鈴木洋一顔画像(住所)と前科は?黒沼由理さん女性刺殺川崎市宮前区

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、近くに住むアルバイトの黒沼由理さん(当時27)が刺殺された事件で、神奈川県警は近く、川崎市高津区に住んでいた男(36)=別の女性に対する殺人未遂罪で服役中=を殺人容疑で逮捕する方針を固めました。

男は昨年1月、「話がしたい」との内容の手紙を県警の捜査員に送り、複数回の任意の聴取を受けたとのこと。

スポンサーリンク

どのような事件か?

 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、近くに住むアルバイトの黒沼由理さん(当時27)が刺殺された事件で、神奈川県警は近く、川崎市高津区に住んでいた男(36)=別の女性に対する殺人未遂罪で服役中=を殺人容疑で逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男は06年9月23日午前0時ごろ、宮前区のJR武蔵野貨物線の線路下のトンネルで、歩いて帰宅中の黒沼さんの右胸や左腹を刃物で刺し、殺害した疑いがある。

 男は半年余り後の07年4月に約1・5キロ南の同区の路上で、面識のない会社員女性を刺して大けがを負わせたとして逮捕され、09年8月に懲役10年の判決が確定した。県警は、黒沼さんとも面識がなかったとみており、連続通り魔事件として解明を進める。

 男は昨年1月、「話がしたい」との内容の手紙を県警の捜査員に送り、複数回の任意の聴取を受けた。黒沼さん殺害を認め、犯行時の状況や前後の行動などを詳細に説明したという。

引用元 朝日新聞デジタル

11年前の刺殺事件。

殺人容疑がある男は、別の女性の殺人未遂で服役中とのこと。

なぜ、今になって、男が自ら「話がしたい」との内容の手紙を県警に送ったのでしょうか。

司法取引みたいなのがあったのでしょうか。

また、黒沼由理さんの事件当時の記事です。

2006年9月23日午前0時ごろ、川崎市宮前区梶ケ谷の市道トンネル内で、近くに住むアルバイト黒沼由理さん(当時27歳)が胸から血を流して倒れているのを、帰宅途中の男性会社員が発見、110番した。黒沼さんは近くの病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。胸と下腹部の2カ所に刃物によるとみられる刺し傷があり、神奈川県警捜査1課は殺人事件と断定、宮前署に捜査本部を設置した。  

調べでは、黒沼さんは南北に通ったトンネル内の南寄り歩道部分に、うつぶせに倒れていた。倒れていた場所まで数十メートルにわたり、血痕が続いていた。黒沼さんが倒れていたトンネル内の歩道は脇の車道よりも約1メートル高く、車を止めて犯行に及んだ可能性は低い。歩道は黒沼さんがふだんから利用しており、自宅からわずか200メートルだった。  

通行人が倒れている黒沼さんを発見した23日午前0時ごろに、黒沼さんと同じマンションの住民2人が女性の悲鳴を聞いており、直前に襲われたとみられる。胸と下腹部を2カ所、包丁のような刃物で刺されており争った跡はない。財布なども奪われていなかった。

黒沼さんは、事件前日の昨年9月22日夜、東京駅付近で開かれたアルバイト先のチーズこん包会社の送別会に出席し、午後11時ごろ、同僚と別れ電車で帰宅。東急田園都市線梶が谷駅の改札から徒歩で帰宅中の同23日午前0時ごろ、トンネル内で事件に巻き込まれたとみられている。同駅を出てから現場トンネルまでの間の目撃情報はないという。

事件後、再発防止を願ってトンネル内には中学生らによる壁画が作成された。

自宅からわずか、200メートルと痛ましい事件でした。

たまたま、アルバイト先の送別会に出席し、刺されたとのこと。

胸と下腹部を2カ所、包丁のような刃物で刺されており争った跡はなく、財布なども奪われていない。

そして、倒れていた場所まで数十メートルにわたり、血痕が続いていたようです。

犯人は、急所を狙ったのでしょうか。

スポンサーリンク

男は鈴木洋一か?

2007年4月に約1.5キロ南の同区の路上で、面識のない会社員女性を刺して大けがを負わせたとして逮捕された男というと、鈴木洋一だと思われます。

年齢も合致します。

2007年5月11日の記事です。

 川崎市宮前区の路上で4月、帰宅途中の女性会社員(40)が刺された通り魔事件で、横浜地検川崎支部は11日、同市高津区久末、会社員鈴木洋一容疑者(26)を殺人未遂の罪で横浜地裁川崎支部に起訴した。

 鈴木容疑者は示された起訴状の内容について否認しなかったという。捜査当局は、近くで起きた未解決の通り魔殺人事件との関連についても追及する。

 鈴木容疑者は事件当夜、「犯人と格闘して負傷した目撃者」と神奈川県警宮前署に名乗り出て、逮捕後は黙秘していた。

 現場から約1・5キロ北に離れた川崎市宮前区梶ヶ谷で2006年9月、深夜に帰宅途中のアルバイト黒沼由理さん(当時27歳)がJR貨物ターミナル駅下の市道トンネル内で刺殺される事件が起きている。

鈴木洋一は、当時黙秘を徹底しており、テレビのインタビューで「俺は被害者だ!警察に嵌められた!」と発言していたようです。

また、事件当時はいていたズボンを直後に自分で洗濯していたことが、宮前署特捜本部の調べで明らかになるなど、犯罪に関わっていた可能性が非常に高いとされていました。

顔画像は今のところ、公表されていません。

当時の住所は、川崎市高津区久末です。

おわりに

遺族の方は、逮捕となり喜んでいるのではないでしょうか。

ですが、黒沼さんは、もう帰ってきません。

こういった通り魔事件は、許せませんね。

※10月8日追記:鈴木容疑者の身勝手な供述

鈴木容疑者は「女性から虐待を受けた経験があり、刺したい衝動に駆られた」「切り裂きジャックに憧れていた」などと19世紀の末にイギリスで発生した猟奇的殺人事件の話を出していたことも新たに分かりました。

身勝手なことを言っています。

ちなみに、「切り裂きジャック」は、1888年にイギリスで連続発生した猟奇殺人事件および犯人の通称。

世界で最も有名な未解決事件といわれています。

※10月10日追記:鈴木洋一逮捕(顔画像有)

鈴木洋一容疑者が逮捕されました。

去年1月、突然、「事件の話がしたい」と神奈川県警にはがきを送り、事件への関与を認めたうえで当日の車の動きなどを説明しました。

供述内容が変遷するなどしたことから、県警は慎重に捜査を進めた結果、殺害現場の状況と供述内容に矛盾はないと判断し、今回の逮捕に至りました。

鈴木容疑者の身柄は現在、栃木県内の警察署にあり、この後、神奈川県の宮前警察署に移され、本格的な取り調べが行われる予定です。

スポンサーリンク

※10月11日追記:鈴木容疑者が再犯の可能性供述

鈴木容疑者は逮捕前の警察の任意の事情聴取に対し、出所したらまたやってしまうかもという趣旨の話をしていたとのこと。

また、犯行を認めたり否認したりしていたということで、警察は慎重に裏付けを進めています。

将来的に、司法は、このような人物にどのような判決をするのでしょうか。

※10月24日追記:犯行方法や動機

24日、鈴木容疑者を現場に立ちあわせ、犯行の状況を確認しました。

日本テレビの報道です。

 車に乗っていた鈴木容疑者は、交差点で、トンネルの方向に向かう黒沼さんを見つける。その後、同じトンネルに向かうため、付近の道路を一周してトンネルに入り、歩いていた黒沼さんを追い抜き、トンネルを出たところに車を停車した。そして、鈴木容疑者は車から降り、トンネルの出口付近まできていた黒沼さんに正面から向かっていき、刃物で刺したとみられている。

 鈴木容疑者はこれまでの警察の調べに対し「女性から虐待を受けた経験があり、女の人を刺したい衝動があった」「歩いていた黒沼さんを見かけて犯行を思い立った」などと話しているという。警察は、鈴木容疑者が、偶然見かけた黒沼さんに狙いを定め、トンネルの出口に先回りして犯行に及んだとみて裏付け捜査を進めている。

引用元 日テレニュース

これは、計画的犯行なのでしょうか。

黒沼さんを見かけて、待ち伏せをしての犯行。

動機についても、「女性から虐待を受けた経験があり、女の人を刺したい衝動があった」とのこと。

鈴木容疑者に、どのような刑罰が与えられるかわかりません。

今回、自ら供述し、逮捕につながりましたが、情状酌量でどうなるのか。

出所するときがあるとすれば、そのときの鈴木容疑者の年齢がいくつであっても、また悲劇は起こらないか。

罪を憎んで人を憎まずといいますが、注目したいと思います。

※10月26日追記:鑑定留置

鈴木容疑者の話が逮捕前と逮捕後で一貫しないことなどから、検察が鈴木容疑者の刑事責任能力を調べるため、鑑定留置を行う方針であることが分かりました。

検察は鑑定留置の結果を踏まえ、起訴するか判断することになります。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. デカチョー より:

    当初から犯人と確信していた。ハガキを受取ってから1年半、当時の責任者の偉いさんが退職するのを待っていたのではないか? 握り潰されないだけ良かった。ボンクラ神奈川県警は犯人におちょくられている。

  2. デブ太郎 より:

    事件後、TVのインタビューを受けて話していたの見たけど、当時から言っている事が支離滅裂だったよね!?

コメントを残す

*