豊田真由子議員が都議会選控え離党届提出!安倍首相「やむを得ない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自民党の豊田真由子衆院議員(42)が、やっぱり離党届を出しました。

6月23日は東京都議会選挙の告示です。

告示前に自民党は事態を収拾したかったのでしょう。

で、豊田真由子議員は、議員を辞めないのか?

現在入院してるみたいなので、辞職するかはまだ先の話のようです。

スポンサーリンク

結局、都議選だから豊田真由子議員を離党

6月23日の東京都議会選挙の告示前の不祥事発覚。

自民党としては、豊田真由子議員に離党してもらうしかありません。

当然、21日夜から自民党内でこんな声が。

「傷口が広がらないうちに早く離党させるべきだ」

でも、離党させたからといって、都議会選の影響はさけられるのでしょうか?

自民党執行部は、豊田真由子議員に離党を促したと報道されています。

自民党の方から率先して離党させたと言ったとすれば、自民党にとって見栄えがいいと思っているのでしょうか?

このブログでもお話しました。

新人議員の教育ができていません。

この事実は、有権者の誰もが思うところでしょう。

その根本を是正しない限り、自民党の株は下がる一方だと思います。

  • 今は、他にいい政党がない。
  • 都民ファーストの会もちょっとおかしくなってきた。

こんな理由で、自民党が選ばれているのが現状だと思うのですが。

自民党は、不祥事だらけで必死

当選2回の議員、つまり安倍チルドレンの不祥事が止まりません。

思い浮かぶだけでも、これだけあります。

  • 「未公開株の金銭トラブル」「議員宿舎への男性の連れ込み疑惑」の武藤貴也代議士
  • イクメンを高らかに宣言し、妻が妊娠中に浮気をしていた宮崎謙介元代議士
  • ヘイト発言の山田賢司代議士

豊田真由子議員も安倍チルドレンです。

さらに、自民党は、加計学園、森友学園と問題が山積です。

自民党は、巻き返せるのでしょうか?

巻き返す方策は練っているのでしょうか?

豊洲市場移転問題に終始するつもりなのでしょうか?

都議選がなかったら、豊田真由子議員の処分をどうしていたのか?

都議会選がなかったら、豊田真由子議員の処分はどうしたのでしょうか?

事態が事態なので、離党させたかもしれません。

では、自民党の議員数が、これほどいなかったらどうしたでしょうか?

また、豊田真由子議員ご本人が入院しているこの状況でも、都議会選とは関係なく、このスピードで離党させたでしょうか?

下村博文幹事長代行から、豊田真由子議員の離党届提出の報告を受けて、安倍首相は「やむを得ない」とおっしゃったみたいです。

安倍首相は、腸が煮えくり返っていると思います。

今は、議員数さえ確保できれば、どのような人物でも議員にしてしまう傾向にあります。

今回は、そのツケでしょう。

豊田真由子議員のおかげで、自民党はさらに追い込まれました。

野党は、チャンスです。

ですが、今の野党では、巻き返せないのは難しいでしょうね。

※豊田真由子議員事務所のインタビュー内容です。


※河村元官房長官発言についてはこちら。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*