上田悠貴厳選の通販で購入できるそうめんや口コミは?流し素麺セットも気になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界流しそうめん協会会長・上田悠貴さん(31)が最近話題です。

度々テレビにも出演していますよね。

そうめんを熱く語る上田悠貴さんとは、どのような人なのか?

また、そうめんの目利きが厳選するそうめんとは?

スポンサーリンク

上田悠貴のプロフィール

  • 名前:上田悠貴(うえだ・ゆうき)
  • 生年月日:1986年5月14日
  • 出身地:大阪府枚方市
  • 所属:世界流しそうめん協会・会長
       NPO法人日本農林再生保全センター・理事長
       KIWAMI百貨店
       食農連携コーディネーター(FACO)

食に関する活動を、たくさんやっている方です。

この中でも、そうめんについては熱いようですね。

世界流しそうめん協会では、流しそうめんセットを販売も

上田さんが会長をやっている「世界流しそうめん協会」。

こちらの協会は、2012年1月に設立しています。

協会概要です。

  • 名称:世界流しそうめん協会
  • 所在地:〒610-0301
        京都府綴喜郡井手町多賀西北ノ代52-5(NPO法人JAFREC内)
  • 設立:2012年1月
  • 役員:会長・上田悠貴
       副会長・西田圭太
       顧問・折原秀樹
  • 連絡先:TEL : 050-3553-0774
        FAX:050-3737-4034
     ※会長直通:090-9694-4247
  • メール:info@nagashisoumen.com
  • ホームページ:http://nagashisoumen.com/

活動目的は、こちら。

世界流しそうめん協会は子どもから大人までが楽しめる「流しそうめん」をもっと多くの方に知ってもらい身近に感じてもらうことを目的に設立しました。

また世界的にもほとんど例がない「めんを水で流す」という行為そのものも日本の文化として世界に向けて発信していければと考えております。

麺というものは、形が違っても世界中にあります。

そうめんは、日本を代表する麺の一つです。

ましてや、麺を流すなんて、確かに世界に類を見ないかもしれません。

このような伝統を世界に発信することは、文化交流としていいことですよね。

次は、活動内容です。

  • 流しそうめんイベントの運営(出張流しそうめん)
  • 流しそうめんイベントの企画・監修(テレビ番組やまちおこしイベントなど)
  • 流しそうめんセットの製造・販売
  • 流しそうめん関連商品の開発・販売
  • 流しそうめんの普及啓発

イベント運営として、全国各地に行っているみたいですね。

また、流しそうめんセットやTシャツなどの販売もしています。

こちらは、お手軽な流しそうめん機です。

また、「流しそうめんをしたいけど、麺を茹でるのが面倒」という方のために、世界流しそうめん協会が推薦するのが、こちらのそうめん。

水でほぐすだけなので、とっても楽です!

TBS「マツコの知らない世界」で放送

25日、TBS「マツコの知らない世界」に上田さんが出演します。

そこでは、そうめんについて、思いを語るそうです。

上田さん厳選のそうめんも紹介するみたいですよ。

明日よる8時57分から放送の「マツコの知らない世界」ぜひご覧ください!今回は、身近だけどあまり知られていない「素麺の違い」についてお話しさせていただきました。もちろん産地や原材料、形などの違いはありますが、一番に知っていただきたいのは…

流しそうめんを世界に発信する「世界流しそうめん協会」さんの投稿 2017年7月24日

そうめんは、漢字で書くと「素麺」。

素麺について語ろうとすればこんなところでしょうか。

  • 素麺は、「手延素麺」と「機械素麺」がある
  • 日本農林規格(JAS規格)の『乾めん類品質表示基準』では、機械麺の場合、素麺の麺の太さは直径1.3mm未満とされている
  • 流し素麺は、宮崎県の高千穂峡(1959年創業)が商業化としたのが発祥と言われている
  • 流しそうめんのギネス記録は、2016年8月27日に奈良県御所市での3317.7メートル

そうめんについて語り出せば、たくさんありますね。

番組内では、そのあたりの話が出るのでしょうか?

上田悠貴厳選のそうめん紹介!口コミも

上田さんが、「日本一」というそうめんはこちら。

この「日本一」とは、『長い』『短い』『太い』『細い』といった形状が特徴の、上田さんがオススメのものです。

おわりに

暑い日、食欲がないときは、そうめんですよね。

今年は、一風違ったそうめんをいかがでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*