アカカミアリが名古屋港で発見!症状や対処法は?ヒアリより怖いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12日、名古屋港で「アカカミアリ」が発見されました。

で、発見した男性が、両手首を数カ所を刺されたとのこと。

幸い、症状は軽かったのですが、今年はなぜこんなにアリ騒ぎが多いのでしょうか?

スポンサーリンク

アカカミアリが、名古屋港飛島ふ頭で発見

ただでさえヒアリで敏感になっているのに、今度はアカカミアリです。

愛知県は12日、名古屋港飛島ふ頭(同県飛島村)で毒を持つ外来種のアリ「アカカミアリ」が見つかり、その際、発見者の男性作業員が両手首を数カ所刺された、と発表した。見つかった個体は58匹。男性は病院で治療を受け、症状は軽いという。

県によると、アカカミアリは、飛島ふ頭に陸揚げされたコンテナの外側にいた。コンテナは1日、フィリピン・マニラ港を出航し、9日に名古屋港に到着。作業員は同日夕、コンテナの陸揚げ作業時にアカカミアリを見つけ、両手首を刺された。現場ではアリ58匹が見つかり、殺虫剤で全て駆除したという。

 環境省によると、アカカミアリはヒアリの近縁種で、米国南部~中米原産。国内では小笠原諸島の硫黄島や沖縄本島などに定着し、特定外来生物に指定されている。攻撃的で刺されると激しい痛みが生じるが、ヒアリに比べると毒性は弱いという。

引用元 朝日新聞デジタル

アカカミアリとヒアリは、見た目がそっくりです。

微妙に毛が生えているのがアカカミアリとのこと。

刺された方は、軽症で良かったですよね。

アカカミアリは、ヒアリに比べると毒性は弱いとのこと。

ヒアリに刺されていたとしたら、大変でした。

数カ所刺されたといいますからね。

コンテナは、フィリピン・マニラ港からのもの。

出先の港で、コンテナ内のアリの確認なんてできないでしょうから、これを防ぐ方法は難解です。

6月にも見つかっていた

実は、アカカミアリは、6月に神戸港と大阪南港でも見つかっています。

なぜ、今年になってこんなに見つかるのでしょうか?

また、以前に、東京都では、硫黄島で見つかっているとのこと。

他では、沖縄本島、南鳥島、伊江島でも見つかっています。

刺されたときの症状は?

東京都環境局によると、

  • 刺されると、アルカロイド系の毒によって非常に激しい痛みを覚え、水泡状に腫れる。
  • さらに毒に対してアレルギー反応を引き起こす例が、北米だけでも年間で1500件(本種を含めた“fire ant”全体の件数)近く起こっている。
  • また、1996年に沖縄島の基地において、本種に刺された米軍兵が強度のアナフィラキシーショックを引き起こした例が知られている。

引用元 東京都環境局

ヒアリの症状と似てますね。

やっぱり怖いのは、アナフィラキシーショック。

アナフィラキシーにより、血圧の低下や意識障害などを引き起こして、場合によっては命の危険もあります。

幸い、国内では、亡くなった方はいないようですが。

しかし、用心は必要ですよね。

対処法は?

同じく、東京都環境局によると、

  • 殺虫剤(スプレーでも良いが、液剤が望ましい)を散布する。
  • 熱湯をかける。
  • ベイト(毒餌)剤を使用する。

熱湯といっても、アカカミアリを見つけたら、お湯を沸かす時間なんてありません。

日頃から、殺虫剤の用意が必要かと思います。

以前から運ばれてきていた?

これだけアリのニュースが多いと、以前から、アカカミアリやヒアリは、コンテナに乗って、運ばれてきていたのではないかと思ってしまいます。

今年だけっておかしいですよね。

※ヒアリの過去の記事もご覧ください。
殺虫餌遅すぎ(手遅れ)では?やっと68港にヒアリ防除作業をする政府
春日井でヒアリ!以前から定着・繁殖?どこにでも生息してそうな勢い
ヒアリが中国のコンテナからまた見つかる!中国のヒアリ事情は?
ヒアリ防除に天敵利用?ついに女王アリが大阪港で見つかる

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*