修行恵大(大垣日大)イケメンの中学やドラフト評価(球速)は?杉本幸基と2枚看板

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年高校野球選手権大会の岐阜代表は、大垣日大。

名将・坂口慶三監督が「鬼軍団」と名付けた今年のチーム。

準決勝までの5試合を2失点で切り抜けた盤石の投手陣は魅力です。

エースは、プロ注目の2年生右腕・修行恵大(しゅうぎょう・けいと)投手。

140キロを超える2年生右腕・杉本幸基と2枚看板です。

スポンサーリンク

修行恵大投手のプロフィール

  • 名前:修行恵大(しゅうぎょう・けいと)
  • 出身地:愛知県豊橋市
  • 身長:183センチ
  • 体重:70キロ
  • ボーイズ:新城ボーイズ
  • 中学:豊橋市立吉田方中学校
  • 高校:大垣日本大学高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打

中学時代は、新城ボーイズでプレー。

2年のとき、全国大会・ジャイアンツカップに出場しましたが、2回戦敗退。

一方、平日は学校の陸上部でも活動し、高跳びで東三河地区の上位に入った経験があります。

バネがある選手と言えるでしょう。

名字は「修行」と書いて「しゅうぎょう」と読みます。

祖父が鹿児島県出身とのことで、そこに名字の由来があるかもしれません。

修行恵大投手の実績

大垣日大では、1年秋からベンチ入り。

入学直後からケガに苦しみますが、2年春には、急成長を遂げエースとなります。

同年春の県大会では7戦登板し、優勝に貢献。

5月の東海大会では、3試合15回2/3を12安打・11奪三振・無四球・防御率0.57の好成績で、準優勝しました。

しかし、東海大会後、右ヒジ痛を訴えます。

そのため、1ヶ月ほど練習試合で登板できず、軽いキャッチボールしかできませんでした。

「焦りはあったけど、肩を休められると思え、と監督とコーチから言われ、落ち着いて治すことができた」と修行投手は語ります。

6月下旬の今治西との練習試合で復帰し、1回の先頭打者から4者連続空振り三振。

ストレートの球速は自己最速タイの139キロを計測しました。

坂口監督は、「最初の7球を見て、切れが戻ったと思った。スピードガン以上に速く見えた」とのこと。

2年夏初戦・山県戦では先発し、3回をノーヒット6奪三振。

救援した杉本幸基投手も2回・3奪三振で、完全リレーを完成させました。

坂口監督は「完璧でしょう。初戦としては満点。言うことがない」。

決勝・中京学院大中京戦では先発し、6回まで無失点の快投。

しかし、7回につかまり、無死満塁から押し出し四球を与え無念の降板。

杉本投手の救援を仰ぎました。

修行投手は「あそこで粘れなくて悔いが残る。助けてくれた野手の皆さんに申し訳ないです。絶対に完投しようと思っていたのに悔しい。甲子園では気負わず自分の投球をして、完投したい」とコメントしています。

県大会の成績は、5試合・24回1/3を20安打・20奪三振・4四死球・4失点。

※追伸:夏の甲子園・2回戦・天理戦は、4回1/3を522球・7安打・3奪三振・無四球・5失点・5自責点で敗退。

投手としての特徴

投球フォームは柔らかく、美しさがあります。

自身は「特に参考にしている投手はいませんが、今までほとんど直されたことがありません」と言います。

生来のセンスの良さの表れなんでしょうね。

ストレート最速は139キロですが、見た目以上にスピードを感じます。

決め球はフォーク。

制球力も安定しています。

ドラフト評価は?

6月下旬の今治西との練習試合を視察した阪神・熊野スカウトは「春よりバランスが良くなった。真っすぐに力が出てきたし、変化球でもカウントを取れる。体格も良いし、来年の(ドラフト)対象になってくる」と語っています。

杉本幸基投手と2枚看板

寮の同部屋・杉本幸基投手は、修行投手と同級生の2年生。

140キロを超えるストレートが武器です。

奪三振数は、イニング数を超えます。

県大会の成績は、4試合・17回を9安打・18奪三振・3四死球・無失点。

おわりに

まだまだ、伸びしろのある修行投手。

甲子園では、成長が楽しみです。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*