清水達也(花咲徳栄)高身長で球速150キロも!出身中学とドラフト評価は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年高校野球選手権大会の埼玉代表は、花咲徳栄。

花咲徳栄の投手陣は、2枚看板の清水達也投手と網脇慧投手が軸。

清水達也投手について、調べてみました。

スポンサーリンク

清水達也投手のプロフィール

  • 名前:清水達也(しみず・たつや)
  • 生年月日:1999年11月3日
  • 出身地:埼玉県深谷市
  • 身長:182センチ
  • 体重:83キロ
  • 小学:深谷市立藤沢小学校
  • 中学:深谷市立藤沢中学校
  • 高校:花咲徳栄高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打

小学1年から野球を始め、藤沢中学校では軟式野球部に所属。

中学3年秋には軟式野球チーム「埼玉スーパースターズ」エースとして全国ベスト8。

清水達也投手の実績

花咲徳栄では、1年時から控えとしてベンチ入り。

翌2年春の選抜では、ベンチ入りするものの登板はありませんでした。

同年春の関東大会の準々決勝・前橋育英戦では、8回を9安打完投。

同年夏の県大会では、2試合に救援で登板し、1回2/3を3奪三振・2安打・無失点。

夏の甲子園3回戦・作新学院戦では、救援登板し、1回1/3を1安打・1奪三振・1四死球・無失点でこの日最速143キロをマーク。

今年の夏の県大会は、4試合・17回を9安打・11奪三振・4四死球・2失点。

決勝・浦和学院戦では、救援で3回を5奪三振・無失点でこの日最速146キロの完璧な投球を見せました。

遠投100メートル、50メートル6秒8。

※追記:甲子園1回戦・開星戦は、救援で1回を15球・無安打・2奪三振・無四球・1死球・無失点で勝利。
※追々記:甲子園2回戦・日本航空石川戦は、救援で2回2/3を39球・1安打・1奪三振・1四球・無失点で勝利。
※追々々記:甲子園3回戦・前橋育英戦は、救援で2回1/3を47球・3安打・2奪三振・1四球・無失点で勝利。
※追々々々記:甲子園準々決勝戦・盛岡大付戦は、救援で1回を10球・無安打・1奪三振・無四球・無失点で勝利。
※追々々々々記:甲子園準決勝戦・東海大菅生戦は、救援で7回2/3を79球・6安打・2奪三振・無四球・2失点・2自責点で勝利。
※追々々々々々記:甲子園決勝戦・広陵戦は、救援で5回を73球・6安打・5奪三振・2四球・1失点・1自責点で勝利し優勝。

投手としての特徴

テークバックを大きめにとって、上体を鋭く振る本格派右腕。

最速は149キロ。

ストレートは、常時140キロ前後。

変化球は、120キロ前後から120キロのスライダー、120キロのフォークボール、110キロ台の縦のカーブ。

さらにグレードアップ

今年7月2日の横浜高校との練習試合では、5回を6安打・6三振・2失点。

このときの清水選手のコメント。

「もともと120キロちょっとの遅いスライダーを投げていましたが、長いイニングを投げる上で130キロぐらいで小さく変化するスライダーを投げる練習をしています。体が疲れている状態でも(失点した)4回以外はまとめられた。できれば150キロを投げてみたい」

そして、今年の夏の県大会決勝・浦和学院戦のコメント。

「自信を持って腕を振れた」

このコメントの意味はこうです。

清水投手は、今春の関東大会初戦で早実・清宮幸太郎選手と対戦していました。

救援した清水投手は、清宮選手の内角を攻めきれず、2本の適時打を許してしまいます。

左打者克服のために、その後、ブルペンで左打者を立たせて投球練習を繰り返しました。

その結果、制球力がアップしました。

このようなこともあり、この試合は、左打者の内角をことごとく突きました。

甲子園では、さらに成長した清水選手を見ることができると思います。

スカウトの評価

日本ハム・大渕隆スカウト部長
「実戦向き。先発、抑えどちらも適性はある」
「140キロを超える直球を投げられて変化球も多彩。まとまったいい投手」

DeNA・吉田スカウト部長
「いいフォークを投げる。オリックスの佐藤世那くん(仙台育英出)のよう。(ドラフト)候補として見ている」

広島・苑田スカウト統括部長
「バランスがいい。下半身を強化すれば、さらに球のキレとスピードが上がる」

ヤクルト・中西スカウト
「うちのスピードガンで146キロ。これだけ出せるのはすごい。スライダーとフォークもよかった」

千葉ロッテ・永野チーフスカウト
「球が速く、低めに集められている」

日本ハム・山田スカウト顧問
「真っすぐも変化球もいい。将来、ウチの吉井(コーチ)タイプ」

楽天・沖原スカウト
「直球は速いし、空振りが取れるフォークがあるのは大きい」

中日・中田スカウト部長
「高校生ではトップクラス」

おわりに

プロ注目の清水投手。

向上心が高い投手なので、まだまだ成長が期待できます。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*