清水良太郎が野球賭博?八百長や野球選手(関係者)関与は?賭金総額は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11日、覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕された清水良太郎容疑者。

清水良太郎に薬を飲まされた女性は誰?犯行に使ったホテルは?闇カジノ疑惑で復帰したばかりで覚醒剤使用逮捕

警視庁は、違法賭博の件でも、別件逮捕を狙っているという情報があるようです。

スポンサーリンク

清水容疑者は野球賭博も?

リアルライブの記事です。

 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕・送検された清水良太郎容疑者が、所属していた「清水エイジェンシー」から解雇されていたことを、一部スポーツ紙のWEB版が報じた。

 良太郎容疑者は、11日に覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕。父親で所属事務所社長のものまねタレント・清水アキラが、12日に会見を行い、良太郎容疑者について「とりあえず自分の事務所はクビにする」と明言していた。

 同事務所は、17日までに、公式ホームページのタレントリストから良太郎容疑者を削除。記事によると、事務所関係者は、「解雇で間違いない」とコメント。解雇の日付など詳細については、今後、HPで発表するとしている。

 「父親が“絶縁”したとなると、誰も“救いの手”を差し伸べる関係者はいないだろう。しかし、父親はなんとか更生させなければいけないので、微妙なところ」(芸能プロ関係者)

 自身の犯した過ちのせいで“タレント生命”に終止符が打たれそうな良太郎容疑者だが、以前、出入りが発覚して謹慎になった闇カジノ、そして今回逮捕された薬物のみならず、野球賭博にも手を染めていたことを、発売中の「フラッシュ」(光文社)が報じている。

 同誌によると、良太郎容疑者は、今年の夏ごろから違法ギャンブルを再開。賭博関係者との親交を深めると、いつもプロ野球のハンデ表をLINEで送信してもらっていたという。

 良太郎容疑者は、毎回のように賭け、1試合で10万円賭けることもあったとか。良太郎容疑者が逮捕されたことで、野球賭博の関係者は、捜査の手が自分に及ばないか戦々恐々だというのだ。

 「警視庁は、違法賭博の件でも、別件逮捕を狙っているという情報もあり、今後、関係先が“一網打尽”にされるのでは。しかし、いらぬことを供述したとなると、良太郎容疑者の身に危険が及ぶ可能性もある」(裏社会に詳しいジャーナリスト)

 良太郎容疑者は、この機会にたっぷり頭を冷やしたほうがよさそうだ。

引用元 リアルライブ

清水容疑者が、闇カジノによる芸能界休止から復帰したのは、6月23日。

復帰後の夏から違法ギャンブルを再開したと「フラッシュ」では報じています。

闇カジノで疑惑をもたれたにも関わらず、懲りていないということなのでしょうか。

この疑惑で、警察がマークしていることは、容易に想像できます。

にも関わらず、賭博をしていたとしたら、救いようがありません。

また、ハンデ表をLINEで送信してもらっていたとしたら、かなり愚かでしょう。

わざわざ足が付くことをするのは、考えられません。

あと、どれほどの金額が動いていたのでしょうか。

1試合で10万円という話があるようです。

賭ければ賭けるほど、金銭感覚が麻痺していき、巨額の金が動いている可能性もあります。

清水容疑者の余罪は、どこまであるのでしょうか。

八百長はないのか?

野球賭博と聞くと、八百長を想像してしまいます。

野球選手やその関係者が関与していたとしたら、大変なことになります。

球界を揺るがすことになるしょう。

巨人選手による野球賭博発覚から、まだ2年しか経っていません。

そういったことがないことを祈ります。

スポンサーリンク

巨人選手による野球賭博

記憶に新しい巨人選手による野球賭博事件。

問題発覚は、2015年9月30日、読売ジャイアンツ球場での練習直後、不動産会社の元社員が福田聡志元選手のもとへ借金百数十万円を取り立てに来たことでした。

どういった問題だったのか。

それは、笠原将生元選手の知人を仲介とした賭博事件でした。

賭博の対象は、夏の甲子園や日本プロ野球、メジャーリーグベースボール。

その中には巨人の試合も賭博対象に含まれていました。

そして、知人に紹介し、賭博に関与したのが、福田元選手と松本竜也元選手。

これにより、2015年11月9日、巨人は3選手と契約解除の方針を発表。

その際、3選手に、「裏カジノ」に出入りして賭博をしていた事実も発表されました。

さらに、3選手以外の選手でも、賭け麻雀や賭けトランプ、高校野球を使ったギャンブルをしていたことを発表。

なお、これら選手の名前は発表せず、厳重注意処分となりました。

また、同日、原沢敦・読売巨人軍専務取締役兼球団代表は引責辞任しました。

翌11月10日にNPBの調査委員会が提出した調査結果報告書の内容に従い、NPBの熊崎勝彦コミッショナーは、3選手について「八百長はなかったものの、日本プロフェッショナル野球協約第180条(野球賭博禁止規定)に違反し、多くの野球ファンのプロ野球への厚い期待と強い信頼を著しく損なうものである事を重視し、本件3選手による有害行為がプロ野球界に与える悪影響は限りなく計り知れないものである」として、無期失格処分の裁定を下し失格選手とします。

コミッショナー裁定を受けて、巨人は同日付で3選手との契約を解除となります。

ところが、2016年3月8日、巨人は緊急会見を開き、新たに所属投手の高木京介元選手が野球賭博に関わっていた疑いがあることが新たに判明。

3月22日、事実上の解雇となる契約解除とします。

巨人では、他に、「声出し」と呼ばれる発声を担当した選手が、試合に勝てば1人あたり5000円の「ご祝儀」を受け取り、負ければ全員に1000円ずつ払うルールで一度で最大14万円の現金が動いていたことも判明。

他球団でも、同様の金銭のやりとりが、阪神、西武、中日、ソフトバンク、広島、ロッテ、楽天でも判明しました。

なお、巨人4選手は、刑事処分を受けています。

  • 笠原将生:懲役1年2ヶ月執行猶予4年
  • 松本竜也:罰金40万円
  • 福田聡志:罰金30万円
  • 高木京介:罰金20万円

おわりに

清水容疑者の野球賭博は、まだ疑惑です。

これ以上、清水アキラさんを苦しめないでもらいたいですね。

この記事を読まれた方は、こちらも読まれています。

清水良太郎が取り調べで話した覚醒剤使用芸能人は誰?彼女の名前も?

清水良太郎が相手女性の暴露で離婚?芸能界復帰は絶望で引退?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*