田浦文丸の読み方は?弟もドラフト候補で両親の教育や彼女も気になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田浦文丸投手の名前の読み方も話題になっていますね。

田浦文丸投手は、ガッチリとした体型から最速144キロの剛球を投げる左腕。

今年の熊本・秀岳館は、田浦文丸投手と川端健斗投手の2枚左腕が売りのチームです。

コチラの記事も読まれています。
川端健斗の背番号へのこだわりは?出身中学やドラフト進路も気になる

スポンサーリンク

田浦文丸投手のプロフィール…彼女は?

  • 名前:田浦文丸(たうら・ふみまる)
  • 生年月日:1999年9月21日
  • 出身地:福岡県
  • 身長:170センチ
  • 体重:75キロ
  • ボーイズ:糸島ボーイズ
  • 中学:大野城市立平野中学校
  • 高校:秀岳館高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打

名前は、文丸で「ふみまる」と読みます。

可愛い名前ですよね。

田浦文丸投手が、野球を始めたのは、大野城市立平野小学校1年のときから。

身長170センチと小柄ですが、体重は75キロとガッチリとした体型です。

最近、彼女と付き合っている高校球児は多いですよね。

田浦文丸投手はどうなんでしょうか?

投手としての特徴

ワインドアップから上体を捻って投げるのが特徴の左腕投手です。

スリークウォーターからの最速は144キロ。

ストレートは、常時130キロ後半から140キロ前後。

変化球は、110キロから120キロの縦と横のスライダー、110キロ前後のチェンジアップ、100キロ台のカーブがあります。

田浦文丸投手の特徴として、奪三振が多いことがあげられます。

三振の奪い方は、ストレートで押すというよりは、変化球とのコンビネーションを駆使します。

圧巻だったのは、2年秋の九州大会2回戦の長崎東戦。

この試合では、7回17奪三振を記録しました。

大会前の国体で、昨年ヤクルトスワローズドラフト1位の寺島成輝投手(履正社)から、「ストレートは押し出すように投げる」と教わったようです。

その感覚が本人にマッチし、調子が上がっていたみたいですね。

田浦文丸投手は、理想の投手像について、高校野球ドットコムのインタビューで、このように語っています。

「金子千尋投手(オリックス)や菊地雄星投手(埼玉西武)のように、力で抑え込むのではなく、気づいたら三振を取り、打ち取っているような投手になることを目指しています。」

両投手とも球界を代表する投手。

この域まで達してほしいですね。

田浦文丸投手の実績

田浦文丸投手は、小学1年で軟式野球を始めます、

このときから投手だったようです。

そして、中学から、ボーイズの糸島ボーイズで硬式野球を始めます。

2年夏、ジャイアンツカップで準優勝。

このとき、田浦文丸投手はライトを守っていました。

秀岳館では、1年からベンチ入り。

同年秋の熊本・九州大会では、主に救援で5試合を投げ、11回2/3で13奪三振で優勝に貢献。

2年、春の選抜大会出場時では、何れも救援で、埼玉・花咲徳栄戦2回1/3を5奪三振・3失点、山口・南陽工業戦2回1/3を3奪三振・無失点でした。

この大会の最速は139キロ。

同年夏の熊本県予選では、先発2試合、救援3試合で全5試合に登板し優勝。

甲子園では、静岡・常葉菊川戦は救援で4回・2奪三振・1失点、三重・いなべ総合戦は先発で3回1/3を2奪三振・無失点、北海道・北海戦は救援で2回・1奪三振・無失点を記録。

最速は142キロでした。

同年秋からは背番号「1」を背負います。

秋の熊本・九州大会では、29回を長崎東戦の17奪三振を含む34奪三振で7失点。

そして、3年春、選抜大会に2年連続で出場し、ベスト4に貢献。

選抜大会の個人成績は、栃木・作新学院戦6回2/3を5奪三振・1失点、大阪・大阪桐蔭戦7回1/3を6奪三振・2失点でした。

何れも、イニング数と奪三振数が近いですね。

※追記:甲子園1回戦・横浜戦は、救援3回を47球・2安打・4三振・1四球・3失点・無自責点で勝利。
※追々記:甲子園2回戦・広陵戦は、救援2回1/3を34球・4安打・2三振・1四球・3失点・3自責点で敗退。

打者としても非凡

田浦文丸投手は、シニア時代、4番を打っていました。

そんな選手ですから、当然、打者としても非凡なものがあります。

秀岳館に入学したころ、田浦文丸投手は、鍛治舎監督から、投手に専念するように言われます。

しかし、田浦文丸投手は、投手で出場した試合も打者として実績を残しました。

そのため、2年秋の熊本・九州大会では、投手として先発しないとき、2番ライトで出場することに。

で、残した成績が、36打数・16安打の打率.444、1本塁打・12打点。

3年の春の選抜大会では、3塁打も記録しています。

打者としても注目ですね。

秀岳館を選んだ理由

田浦文丸投手が中学2年のとき、ジャイアンツカップ決勝で対戦したのは、大阪・枚方ボーイズでした。

このチーム、どこよりもオーラがあったそうです。

ガタイの良さもあったのでしょう。

この枚方ボーイズを率いていたのが、鍛治舎監督です。

鍛治舎監督は、この年を最後に、秀岳館の監督になります。

そのため、枚方ボーイズの有力選手は、秀岳館へと進学することに。

田浦文丸投手は、このことに興味を持ちます。

田浦文丸投手の出身は、福岡県。

福岡県内には、「これだ」と確実に甲子園に行くと思える高校はなかったそうです。

ですから、田浦文丸投手は、進学の選択肢に福岡県内はありませんでした。

絞られた高校は、秀岳館かもっと遠い高校。

そこで、田浦文丸投手は、小学時代の監督と食事の際相談します。

「遠いところに行って甲子園に出るのもいいけど、親が応援に来られるところで甲子園を目指すのも親孝行だぞ」

この言葉で、秀岳館に決めたそうです。

結果的に、田浦文丸投手は秀岳館を選択して正解だったかもしれません。

入学時135キロ程度の球速は、最速144キロまで伸びました。

これは、「力を入れて投げるよりも力を抜いて、リリースの所だけを意識して投げる」という投げ方を覚え、バランスの良い筋力を付けたことにより得たものです。

また、寺島投手から「ウェイトを握って、落として、つかむのを繰り返すトレーニング」を教えてもらった成果もあります。

秀岳館の『監督の存在』と『環境』が良かったのでしょうね。

ちなみに、鍛治舎監督はかつて高校野球解説でお馴染みの方でした。

独特の語り口が印象的な方です。

秀岳館出身プロ野球選手(出身シニアも紹介)

近年、秀岳館出身のプロ野球選手が増えています。

出身シニアを含め紹介します。

  • 国吉佑樹 投手 枚方ボーイズ-秀岳館-横浜ベイスターズ(2009年ドラフト育成1位)
  • 北之園隆生 外野手 秀岳館-読売ジャイアンツ(2013年ドラフト育成3位)
  • 藤吉優 捕手 福南ボーイズ-秀岳館-中日ドラゴンズ(2014年ドラフト育成3位)
  • 九鬼隆平 捕手 枚方ボーイズ-秀岳館-ソフトバンクホークス(2016年ドラフト3位)
  • 松尾大河 内野手 枚方ボーイズ-秀岳館-横浜ベイスターズ(2016年ドラフト3位)

枚方ボーイズ、多いですね。

糸島ボーイズ出身の田浦文丸投手のドラフトは、どうなるのでしょうか?

両親のおかげ?弟由亮君もすごい!twitterも紹介

弟の田浦由亮君も秀岳館のようです。

現在1年生。

投手をやっているみたいです。

田浦由亮君も、兄と同じ糸島ボーイズ出身。

昨年はショートとして、シニアで全国大会に出ています。

将来のドラフト候補ですね。

田浦由亮君の微笑ましいツイートです。

兄弟仲良さそうですね。

このような兄弟愛や野球の才能を開花させたことは、ご両親の教育の賜物なのでしょうね。

鍛治舎監督曰く

強力な2枚左腕を擁する秀岳館。

その2枚看板を、鍛治舎監督はこのように評しています。

川端健斗投手が「ちぎっては投げる力投派」なら、田浦文丸投手は「ゲームをしっかり作れる投手」。

※川端投手は、このような投手です。
川端健斗の背番号へのこだわりは?出身中学やドラフト進路も気になる

このように違ったタイプの投手を持っていれば、盤石ですね。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*