菊地チヱ子さんスズメバチ襲撃場所は?防護服ないときの方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛県大洲市長浜町穂積で9月11日、電動車いすに乗っていた女性(87)がスズメバチに刺され、翌日に死亡していたことがわかりました。

多数のハチに長時間にわたり約150カ所を刺され続けたそうです。

スポンサーリンク

なにがあったのか?

朝日新聞の報道です。

 愛媛県大洲市長浜町穂積で9月11日、電動車いすに乗っていた女性(87)がスズメバチに刺され、翌日に死亡していたことがわかった。多数のハチに長時間にわたり約150カ所を刺され続けたという。

 大洲地区広域消防事務組合消防本部などによると、女性は同日午後4時ごろ、市内の福祉施設から帰宅する途中、同行した施設の男性職員とともに女性の自宅近くの空き家付近でハチに襲われた。まず同行職員が刺され、女性の車いすを約1メートル動かしたが、周囲に多数のハチが現れ、「一人では助けられない」と判断して施設に連絡。その間に多数のハチが女性に群がる状態になった。施設関係者数人が駆けつけて女性に雨具をかぶせようと試みたが、救助は難航したという。

 午後4時15分ごろに救急隊員3人が駆けつけたが、救急隊員は防護服などがなかったため、レスキュー隊員の出動を要請。同45分ごろにはハチが少なくなり、救急隊員が女性を救助して病院に運んだが、翌日、多臓器不全で死亡した。現場は山間部。空き家の軒下にスズメバチの巣があった。

 同消防本部は「通報内容からハチに刺された状態が続いているとは思わなかった。正確な情報収集を再度徹底したい」としている。

引用元 朝日新聞デジタル

あまりに痛ましい事故です。

この女性は、菊地チヱ子さん。

11日午後4時ごろ、菊地さんは、デイサービスから帰宅途中、施設の男性職員と、自宅近くの空き家付近でスズメバチに襲われました。

まず、男性が刺されたスズメバチに刺されます。

そして、多数のスズメバチに現れて、「一人では助けられない」と判断し、施設に助けを連絡。

駆けつけた施設関係者数人で、菊地さんを助けようと雨具を被せようとしましたが、難航したようです。

午後4時15分ごろ、救急隊員3人が駆けつけますが、防護服などがなかったため、レスキュー隊員を要請。

午後4時45分ごろ、スズメバチが少なくなり、菊地さんを救出しますが、翌日亡くなりました。

菊地さんは50分ものあいだ、スズメバチに刺されていたということになります。

刺されたのは、150箇所に及ぶそうです。

菊地さんは、辛く苦しかったと思います。

なぜ、救急隊は防護服を持参していなかったのか。

消防本部は「通報内容からハチに刺された状態が続いているとは思わなかった」「「通報時は既に安全な場所にいると判断した」と話しています。

消防には、過去にこういった事例が、なかったのかもしれません。

今後は、最悪の場合を想定し、防護服やハチに対する知識など、検討が必要と思います。

また、役所などでは、スズメバチに対応しているはずです。

消防と役所でタッグを組んで、今後このような事故のないようにしてもらいたいですね。

スズメバチに襲われた場所は?

菊池さんが襲われたのは、愛媛県大洲市長浜町穂積の空き地の軒下。

スズメバチの襲撃を防ぐ方法は?

スズメバチは、8月終わりから9月に一番巣が大きくなり、個体数も多いそうです。

直径60センチの巣で、1000~3000匹いるとのこと。

巣は、雨がかからない空き家の軒下や屋根裏、やぶの中によくつくります。

では、万一、スズメバチを見た場合は、どうすればよいでしょう。

それは、まず、慌てないことです。

また、ついつい手で払いたくなりますが、これは絶対ダメです。

ハチが、人を襲う多くの理由は、大きく動く物にびっくりしたり、巣を守るため。

ですから、ゆっくりとその場を離れれば、襲ってくることはありません。

今回の場合、慌ててしまったのかもしれません。

おわりに

50分ものあいだ、150箇所をスズメバチに刺されるという痛ましい事故。

これは、他人事ではありません。

スズメバチは、いつどこで遭遇するかわかりません。

遭遇してしまった場合、冷静さを失わず、ゆっくりその場を去るということを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*