徳山壮磨(大阪桐蔭)中学(姫路)ドラフト(プロ)は?高身長は家族譲り?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年夏の高校野球の大阪は、春の選抜準優勝校・履正社など強豪揃い。

その大阪で代表になったのが、選抜優勝校の大阪桐蔭。

大阪桐蔭の投手層は厚く、大阪大会では左右6人が登板。

なかでも、エース・徳山壮磨投手、本格派・柿本蓮投手、身長190センチの横川凱投手、最速147キロの根尾昴投手が軸。

今回は、徳山壮磨投手を紹介します。

スポンサーリンク

徳山壮磨投手のプロフィール

  • 名前:徳山壮磨(とくやま・そうま)
  • 生年月日:1999年6月6日
  • 出身地:兵庫県姫路市
  • 身長:183センチ
  • 体重:73キロ
  • シニア:兵庫夢前クラブ
  • 小学:姫路市立高岡小学校
  • 中学:姫路市立高丘中学校
  • 高校:大阪桐蔭高等学校
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打

小学3年からソフトボールを始めます。

中学は、兵庫夢前クラブに所属。

徳山壮磨投手の実績

大阪桐蔭では、1年秋から控え投手としてベンチ入り。

救援で2試合・2回を起用され、神宮準決勝では、当時自己最速タイ138キロを計測。

3年生・岩本悠生投手の肘痛発症を受け、翌2年の春の選抜では、背番号「10」として出場。

初戦・土佐高戦に9点差の9回表から登板し、完封リレーを完成させる無失点救援。

同年春の府大会で主戦を務め、合計31回2/3を30安打・9失点。

同年夏の府大会は、登板機会なし。

同年秋に主戦として近畿大会ベスト4。

10試合中7試合を先発し、48回1/3を43安打・防御率2.79。

初戦・平安戦では、7回を4安打・9奪三振で完封勝ち。

準々決勝・智弁学園戦では、4失点完投勝ち。

翌3年の春の選抜大会では、全5試合・内先発4試合・39回を35安打・42奪三振・8四死球・13失点で、5年ぶり日本一を達成。

145キロのストレートとスライダーを外低めに決め、制球力バツグンの投手としてプロから評価されます。

春から夏にかけては、走り込みによる下半身強化。

結果、バランスがよく下半身が使えるようになり、さらに球質を上げました。

今年の夏の府大会の通算成績は、5試合・39回を35安打・42奪三振・8四死球・13失点。

遠投は110メートル。

※追記:甲子園1回戦・米子松蔭戦成績は、先発7回を70球・2安打・8三振・無四死球・1失点・無自責点で勝利。
※追々記:甲子園2回戦・智弁和歌山戦成績は、先発9回を127球・12安打・4三振・1四球・1失点・1自責点で完投勝利。

投手としての特徴

深めのテイクバックを取り、開き早めに球持ち良く投げ込む長身右腕。

最速は147キロ。

ストレートは、常時130キロ台後半から140キロ台前半。

変化球は、120キロ台のキレの良いスライダー、120キロ台のフォーク、100キロ台の縦カーブ。

ストレートの伸び、制球力の良さが魅力。

内角球を見せ球にし、外低めにストレート、スライダーを決めます。

スカウトの評価

オリックス・谷口スカウト
「しっかり低めに投げられていた。出来上がっていますね」

阪神・畑山チーフスカウト
「大阪桐蔭の徳山君は履正社の竹田君同様に、試合を作れる投球ができる右腕と見ている。この日の最速は145キロと聞いたが、真っすぐのスピードが夏までにどれだけ上がるか、楽しみです」

過酷な寮生活

大阪桐蔭野球部は、3年間寮生活。

大阪府大東市の最寄り駅から車で約20分、携帯電話が『圏外』となる山奥に、寮と専用グラウンドがあります。

練習は週7日。

つまり、休みなし。

携帯電話の所持は禁止。

親とは、ほとんど連絡をとりません。

ですが、2カ月に1回『布団交換の日』があり、その日だけ親子が会えます。

その日は、親たちが、子供のために歯ブラシ、洗顔料などの生活用品を寮へ持参できる日でもあります。

また、親子の外食も許されます。

ただし、制限時間は2時間。

徳山投手のお母さん・利香さんは語ります。

「すしや焼き肉、子供たちが食べたいものを聞いて、親は店に予約を入れておくのです」

親は、久しぶりに子供に会うこの日、顔を見て泣き出したり、「頑張るんやで」と別れを惜しんだりするそうです。

このことについて、徳山投手のお母さん・利香さんは語ります。

「私は笑顔で寮まで送った後、車の中で大泣きしました。子も親も苦しい思いがある。家から通っている子とは、生活環境が全然違う。絶対に負けられないんです」

親にとっては、この状況、なかなか辛いですよね。

戦時中ようです。

これだけ苦労したら、確かに負けたくないですよね。

また、持参する品は事前申告制。

子供たちは寮の電話で「徳山壮磨です!タオル、歯ブラシをお願いします!」という風にフルネーム、敬語で要望を伝えます。

他の部員たちが電話を順番待ちしているため、最低限の用件しか話せません。

これでは、まさに、軍隊です。

あと、寮は外出禁止とのこと。

楽しみは1か月に1回の『コンビニ旅行』。

寮長らの引率でバスに乗り、近場のコンビニや大型スーパーに出かけるそうです。

予算は、1年生は500円、2年生は1000円、3年は1500円と予算が決められています。

OBの中田翔選手(現日本ハム)も、これらを経験しているでしょうが、よく耐えましたね。

全寮制の野球部は他にもありますが、大阪桐蔭の厳しさは別格です。

大阪桐蔭野球部の『自宅通学の学校に負けてなるものか』という執念は、すごいみたいですよ。

これだけ自分を犠牲にしていれば、納得です。

おわりに

徳山投手は、今大会、どこの学校も成し遂げたことがない史上初となる2度目の春夏連覇に挑みます。

また、5年前に春夏連覇した藤浪晋太郎投手(現阪神)ができなかった全試合完投をやってみたいそうです。

そのために、走り込みを増やして、体力アップを図ったんですね。

徳山投手の高校野球生活の集大成として、ぜひ、成し遂げてもらいたいです。

※この記事を読んだ方は、下の記事も読まれています。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*