ソフトバンクCM白戸家終了?理由はダンテ・カーヴァー?新展開継続?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年6月1日から始まったソフトバンクの「白戸(しらと、またはホワイト)家」CMシリーズに終了?

9月13日、過去10年間を振り返るCMの放送が始まりましたが、その中には「10年間ありがとう。」の文字が。

スポンサーリンク

ソフトバンク CM 白戸家「10周年ダイジェスト」篇

哀愁漂うオリジナルBGMで、CMが始まります。

「白戸家 2007~2017年」の文字とともに、お父さん(白戸次郎)、お母さん(白戸正子)、白戸彩、お兄さん(白戸小次郎)がソファーに座り、テレビを見ています。

「2007」の文字とともに、2007年当時のCMが流れます。

そして、「2008」「2009」・・・「2017」。

お母さんと白戸彩とお兄さんの3人でダンスをする画面となり、再び懐かしいCMの場面に次々と移り変わります。

最後に「10年間ありがとう。SoftBank」

なんか、泣けてきますね。

ソフトバンク CM 白戸家「花束渡す」篇

上戸彩さんと樋口可南子さんがスタジオに入ってきます。

2人「お願いしま~す」

樋口可南子「スゴイですね~」

2人が、セットのソファーに腰かけます。

スタッフ「10年間、白戸家、お疲れ様でした。ありがとうございましたー!」

スタッフ全員で拍手。

スタッフ全員「ありがとうございましたーーー!」

樋口さんは、唖然。

上戸さんは、苦笑いで樋口さんの顔をみます。

上戸彩「えっ?」

2人に花束が渡され、

スタッフ「10年間、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました」

スタッフ全員から労いの拍手。

樋口さんが、左手を大きく振り、スタッフを静止します。

樋口可南子「えっ?えっ?ちょっと、ちょっと、待って!ちょ、ちょ、ちょっと待って!」

2人は驚きの表情。

2人「えーっ!」

樋口さんは自身の両肩に手をやり、

樋口可南子「えっ?終わるの私たち」

スタッフ全員「せーのー」

2人でくす玉の紐を引きます。

そして、くす玉は割れ、中のリボンが樋口さんの頭に当たります。

樋口可南子「うわーっ!」

くす玉の中の垂れ幕には 『10年間ありがとう』の文字が。

スタッフ「10年間、ありがとうございましたーー!」

スタッフ全員で拍手。

スタッフ全員「ありがとうございましたーー!」

2人は、あきらめたような表情。

画面に『10年間ありがとう。』の文字。

2人は、顔を見合わせ、お互いに、

上戸彩「終わる?」

樋口可南子「終わる?」

お父さんが、スタッフに頭を撫でられます。

スタッフ全員の拍手の中、画面に『新しい家族割はじまる。」の文字。

優しい上戸さんが、樋口さんの頭についた紙吹雪を取ります。

これは、ガチなのか?

演技なのか?

ドッキリだとしたら、スゴい演出です。

スポンサーリンク

白戸家シリーズのルーツは?

ソフトバンクのCMは、「白戸家の人々」シリーズとして、2007年6月1日から、「予想外な家族」篇などでスタートしました。

上戸彩さん(当時22)扮するソフトバンクショップで働くOLの「わたし」を中心に、白戸家の家族が、「家族内通話無料」などの携帯電話の料金プラン「ホワイトプラン」を巡って風変わりな会話を繰り広げ、話題となります。

「わたし」と樋口可南子さん(当時48)扮する「お母さん」は日本人ですが、「お父さん」は犬、「お兄さん」は黒人に姿を変えてしまっているのも話題に。

このキャスティングは、「予想外」というCMのキーワードに沿って選択したようです。

これらのCMは、電通のCMプランナー・澤本嘉光さんらのチームが制作しました。

現在も、澤本さんの制作です。

澤本さんは、犬へのゆかりが深く、毎日新聞の土曜日夕刊に「犬と私の10の約束」という連載小説を書います。

また、脚本を共同執筆した同名の映画が08年3月15日に公開されています。

澤本さんは、幼いころに北海道の母親の実家を毎夏訪れては、そこで飼っていた雑種のベルをかわいがっていたそうです。

「久しぶりに会うとほえて。でも、すぐに思い出し、クゥンクゥン鼻を鳴らして喜んでくれた」澤本さんは話します。

澤本さんは、父親が犬の姿に変わる理由を明かしていませんが、「深くは考えなかったけど、犬は説教したり相談相手になってくれる気がして。お父さんが犬だったらいいなと思った」と語っています。

お父さんは、寒さに強く狩猟などに使われる北海道犬。

もしかして、澤本さんが北海道時代を懐かしんで選んだのかもしれません。

ソフトバンク広報室は「お父さんのように威厳のある白い犬をと、動物プロダクションで探していて白羽の矢が立ちました」と説明しています。

お父さんは、2014年3月まで、2頭の犬が出演していました。

オスのカイとメスのネネの兄妹です。

おっとりタイプのカイはゆっくりほえ、男勝りのネネは激しくほえる場面で、それぞれ登場していました。

ともに、NHK朝の連続テレビ小説「天花」やTBSのドラマ「里見八犬伝」にも出演しているタレント犬です。

2014年4月から現在は、オスの海斗1頭の出演となっています。

スポンサーリンク

今後の展開は?

13日午後、古田新太さん(51)、竹内涼真さん(24)、杉咲花さん(19)が新たにCMに起用されることが発表されました。

発表会では、CMでも流れている、部屋でくつろぐ上戸彩さん(31)と樋口可南子(58)の頭上でくす玉が割れ、

「10年間ありがとうございました!」

と書かれた垂れ幕が飛び出す映像が流されたそうです。

また、撮影現場で上戸さんが泣いたというエピソードがあったとのこと。

ソフトバンク広報室では「現時点では白戸家のCMが今後どうなるかについてお答えできません。今後の展開にご期待下さい」とコメントしています。

古田さんや竹内さんは「これ以上言えない」と言いながらも、CM撮影では、お父さんと共演したことを匂わせています。

一体、どのような展開となるのでしょうか?

また、10年間を振り返る「白戸家展」が9月16、17日に東京・表参道ヒルズで開かれることも発表されています。

終了だとしたら理由はダンテ・カーヴァーの不倫?

9月3日、お兄さん役のダンテ・カーヴァーの不倫報道がされました。

2010年に結婚した日本人妻と2人の子どもがいながら、昨年に知り合った20代女性と関係し、妊娠させているというものでした。

また、過去には、カーヴァーと関係した疑いのある別の女性が2人いるといったことも。

この2人については「ひとりはアイドルグループのメンバー。もうひとりは巨乳の女性タレントで、最近、有名アスリートと結婚しました。2人とも、決定的瞬間を狙って週刊誌のカメラマンが追っていたほど。関係者や繁華街の聞き込みでも、密接な関係が疑われる話がいくつもあったんです。ただ、彼は次から次へとターゲットを乗り換えるタイプらしく、2人とも長続きはしなかったようですが」と週刊誌記者が話しています。

他に「あまりにも女グセが悪く、周囲の友人がいくら注意しても改めることはできなかった」「クラブに出入りしては素人、アイドルやグラドルなどをつまみ食いしていた」という話も。

女性問題以外でも無免許運転など素行不良なところがあり「だからソフトバンクCM以上の仕事につながっていなかったのでは」と言われていました。

妊娠した女性について、カーヴァーの所属事務所は「すでに夫婦関係は破綻しており、異性交際は不貞行為には当たらない」という弁護士の見解を明かしており、妻とは離婚協議中であるとしていました。

ですが、カーヴァーが不倫相手に「すでに離婚が成立している」とウソをついていたこともあり、世論にもソフトバンクにも印象はよくありません。

こういった理由で、カーヴァー降板を決め、キャスティングを変えたくないということで白戸家シリーズ終了となったのかもしれません。

おわりに

白戸家シリーズがどうなるのかは、まだわかりません。

ソフトバンクは、白戸家のイメージがかなり強いと思います。

上戸彩さんも1児の母となり、シリーズ当初のイメージが変わってきました。

10年経って、新しいメンバーで、イメージを一新したいというのもわかります。

どういう展開になるのでしょうか。

この記事を読まれている方は、こちらも読まれています。

ソフトバンクCMは新しい家族に?お父さんの犬種や出演者はどうなる?CM「ケータリング篇」「リビング篇」

ソフトバンクCMの新しいお父さんはブルドッグ?理由は古田新太に似てるから?CM「アヤの想像篇」「ニュース・会議室篇」

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*