辰己晴野(米子松蔭)イケメン画像やtwitterは?中学と球種(球速)も気になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年高校野球選手権大会の鳥取代表は、米子松蔭。

米子松蔭のエースは、イケメン2年生左腕の辰己晴野投手!!

辰己晴野投手を紹介します。

スポンサーリンク

辰己晴野のプロフィール

  • 名前:辰己晴野(たつみ・せいや)
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 身長:178センチ
  • 体重:68キロ
  • シニア:大阪城東シニア
  • 中学:大阪市立城陽中学校
  • 高校:米子松蔭高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打

辰己晴野の地区大会成績

米子松蔭の投手陣は、辰己投手の他、3年生左腕・児嶋悠太投手、3年生右腕・高木晃汰投手がいます。

鳥取大会では、5試合全て、辰己投手が先発しました。

成績は、5試合・36回を28被安打・19奪三振・10四死球・9失点でした。

投手としての特徴

辰己投手の球速は、130キロほど。

ですが、変化球は、ツーシーム、チェンジアップ、スライダーなど多彩です。

36回を19奪三振でわかるとおり、辰己投手は打たせて取るタイプ。

そんな辰己投手にうってつけチームが、米子松蔭です。

チーム失策は、5試合で4つ。

決勝は、無失策でした。

また、守備の要は、山口陸摩選手と主将・馬場畑真優選手の二遊間。

コンビは、昨年夏を経験しており、お互いの動きをよく理解しています。

広島の菊池選手と田中選手のようなものですね。

そんなバックなので、辰己投手は、安心して投球できるでしょう。

※追記:甲子園1回戦・大阪桐蔭戦成績は、先発6回を107球・9安打・4三振・2四球・6失点・5自責点で敗退。

twitterは?

地区大会優勝の喜びの様子です。

こちらは、1回戦・鳥取商戦勝利後のツイート。

おわりに

昨年の夏は、地区大会決勝に進んだものの、15点差のつけられて大敗した米子松蔭。

今年は、そのときの悔しさをバネに代表となりました。

甲子園でも、勢いそのまま、快進撃を期待しましょう。

それは、辰己投手の左腕にかかっています。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*