鈴木裕太(日本文理)中学(新潟シニア)やドラフト進路は?148キロの豪腕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年高校野球選手権大会の新潟代表は、日本文理。

今年の日本文理は、140キロ超投手を3人抱えています。

切れのよいスライダーを持つ右腕エース・稲垣豪人投手。

制球力のいい左腕・新谷晴投手。

そして、最速148キロの豪腕右腕・鈴木裕太投手です。

スポンサーリンク

鈴木裕太投手のプロフィール

  • 名前:鈴木裕太(すずき・ゆうた)
  • 生年月日:2000年8月2日
  • 出身地:新潟県新潟市西区
  • 身長:182センチ
  • 体重:84キロ
  • シニア:新潟シニア
  • 中学:新潟市立小針中学校
  • 高校:日本文理高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打

小学2年から軟式野球を始めます。

中学は新潟シニアに所属。

中学3年の夏のシニア全国大会で、歴代最速の142キロを計測。

鈴木裕太投手の実績

日本文理では、1年春から控えとしてベンチ入り。

1年夏の県大会は、不調によりベンチ外で過ごします。

そして、1年秋の地区予選、1回・3奪三振・無失点でデビューします。

それ以後、全てリリーフで5試合に登板し、9回2/3を19奪三振・2失点を記録。

県大会初戦・高田戦では、2回ノーヒット無失点、6連続奪三振の快投。

この試合の最速は、145キロを記録しました。

公式戦3試合目の準決勝・関根学園戦では、自己最速148キロをマーク。

続く北信越大会の準々決勝では、2番手で登板し、2回2/3を4者連続を含む5奪三振、2安打・2失点でした。

しかし、今年2月下旬、シート打撃登板で右肘に違和感。

体調回復に慎重を期して春の県大会、北信越大会ともにベンチを外れました。

長谷川投手は、リハビリ期間中の前腕を鍛えるトレーニングを欠かさず、6月中旬の刈谷工(愛知)との練習試合で実戦復帰。

今年の夏の県大会は、4試合に登板し、8回1/3を5安打・11奪三振・6四死球・2失点でした。

※追伸:夏の甲子園・1回戦・鳴門渦潮戦は、先発2回0/3を42球・41安打・1奪三振・2四球・2失点・無自責点で勝利。

投手としての特徴

左膝を高めに上げ、着地早めに、力強い腕の振りから投げ込む右腕。

最速は148キロ。

威力のあるストレートを武器とし、スライダー、スプリット、カーブなど変化球も多彩で、制球力もあります。

3年夏までに155キロ

鈴木投手が、中学2年秋に目標としたのが「中学3年の夏までに140キロを出すこと」でした。

そして、鈴木投手が取り組んだのが、相撲の四股。

股を大きく開いた状態で腰を落とし、それを維持し歩くというもの。

これを毎日やり、下半身の強化をしました。

また、雪が溶けた春先には、走り込みも。

すると、春、球を投げると、球速が上がっていることを実感します。

そして、3年夏、日本選手権で142キロをマーク。

しかし、鈴木投手は、日本選手権2回戦で敗退。

すると、今度は高校入学後の目標を立てます。

「高校では、1年からベンチ入りして、甲子園に出て優勝。また、3年夏までに155キロを出したい」

鈴木投手なら、実現しそうな気がします。

新谷晴投手とのSSコンビ

鈴木投手の同級生・新谷投手は、140キロのストレートを持ち、バツグンの制球力を誇ります。

それは、中学のときから有名でした。

当時、打者としても非凡で、ヘッドスピードは中学生離れしていたとのこと。

鈴木投手と新谷投手は、SSコンビと呼ばれ、各高校のスカウト注目でした。

結局、2人とも日本文理に入学するのですが。

おわりに

日本文理を31年指揮してきた大井道夫監督は、この大会を最後に退任します。

鈴木投手の活躍により、有終の美を飾れるかどうか?

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*