手塚通 斎藤博之 斎藤健輔の顔画像住所!ビ・ブライト宇都宮障害者施設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木県宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者の男性(28)が重傷を負い、職員ら2人が傷害容疑で逮捕された事件で、栃木県警は4日、手塚通(てづか・とおる)(69)、斎藤博之(さいとう・ひろゆき)(58)、斎藤健輔(さいとう・けんすけ)(56)の3容疑者を証拠隠滅容疑で逮捕しました。

また、手塚、斎藤博之両容疑者は同県警OBで、事件の内部調査を担当していました。

スポンサーリンク

なにがあったのか?

これまでの事件内容については、こちらをご覧ください。

宇都宮障害者支援施設で腰の骨を折るなど暴行事件!運営会社・瑞宝会と施設・ビ・ブライトの場所はどこ?

松本亜希子と佐藤大希の顔や住所は?宇都宮障害者施設で暴行!

また、今回の3容疑者について、毎日新聞の記事です。

 宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者の男性(28)が重傷を負い、職員ら2人が傷害容疑で逮捕された事件で、栃木県警は4日、暴行の内部調査資料を処分したとして、新たに同施設を運営する社会福祉法人「瑞宝会」職員の宇都宮市陽南2、手塚通(69)▽同県大田原市末広3、斎藤博之(58)▽宇都宮市南大通り2、斎藤健輔(56)の3容疑者を証拠隠滅容疑で逮捕した。手塚、斎藤博之両容疑者は同県警OBで、事件の内部調査を担当していた。

 逮捕容疑は、3人は共謀し、4月18日、施設内で起きた傷害事件の証拠となる調査書面を廃棄し、隠滅したとしている。

 県警捜査1課などによると、手塚、斎藤博之両容疑者は、瑞宝会のCSR(企業の社会的責任)部門で働いていた。斎藤健輔容疑者は当時、ビ・ブライトの施設長を務め、瑞宝会が運営する別の施設(栃木市)に勤務していた。

 施設内には防犯カメラ5台が設置されていたが、いずれも事件前後約3週間分の映像が消えており、県警は故意に消去されたとみている。瑞宝会は県警に対し「以前から録画できていないことがあった」と説明している。

 これまでに男性に暴行して腰の骨を折るなどの重傷を負わせたとして、ビ・ブライトで職員補助をしていた佐藤大希被告(22)と、同施設に勤務していた松本亜希子被告(25)は傷害容疑で逮捕、同罪で起訴されており、2人は「言うことを聞かずに腹が立った」などと供述。日常的に暴力を振るっていたことも認めているという。

 瑞宝会によると、松本被告は男性が大けがをした際、内部調査に暴行を否定していた。

引用元 毎日新聞

瑞宝会のCSR(企業の社会的責任)部門で働いていた手塚、斎藤博之両容疑者は、栃木県警OB。

手塚容疑者は平成21年の定年退職後、斎藤博之容疑者は23年の依願退職後、それぞれ同法人職員となりました。

全く世間をなめきっていますね。

これでは、栃木県警の体質を疑ってしまします。

隠蔽が、当たり前になった体質なのではないでしょうか。

施設では、ことし4月、当時の職員・松本亜希子被告らが、入所者の男性を40分近く殴る蹴るなどし、大けがをさせた罪で起訴されています。

2人は「言うことを聞かずに腹が立った」などと供述し、日常的に暴力を振るっていたことも認めているとのこと。

実は、この暴行シーンを目撃した職員がいます。

暴行を目撃した施設元職員は「佐藤被告が(被害者を)蹴る姿を目撃し、その後、松本被告が2回続けて蹴る姿を目撃しました。(被害者は)ずっと泣きながらごめんなさいと言っている状態を目撃しました」。

他の施設元職員は「一枚の紙に自分が見たことはだいたい書いて施設長に提出しました。(手塚容疑者らは)『この話は誰にも言わないでくれ』と。『今度警察が来るから』というふうに聞きまして、あっ、これは口止めだなと」と話をしています。

さらに、違う元職員によると、手塚容疑者は職員が書いた暴行の報告書をシュレッダーにかけるよう指示していたようです。

「4月18日ですね。手塚容疑者から電話いただいてメモと写真を処分するようにと指示がありました。その後すぐ、自分がメモをおそらくシュレッダーにかけて処分したという流れですね。(証拠隠滅の指示という認識もあった?)そうですね、はい」

また、施設内には防犯カメラ5台が設置されていましたが、いずれも事件前後約3週間分の映像が消えています。

これについて、手塚容疑者は先月13日、次のように説明していました。

「(警察に)防犯カメラの説明をして映したら、映像が消えていた。録画されていなかったんです」

手塚容疑者の指示により、防犯カメラの映像が意図的に消去された可能性があります。

なお、事件当時の施設長だった斎藤健輔容疑者について、認否を明らかにしていません。

「瑞宝会」は、これまで松本被告らの逮捕まで暴行は知らなかったと説明しています。

警察は、組織的な隠ぺいがあったとみて調べているとのことです。

逮捕を受け、同会の土屋和夫理事長(59)は「街角に制服姿の警察官がいるだけでビシッとなる。元警察官なので抑止力になると思っていた。怒り心頭を通り越している。被害者の家族に対して本当に申し訳ない」と話しています。

この事件に関わっている人物は、これだけでしょうか。

もっと根が深い気がします。

スポンサーリンク

3容疑者について

手塚容疑者はこちらです。

住所は、栃木県大田原市末広3丁目。

斎藤博之容疑者はこちらです。

住所は、栃木県宇都宮市南大通り2丁目。

斎藤健輔容疑者はこちらです。

おわりに

栃木県警OBが、隠蔽の主犯格という異例の事件。

この先、どうなるのでしょう。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*