豊田真由子が痴呆症や白痴の差別用語?松森秘書も罵倒?元秘書音声で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊田真由子議員の差別用語を連発する音声が、公開されました。

指導する立場の国会議員が、人をバカにする言葉として、このような言葉を言っていいのでしょうか?

スポンサーリンク

差別用語連発音声

週刊新潮の報道です。

 「週刊新潮」報道から2カ月半あまりの沈黙を破り、月刊『文藝春秋』10月号で騒動について語った豊田真由子代議士(42)。元秘書の証言、そして未公開データから、豊田氏の告白を検証した。

 「最初から最後まで、要は『私は悪くない、政策秘書にとんでもないミスを連発されてしまった結果だ』という言い訳に終始しています。自分を省みる視点が欠落していると感じました」
 と、件の記事の感想を語るのは、“ハゲ”と罵倒され暴力を振るわれた当の元政策秘書の男性である。

 告白記事での豊田氏の主張は、概ね、“政策秘書はミスを繰り返す男性だった”“当初は我慢していたものの、〈パニック〉(『文藝春秋』より)になって、ついつい罵倒し、殴った”“悪いのは政策秘書だ”ということになる。
 “ミスを繰り返したから”という点についても政策秘書の男性は反論するが、
「百歩譲ってそれが事実だとしても、パニックになって殴る蹴るといった暴行を働くような人が、本当に国会議員を続けて大丈夫なのか、ということになるとも思うのですが……」(同)

 そもそも豊田氏の罵倒の対象となっているのは彼だけではない。編集部が入手している音声データには、豊田氏のこんな発言も収められている。
〈自分はのうのうと何百万もらっといて、松森もすごいねえ!〉
〈痴呆症か! それもそれでジジイとババアで!!〉
 ここに登場する“松森”“ババア”とは、豊田事務所の「新政策秘書」として一時話題になった青森県板柳町議・松森俊逸氏の妻のこと。事務所の公設第一秘書を務め、その夫も秘書として採用されたほど“重用”されている松森秘書に対しても、この罵りようなのだ。政策秘書のミス云々という豊田氏の理屈が成り立ち得ないことはお分かり頂けるだろう。

引用元 デイリー新潮

豊田議員の『私は悪くない、政策秘書にとんでもないミスを連発されてしまった結果だ』といった言い訳で、納得している人はいないでしょう。

他にも、我を見失ったかのような発言もありましたが、そんな状態で人をおちょくるような歌は歌わないですよね。

どうせ言い訳するなら、もっとまともな言い訳ができないものでしょうか。

幼稚すぎますね。

また、松森公設第一秘書に対しても、罵倒していたようです。

松森秘書は、病気などと言ってふさぎ込んでいる豊田議員に代わり、たった一人でお詫び行脚をしている人物。

そこまでやってくれる人を、罵倒していたとはちょっと信じがたいですね。

豊田議員は、どれほど自惚れているのか。

一番気になったのは、音声の中にある「白痴」「痴呆症」。

この言葉は、人をバカにする上で言ってはいけない差別用語。

豊田議員の中では、差別は当たり前なのかもしれません。

そうじゃないと、秘書に対し、自然にこのような言葉はでないでしょう。

国会議員の前に、人間として疑います。

スポンサーリンク

「白痴」「痴呆」は差別用語なのか?

2004年、厚生労働省は、『「痴呆」に替わる用語に関する検討会』で、「痴呆」という用語は、『侮蔑的な表現である』と結論づけています。

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/12/s1224-17.html

また、この検討会で『「痴呆」の実態を 正確に表しておらず、早期発見・早期診断等の取り組みの支障となっ ていることから、できるだけ速やかに変更すべきである』とし、「痴呆」に替わる新しい用語として「認知症」を定めました。

「痴呆」が「認知症」になった経緯は余談でしたが、それほど「痴呆」という言葉は、厚労省が問題にするほど、強烈に人を侮辱する表現するんですね。

「痴呆」の意味は、広辞苑では「いったん個人が獲得した知的精神的能力が失われて、元に戻らない状態」とされています。

「白痴」は、「知能の程度がきわめて低いこと」です。

簡単に使ってはいけない言葉なんですね。

おわりに

豊田議員は、これまでの言い訳はもう通用しないでしょう。

人を侮辱することに何とも思わない人間が、法律を作るような国会議員などできるわけがありません。

一から出直したほうがいいと思います。

こんな状態で、自民党の他の議員は、どんなアドバイスをしているのでしょうか。

この記事を読まれている方は、こちらの記事も読まれています。

豊田真由子は嘘つき?釈明会見と新潮回答書が違う?暴言まとめも

豊田真由子議員を擁護!?河村元官房長官が「かわいそう」とコメント

元事務局長ついに認める!豊田真由子議員の元秘書暴行報道に対し

豊田真由子議員が都議会選控え離党届提出!安倍首相「やむを得ない」

豊田真由子議員が秘書を暴行!座右の銘とは真逆のモンスター

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*