シウォン犬種(顔画像名前)賠償保証は?父親妹と韓一館(ハニルグァン) 代表誰?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気グループ、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のチェ・シウォンさんの家族が飼っていた犬にかまれ、有名韓国料理店の代表が死亡したことが21日までに分かりました。

代表は、先月30日、ソウル市内のマンションで、犬にかまれ治療を受けましたが、今月6日に敗血症で死亡したとのことです。

スポンサーリンク

何があったのか?

有名韓国料理店・韓一館(ハンイルグァン)の代表が、先月30日、ソウル屈指の高級住宅街・狎鴎亭(アックジョン)にあるマンションで犬にかまれ、治療を受けましたが、今月6日に敗血症で亡くなりました。

その犬は、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)シウォンさんの家族の飼い犬。

マンション内のエレベーターのドアが開いた瞬間、外から入ってきた犬が、エレベーターの中に居合わせた被害者のスネにかみついたとのこと。

こちらが、防犯カメラによる、実際の事故の映像です。

一番左の女性が、被害者です。

犬が被害者にかんだあと、飼い主が慌てて犬を被害者から引き離し、連れて行きます。

この6日後、被害者は、敗血症で亡くなりました。

外出の際、この犬には、リード等はしていなかったようで、そのような基本的なことも問題だったと思われます。

21日、シウォンさんは自身のInstagramで、謝罪しています。

以下が全文です。

チェ・シウォンです。

家族を失った大きな衝撃と悲しみに暮れていらっしゃる家族の方々に改めてお詫び申し上げます。

少し前に、家族で飼っている犬に関する状況を伝え聞き、とても申し訳ないという気持ちです。故人と家族の方々に心より哀悼の意をお伝えいたします。

犬を飼っている家族の一人として、大きな責任を感じています。いつも徹底した管理をしなければなりませんが、不注意によってとんでもないことが起き、深く反省しています。二度とこのようなことが起きないようにします。

かまれた人物は誰?

亡くなったのは、韓一館(ハニルグァン)の代表で、53歳の女性・キムさん。

韓一館は、1939年に創業して以来、1~3代大統領の李承晩(イ・スンマン)や5~9代・朴正煕(パク・チョンヒ)、17代の李明博(イ・ミョンバク)など韓国の歴代大統領が韓一館の料理を味わったという名店。

東方神起など多くの芸能人も、来店しています。

もともとは鍾路(チョンノ)にあったお店が一帯の都市再開発により、狎鴎亭(アックジョン)に移転していました。

愛犬は?

シウォンさんの家族が飼っていた犬は、フレンチブルドッグのバグジー。

公式にグッズも販売されており、ファンの間では知られていたようです。

バグジーには、かみ癖があったようで、シウォンさんの妹は、過去にバグジーの視点で「私が人を噛むから、週に1回1時間ずつ教育を受けている」という文章をInstagramに掲載していました。

にも関わらず、リードをしていなかったのは、ちょっと理解しがたいです。

また、シウォンさんの父親は、「飼い犬は今後、このようなことが起きないよう徹底して措置します」とコメントしています。

愛犬はどのようになってしまうのでしょうか。

外には2度と出さないという意味なのか。

最悪なことを言っているのか。

スポンサーリンク

シウォンの父親は?

シウォンさんの父親であるチェ・ギホさんは、21日、シウォンさん妹のSNSで立場を明らかにし、謝罪しました。

以下が全文です。

チェ・ギホです。

私ども家族の飼い犬に関する報道記事を目にし、問題になった犬の飼い主として申し上げようと思います。

まず、故人のご冥福をお祈りいたします。そして家族の方々に深く哀悼と慰労の意を申し上げます。

我々も残念な知らせを聞いて確認した結果、うちのドアが少し開いていた隙に飼い犬が出てしまい、近所に住む故人が犬に噛まれて6日後、敗血症によって亡くなられたことは事実ですが、治療過程の問題や2次感染などの可能性を排除できず、正確な死因を断定するのは難しい状況だと聞きました。常に気を付けて徹底して管理しなければなりませんが、このようなことが起きたことに対して申し訳ないという気持ちだけです。

我々は哀悼の意を伝えるために弔問し、上記のような状況に対して家族の方々にお詫びいたしました。現在も、今後も、故人になられた方と家族の方々には大きな心の荷になってしまったことを誰よりもよくわかっております。

どのような言葉も慰めにならないと思いますが、故人と家族の方々にこの場を借りて改めて心からお詫び申し上げます。

慎重にお願い申し上げたいと思います。
事実とは違う推測の内容まで広がり、故人を静かに哀悼している家族の方々に意図せず傷つけたり被害が及んだりするのではないか心配です。これ以上は拡散しないよう切にお願い申し上げます。

そして飼い犬は今後、このようなことが起きないよう徹底して措置します。ご迷惑をおかけしてしまい、心より申し訳ございません。重ねて故人のご冥福をお祈りします。

賠償保証は?

被害者の家族側は、21日、一部のメディアのインタビューで「訴訟をする考えは全くなく、賠償をしてほしいと思ってもいない」とし、「チェ・シウォンさんは家族のもとに数回訪れ、心からの謝罪をした。葬儀場でも共に涙を流した。だから私は彼の手を取ってゆるした」と伝えています。

また、シウォンさんと家族に向けた批判や根拠のないマスコミ報道を自制してほしいと要請しているとのこと。

では、シウォンさんの家族側は、賠償や保証を、本当に何もしなくていいのでしょうか。

誠意をどのように考えているのか、今後注目です。

シウォンの妹が犬の誕生日祝い?

シウォンさんの家族は、被害者が犬にかまれてから3日後、バグジーの誕生日パーティーを行っていました。

シウォンさんの妹・チェ・ジウォンのInstagramです。

このときは、事の重大さわかっていなく、被害者が亡くなってから、初めて感じたのかもしれません。

しかし、こういった感覚の違いに、違和感を感じざるを得ません。

おわりに

人が亡くなるというのは、大変重いことだと思います。

それに対して、シウォンさんら家族は、どこまで反省しているのか。

韓国では、批判が高まっているようです。

今回の問題は、シウォンさん自身ではなく、家族が引き起こしたのかもしれません。

しかし、著名人が、ここまで大きな問題を、未だにSNSのコメントしかしていなかったら、日本でも大騒ぎでしょう。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*