山田純也顔画像住所と勤務先会社名は?衝突事故現場場所は?あおり運転危険運転傷害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通トラブルをきっかけに、およそ1.2キロにわたって相手の乗用車へのあおり運転を続けたあげく衝突し、相手の男性にけがをさせたなどとして、山田純也(やまだ・じゅんや)容疑者(47)が警視庁に逮捕されました。

山田容疑者は、「相手の運転の仕方に腹が立ち、相手の前に出て車を止めようとした」と容疑を認めているようです。

スポンサーリンク

どのような事件か?

TBSの報道です。

 危険なあおり運転の摘発です。交通トラブルをきっかけに、およそ1キロにわたって相手の乗用車へのあおり運転を続けたあげく衝突し、相手の男性にけがをさせたなどとして、47歳の男が警視庁に逮捕されました。

 前方の黒っぽい乗用車を追いかけるように走る白いワゴン車。車間距離は狭く、かなりのスピードが出ているように見えます。同じ道路を走る他の車と比較しても車間距離の狭さがわかります。

 白いワゴン車を運転していたのは、危険運転傷害などの疑いで逮捕された、千葉県船橋市の自営業・山田純也容疑者(47)です。

 山田容疑者は、先月26日午前9時ごろ、足立区の環状7号線で会社員の男性(30)が運転する乗用車をあおるなど、危険な運転をして衝突事故を起こし、男性にけがをさせたなどの疑いが持たれています。

 きっかけは、交差点でのささいなトラブルでした。男性が左折した際、右折しようとしていた山田容疑者は、邪魔をされたと思いクラクションを何度も鳴らしたり、窓から「おい、このやろう」などと怒鳴るなどしたということです。そして・・・

 「容疑者はおよそ1キロにわたって男性の車をあおり続け、その結果、こちら交差点の手前で2台は接触事故を起こしたということです」(記者)

 山田容疑者のワゴン車は、およそ1キロにわたってあおり運転を続けた後、最後は男性の車の前に入り込んで衝突。山田容疑者はそのまま逃走したということです。

 取り調べに山田容疑者は、「相手の運転の仕方に腹が立ち、相手の前に出て車を止めようとした」「これまでにも同じように車を追いかけたことがある」などと容疑を認めているということです。

 あおり運転をめぐっては、今年6月、神奈川県の東名高速で夫婦が死亡する事故が起きていて、警視庁は、取締りを強化しています。

引用元 TBS NEWS

東名高速の事故があっても、山田容疑者には、それを理解できなかったのでしょうか。

東名事故で進路塞いだのは誰?犯人は石橋和歩と判明!顔画像と住所公開!

古賀慎一朗があおり運転!顔画像と現場はどこ?暴行山口下関市

山田容疑者は、あおった上、接触事故まで起こしています。

「相手の運転の仕方に腹が立ち、相手の前に出て車を止めようとした」と供述していることからみて、接触事故を起こそうとしたのではなく、ぶつかってしまったのかもしれません。

ですが、止めようとしたのは、追い越し車線。

愚かとしか言いようがありません。

しかも、信号無視をしてまでも、追いかけたそうです。

何れにしても、相手を恐怖に陥れ、危うく命を奪いかねないことをしたことは、間違いないと思われます。

男性は、首にむち打ちのケガを負っています。

それに対し、山田容疑者は、「ゆっくり環七に入ってきて腹が立った。大してぶつけてないからケガには納得できない」と容疑を一部否認しているといいます。

全く反省はしていないようです。

また、「これまでにも同じように車を追いかけたことがある」と供述しています。

泣き寝入りしている人がいるということです。

スポンサーリンク

山田容疑者とは?

こちらが、山田容疑者です。

住所は、千葉県船橋市芝山7丁目。

自営業で、電気設備業を営んでいるとのこと。

自宅が、会社かもしれません。

衝突事故現場はどこ?

衝突事故を起こしたのは、東京都足立区の環状7号線の満願寺前の交差点。

容疑は?

脅迫と自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致傷)、道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑とのことです。

警察は、重大事故とみているようです。

なぜ石橋和歩を逮捕できた?異例の過失運転致死容疑とは?殺人罪や危険運転致死容疑の可能性は?

石橋和歩危険運転致死傷罪と暴行罪で起訴!裁判員裁判で刑罰はどうなる?

おわりに

警察は、あおり運転について、取締りを強化しているようです。

しかし、未だに、こういったことをする人間がいます。

自分は、捕まらないだろうと思っているのでしょうね。

※11月21日追記:同乗者がいた?

山田容疑者は、このとき、仕事に行く途中だったとのこと。

また、同乗者がいたそうです。

同乗者は、山田容疑者の行動を止めたのでしょうか。

山田容疑者は、近所では、キレやすく、怒ると大声を出すと言われています。

同乗者は、「いつものこと」と思っていたかもしれません。

※11月21日追記:山田容疑者が逃走した理由

山田容疑者は、「そのまま話しても殴り合いになりそうだったので逃げた」と供述しているそうです。

だったら、なぜ、あおったのでしょう。

キレやすい性格にも関わらず、面と向かっては、何も言えないタイプなのでしょうか。

相手が、30歳で若かったので、ビビってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 八木達治 より:

    市中引き回しの上、銃殺したらいいと思います。

  2. 八木達治 より:

    現在の法律はぬるい、悪い事したら、精神障害者でも、成敗されなければいけないと思います。

  3. 高橋 より:

     山田純也の関係者から話を聞いたが、報道とは真実が2つ異なる。純也があまりにもかわいそう。1つは純也は青矢印を右折した時、対向の黒車が赤信号を無視し純也の前に割り込んだ。赤信号とはどこにも報道されていない。純也とは30年来の付き合いになるが、何も無しで切れるほど阿呆ではない。2つめは純也が煽った時、黒車運転手は中指を立て挑発した。怖がってた訳ではない。挑発に乗って煽った純也が悪いがきっかけを作ったのは黒車。そして純也が廻り込んで接触した時、黒車運転手は怒鳴って車を降りてきた。東名高速の事故とは全く違う。だが純也が逃げた為、黒車運転手の思う壺になった。
     真実を知ると純也の誠実な面も知っているので悲しい。純也が確かに悪いが真実も知って欲しい。

    1. FACEBOOKです より:

      あおり運転の末に、強引に前に割り込んで衝突事故を起こした事実が分かっている?
      その上で逃げるなんて当て逃げ以外のなにものでもない。

    2. SSS より:

      身内の方ですか?きっかけが何であれ、煽り運転は一つ間違えれば命を落とします。

      たとえ煽られたとして、頭に血が上って殺人行為を行う山田純也がキ〇ガイなのです。

      貴方も山田さんと一緒にその考えを改めて下さい。

コメントを残す

*