。

清水容疑者は「かばんを盗まれたのは事実」などと容疑を否認しています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

時事通信の記事です。

 地下鉄駅構内で非常停止ボタンを押してうその盗難被害を申告し、運行を遅延させるなどしたとして、警視庁丸の内署は30日までに、偽計業務妨害容疑で、埼玉県和光市新倉、無職清水春輝容疑者(27)を逮捕した。

 「かばんを盗まれたのは事実」などと容疑を否認しているという。

 2016年1月以降、東京都内を中心にJRや私鉄各線で清水容疑者による同じような被害申告が約20件あり、同庁はいずれも虚偽だった可能性があるとみて調べている。

 逮捕容疑は今年6月24日午後3時20分ごろ、東京メトロ日比谷線日比谷駅で非常停止ボタンを押し、「網棚に置いたバッグを外国人に持って行かれた」などと駅員らにうその被害を申告して、列車を約5分間緊急停止させたり、駅内の忘れ物の確認作業をさせたりした疑い。

 同署によると、清水容疑者はその後、自ら110番して被害を申告。言動を不審に思った署員が防犯カメラを確認したところ、乗車時点でかばんを持っていなかった。 

引用元 JIJI.COM

清水容疑者の目的は何なのか?

注目を浴びたいのか?

2016年1月以降で、20件、同様の余罪の可能性があるとのこと。

このような男を歯止めするには、どうしたらいいのか、鉄道会社は悩ましいですね。

清水容疑者とは?

コチラが清水容疑者です。

Facebookのアカウトはコチラです。

また、Twitterはコチラと思われます。

住所は、埼玉県和光市新倉。


清水容疑者の前科

2014年11月14日のサンスポの記事です。

 エボラ出血熱の感染を疑わせる通報をしたとして、埼玉県警西入間署は13日、偽計業務妨害の疑いで同県毛呂山町の職業不詳、清水春輝容疑者(24)を逮捕した。清水容疑者は「外国から昨日帰ったが熱がある。リベリアに行ったかもしれない」と119番通報し、保健所の職員6人が防護服姿で出動する騒ぎを起こした。

 西アフリカを中心に流行するエボラ出血熱。国内でも“疑い例”が出るたびに大騒動となっているが、それに乗じた悪質ないたずらが発生した。

 西入間署によると、逮捕容疑は11日夕、119番通報してエボラ出血熱感染を疑わせる嘘をつき、連絡を受けた坂戸保健所職員の業務を妨害した疑い。

 県によると11日午後6時半ごろ、携帯電話から「外国から昨日帰ったが熱がある。アフリカの複数の国に行ったので、リベリアにも行ったかもしれない。その後、米国に1週間、韓国に2日いた」という119番通報があった。

 エボラ出血熱では世界保健機関(WHO)が13日、感染者(疑い例を含む)が1万4098人に達し、うち5160人が死亡したとの集計を発表。リベリアでは、その半数を超える2836人が死亡している。

 驚いた消防は、さいたま市保健所に連絡。保健所が携帯電話の番号に連絡したところ、清水容疑者は「さいたま市内のJRの駅にいる。自宅に帰りたい。着いたら連絡する」と告げ電話を切ったため、午後9時ごろ、坂戸保健所の職員6人が防護服で完全武装し、通報時に告げられた住所に向かった。

 番地は実在せず、電話に出た清水容疑者は「携帯は知人に貸していた」と主張。しかし午後11時以降、翌12日午前1時までの2時間の間に同様の119番が2件あり、保健所は悪質ないたずらとして県警に通報した。

 そして12日夜、西入間署は清水容疑者を自宅で逮捕。清水容疑者はパスポートも持っておらず、調べに「携帯を貸した知人が通報した」と容疑を否認している。

 県や病院は職員を呼び出すなど、11日深夜まで対応に追われた。県疾病対策課は「このようないたずらをすると逮捕されるので、絶対にやめてほしい」と呼びかけている。

引用元 SANSPO.COM

当時は、エボラ出血熱で世界がパニック状態でした。

そんなときに、このような悪質なことをしていました。

そして、清水容疑者の言い訳は、「携帯は知人に貸していた」「携帯を貸した知人が通報した」。

清水容疑者は、誰にも相手にされないさみしい男だったのか?

それにしては、このイタズラはすぎます。

こんな事件を起こしても、清水容疑者は全く反省していなかったんですね。

今回の地下鉄のイタズラは、2016年1月からやっている可能性があります。

ということは、エボラのイタズラから1年ほどしか経っていません。

常習性のある清水容疑者には、何らかの抑止が必要でしょう。

再犯する可能性は多大にあると思います。

おわりに

悪質なイタズラを繰り返す清水容疑者。

今後は、本当に清水容疑者が被害にあったとしても、誰も信じることはないでしょう。

まさに現代版狼男です。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*