ヤマカガシに噛まれたら?特徴(見た目色)や生息地や死亡事故(例)を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

29日、兵庫県伊丹市荻野の若松公園で、小学5年の男児(10)が蛇に手首を咬まれました。

蛇は強い毒を持つヤマカガシ。

男児は、一時意識不明の重体でしたが、現在は意識が回復。

ヤマカガシについて、調査しました。

スポンサーリンク

29日の事故

時事通信の記事です。

 29日午後6時ごろ、兵庫県伊丹市荻野の若松公園で、近くに住む小学5年の男児(10)が蛇に手首をかまれた。男児は帰宅後に体調が悪化して病院に搬送され、一時意識不明の重体となった。現場の公園は住宅地内にあり、蛇は強い毒を持つヤマカガシとみられる。

 県警伊丹署などによると、男児は友人と遊んでいたところ、蛇に右手首をかまれた。帰宅後、出血が止まらず頭痛を訴えたため、午後8時10分ごろ救急搬送。その後意識不明の重体となったが、30日午後に意識が回復した。
 蛇は体長60センチほどとみられ、友人が捕まえ、リュックに入れた状態で男児の母親が預かった。母親が30日朝、「捕まえた蛇をどうしたらいいか」と同署に連絡した。
 日本中毒情報センターによると、ヤマカガシは水田に多く生息し、かまれると脳出血や急性腎不全で死に至る恐れがある。現場はJR福知山線中山寺駅から南東約1.5キロの住宅地内で、伊丹市を流れる天神川沿いにある。

引用元 JIJI.COM

男児は、意識が戻ったのは、不幸中の幸いです。

気になったのは、男児の母親が、ヤマカガシを朝まで自宅に保管していたこと。

この場合は、すぐに警察に連絡したほうがいいですよね。

※31日、ヤマカガシに咬まれた場所の訂正が報道されました。

 兵庫県警伊丹署は31日、同県伊丹市の小学5年の男子児童(10)が29日にヤマカガシとみられる毒蛇にかまれた場所は、市内の若松公園ではなく、北に2〜3キロ離れた同県宝塚市内の寺の参道だったと訂正した。

 同署によると、男児は友人ら計3人で蛇を捕まえに出かけていた。午前10時半ごろ、宝塚市切畑の宝教寺の参道で蛇を捕まえようとして男児が左手人さし指をかまれた。

 蛇は友人が捕獲してリュックサックに入れ、友人宅に連れ帰った午後1時ごろ、男児がもう一度蛇に触ろうとして今度は右手首をかまれた。その後、血が止まらなくなり、近くの若松公園に行って腕を洗うなどしたといい、公園でかまれたわけではないという。

 同署が友人に現場で説明を受け、判明した。男児は歩けるようになり快方に向かっているという。

引用元 毎日新聞

ヤマカガシの特徴

全長は60~150cm。

褐色の地に赤色と黒色の斑紋が交互に並んでいます。

ですが、体色は個体や地域によって大きく異なります。

斑紋がないものや、濃紫色の個体、全身が真っ黒な個体(黒化型)など多様で、識別するのは難しいと思います。

蛇を見たら、近づかないほうが無難かもしれません。

ヤマカガシの生息地

北海道と沖縄を除く日本全国に生息しています。

ヤマカガシは、カエルを主食としています。

そのため、里山の渓流近くや、水田、畑、河川林などに多く生息しています。

山あいの民家では、池に住み着いたカエルを狙って庭にヤマカガシが出現することがあります。

また、今回の事故のように、都市公園の緑地でも見かけます。

ヤマカガシの毒性や咬まれたときの症状

ヤマカガシは、かつて、無毒と考えられていました。

しかし、1972年、中学生が咬まれて死亡する事故が起きます。

そのときから、毒蛇として認識されるようになりました。

ヤマカガシの毒性は強力で、LD50(半数致死量)で比較すると、ハブの10倍、マムシの3倍の毒性があります。

毒性では日本一と言っていいかもしれません。

ヤマカガシには、ハブやマムシのように前歯に鋭い毒牙はありません。

上あごの奥歯の左右2本ずつが、毒腺につながっています。

ヤマカガシの毒は出血毒ですが、マムシやハブなどの出血毒とは異なります。

プロトロンビンの活性化(血液凝固作用)が主な作用です。

血管内に微小な凝固を発生させることで凝固因子を消費させ、逆に血液を止まらなくしてしまいます。

この作用は、フィブリノーゲンを大量に消費させることことがあり、ほぼなくなってしまうこともあります。

フィブリノーゲンは、血小板のように、出血の際、止血の一役を担います。

この成分が減ることで、出血が止まらなくなってしまいます。

そのため、ヤマカガシの毒は「溶血毒」とも呼ばれています。

ヤマカガシの毒には細胞を破壊する成分はありません。

そのため、腫れや痛みはほとんどありません。

咬まれたあと、数時間から1日ほど経過すると出血傾向が現れます。

全身におよぶ皮下出血、内臓出血がおこり、重篤な場合は急性腎不全や脳内出血を引き起こし、死に至ることもあります。

血栓が形成されて止血作用を失うことと同時に、血栓を溶かす作用が進むことで、毛細血管が多い鼻の粘膜や歯茎、消化器官、肺から出血、さらには全身皮下出血を引き起こします。

この出血と血栓が原因で頭痛が生じることもあります。

ヤマカガシの第2の毒腺

ヤマカガシの首には第2の毒腺があります。

頚腺と呼ばれる別種の毒腺です。

この毒液が目に入ると、結膜や角膜の充血・痛みが生じます。

そのあと、結膜炎や角膜知覚麻痺炎などの症状を引き起こします。

最悪の場合、失明することもあるとか。

ですから、間違っても、棒で、ヤマカガシの頭を叩かないようにしてください。

なお、最近の研究により、この頸腺の毒は、餌として食べたヒキガエルの毒成分(ブフォトキシン)を貯蔵したものであることがわかってきたとのことです。

ヤマカガシに噛まれたら?

咬まれたらすぐに、咬まれた箇所より心臓に近い箇所を軽く縛ります。

可能でしたら、毒素を吸引したほうがいいです。

水で、血を絞り出しながら洗浄するのもいいようです。

何れにしても、すぐに病院に行くべきです。

血清は、1984年の死亡例から試作品が作られ、2001年までに11例の重症例で使用されています。

死亡例は?

ヤマカガシに咬まれたことによる死亡例は、1972年に肺浮腫、1982年と1984年に脳出血による3例があります。

最近は、血清のおかげで死亡例は出ていないようです。

ヤマカガシはおとなしい

ヤマカガシは、実は、おとなしいヘビです。

手で触ったり踏みつけたりしない限り、咬むことは、まずありません。

見かけたら、逃げるべきですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*