東京都福祉保健局職員男性課長補佐顔画像名前と病院名前は?医師紹介副業詐欺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都福祉保健局に勤める50代の男性課長補佐が、医師の紹介を約束して横浜市内の民間病院幹部から200万円余りの現金を受け取っていたことが8日、わかりました。

しかし、実際には医師の紹介はなく現金も返済されていないようです。

スポンサーリンク

何があったのか?

産経新聞の報道です。

 東京都福祉保健局に勤める50代の男性課長補佐が、医師の紹介を約束して横浜市内の民間病院幹部から200万円余りの現金を受け取っていたことが8日、関係者への取材で分かった。しかし、実際には医師の紹介はなく現金も返済されていない。病院幹部から情報提供を受けた都は、地方公務員法の兼業禁止規定などに違反する可能性があるとみて課長補佐から事情を聴いており、処分を検討している。都の調査に、課長補佐は事実関係をほぼ認めているという。

 関係者によると、医師補充を計画していた病院幹部は今年2月、課長補佐に接触。その後、課長補佐は病院幹部から手付金や経費などとして計200万円余りを受け取ったが、医師は派遣されず、返金もされていないという。

 都福祉保健局によると、都が特定の医療機関に医師を派遣・紹介する制度はない。都の担当者は「事実であれば地方公務員法の兼業禁止や職務専念義務に違反する可能性がある」と指摘。「詐欺など刑法に抵触する可能性が出てくれば、警視庁に情報提供したい」としている。

引用元 産経新聞

病院は、医師不足で困っていたのでしょう。

そこで、課長補佐に接触のようですが、これは、東京都に相談したのか、課長補佐個人に相談したのか。

都に相談でしたら、手付金や経費で請求されることはないでしょうから、このようなことはなかったでしょう。

そもそも、都には、医者を紹介や派遣する制度はありませんし。

ということは、個人に相談したのでしょうね。

この時点で、課長補佐は副業をしているので、兼業禁止や職務専念義務の違反となります。

さらに、課長補佐は、金だけもらい、医者を紹介も派遣もしませんでした。

そして、返金もしていません。

これは、詐欺ですよね。

また、課長補佐は、都内の別の病院に医師を紹介するなどとして、現金の支払いを求めていたようです。

余罪は、かなりあるかもしれません。

スポンサーリンク

課長補佐は誰?

課長補佐の顔や名前は、公表されていません。

余罪もあるようですので、福祉保健局の中でも、病院に顔が利き、有名な人物だったのではないでしょうか。

自分の地位を利用し、病院の弱みにつけ込んだ、卑劣な犯罪。

金の使い道は何だったのでしょう。

返金しないということは、もう一銭も残っていないかもしれません。

依頼した病院はどこ?

今回発覚したのは、横浜市内の民間病院とのことです。

昨今、医者の過剰労働が指摘され、問題になっています。

そういった対策をするため、医者探しが必死だったのかもしれません。

また、他の病院から、課長補佐が紹介してくれるといった話しを聞いた可能性もあります。

ですが、病院側も公務員の副業禁止は知っていたはず。

にも関わらず、このような依頼をするのは、いかがなものでしょうか。

おわりに

楽して儲かる術を見つけてしまった課長補佐。

しかし、詐欺行為をし、恨みを買えばバレるに決まっています。

世の中、医者が余っているわけではないので、紹介するにも限界があるので、無理があったのかもしれません。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*