佃明典顔画像住所とマニュアル内容は?大平剛史補佐役クレーンゲーム詐欺指導

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレーンゲーム機を景品が取れない設定にして客から現金をだまし取ったとしてゲームセンター運営会社の社長ら6人が詐欺容疑で逮捕された事件で、大阪府警は25日、社長の補佐役で従業員の指導をしていた佃明典(つくだ・あきのり)容疑者(30)を同容疑で新たに逮捕したと発表しました。

佃容疑者は「旅行者を狙わせた」と供述しています。

スポンサーリンク

どのような事件か?

事件内容や大平剛史容疑者、ゲームセンターや運営会社アミューズメントトラストの場所についてはこちらをご覧くさい。

大平剛史容疑者の顔画像や住所は?ゲームセンターや運営会社アミューズメントトラストの場所はどこ?「ぼったくりゲーセン」で有名だった?

毎日新聞の25日の新たな報道です。

 クレーンゲーム機を景品が取れない設定にして客から現金をだまし取ったとしてゲームセンター運営会社の社長ら6人が詐欺容疑で逮捕された事件で、大阪府警は25日、社長の補佐役で従業員の指導をしていた佃(つくだ)明典容疑者(30)=大阪市中央区松屋町=を同容疑で新たに逮捕したと発表した。佃容疑者は「旅行者を狙わせた」と供述しており、府警は、被害申告しづらくトラブルになりにくい観光客が主に狙われたとみている。

 逮捕容疑は今月上旬、社長の大平(おおだいら)剛史容疑者(33)らと共謀し、大阪市内の2店舗で、景品が取れない設定にしてあるゲーム機で遊ばせた女性客計4人から料金計約47万円をだまし取ったとしている。「間違いない」と容疑を認めているという。

 保安課によると、従業員の指導マニュアルは大平容疑者の指示で佃容疑者が作ったとみられ、客にどこから来たかを尋ね、3回まで無料のサービス券を渡した上で、だます手順が記されていた。まず、無料で遊ばせたうえ、500円程度から挑戦させ、失敗を続ける客に「これまでの景品を全部あげる」などといって、景品を積み増し、料金を1万円までつり上げていく手法だったとみられる。

 これまで把握された被害者は東北から九州の16都府県の36人だったが、23日の逮捕後、新たに80件以上の被害相談が寄せられた。最高で、府内の女性が165万円使っていたという。府警は23日の家宅捜索で5店舗から計約4400万円や12台のゲーム機を押収。被害はさらに広がる可能性があるとみて調べる。

 府警は25日、両容疑者ら7人を送検した。

引用元 毎日新聞

新たに佃容疑者が逮捕されました。

佃容疑者は、大平容疑者の補佐役で、従業員を指導していたとのこと。

「旅行者を狙わせた」と供述しています。

警察は、被害申告しづらくトラブルになりにくい観光客が主に狙われたとのこと。

「ぼったくりゲーセン」で話題になっていたこともあり、地元ではなく旅行者を狙ったのも考えられます。

従業員の指導マニュアルは、大平容疑者の指示で佃容疑者が作ったようです。

マニュアルには、「利用客がどこから来たか確かめる」「客には3回まで無料のサービス券を渡して遊ばせる」「帰ろうとしたら景品を上乗せして引き留める」などと記載されていたといいます。

手法は、最初に、無料で遊ばせ、500円程度から挑戦させ、失敗を続ける客に「これまでの景品を全部あげる」などといって、景品を積み増し、料金を1万円までつり上げていくというもの。

クレーンゲームで、いきなり高額を使う人間が少ないので、麻痺させるための手法と思われます。

店員は、「帰りたい」という客に対し、「あなたに足りないのは精神力」などと言い、ATMで現金をおろしてくるよう迫って続けさせていたこともわかっています。

佃容疑者は「(大平容疑者の)指示を受け自分が作った」と容疑を認めています。

わかっている被害総額は600万円にのぼるといわれていますが、実際の金額は計り知れません。

スポンサーリンク

佃容疑者とは?

こちらが佃容疑者です。

住所は、大阪府大阪市中央区松屋町。

160万円つぎ込んだ被害者も

2日間続けて通わされ、最終的に計160万円をだまし取られた客もいたそうです。

25日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、ゲームに子どもの教育費160万円をつぎ込んでしまった30代女性が登場した。

番組では、大阪市のゲーム運営会社がゲームセンターに設置したクレーンゲームで景品が取れないように細工し、客から大金をだまし取っていたニュースを取り上げた。そこで阿部祐二リポーターが、この「クレーンゲーム詐欺」の被害を訴える女性に話を聞く。

女性はゲームセンターにほとんど入ったことがなかったが、トイレを借りるために入店。借りたからには1回遊ぼうと、1回500円のクレーンゲームに挑戦した。すると、女性店員がずっと横について、「惜しい!」などと何度も励ましてきたとか。失敗が続くと、「次じゃあ、もっと簡単なのに挑戦してみる?」と別の1回2000円のクレーンゲームを勧めてくる。

しかし、無料の練習では成功したが、本番になると1回も入らなくなった。店員はゲームの扉をしきりに開け閉めしており、設定を変えていた可能性があったという。手持ちのお金がなくなると、店員は「もったいない」「何にも返ってこない」とあおり、ゲーム機など高額なおまけをつける、それを売れば元が取れるなどといい、今度は1回1万円のゲームに誘導。焦った女性は、ATMで何度もお金を下ろし、1日で35万円も使ったとか。

女性は、店員が一緒にクレーンゲームのガラスを叩いて「落ちろ!」と言うなど、親身に心配してくれたと感じ、翌日も同じゲームセンターに。結局、女性は2日で、3人の子どもの教育費として貯めていた合計160万円をつぎ込んでしまったという。

その後も、店員と連絡先を交換させられ、来店を促すメッセージが執拗に届いた。知人に相談したところ、だまされていると指摘され、23日のニュースを見て24日、警察に相談に行ったとのこと。

阿部リポーターによると、女性は160万円つぎ込んだことに「今持って、あのとき、なんであのような心境になったのか、わからない」と漏らしていたそうだ。

引用元 トピックスニュース

スポンサーリンク


女性は、ゲームをほとんどやらないのに、たまたまトイレを借りるために入店したとのこと。

借りたからには1回遊ぼうという、女性の情が悲劇を生んでしまいました。

店員は、損を取り返そうという深層心理を悪用し、言葉巧みに騙しています。

女性は2日で、3人の子どもの教育費として貯めていた合計160万円をつぎ込んでしまったといいます。

にも関わらず、店員は来店を促すメッセージを執拗に送っていたようです。

全てを吸い取るつもりだったのでしょうか。

鬼畜ですね。

おわりに

大平容疑者は約3年前に新世界に店を出して以来、その後京都やミナミなどに相次いで出店しています。

2015年から、ぼったくりの被害相談があったようです。

疑問なのは、絶対に気品がとれないようクレーンゲーム機は、誰が作ったのでしょう。

メーカーなのか、大平容疑者なのか?

スイッチ1つで、操作していたようです。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*