横浜市立大学付属病院担当医顔画像名前と損害賠償は?膵臓がん見落とし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜市立大学付属市民総合医療センターは、30日、検査で膵臓(すいぞう)がんの疑いが指摘された神奈川県横須賀市の70代男性に約5カ月間、適切な治療をしていなかったと発表しました。

担当医らが検査結果を見落としたことが原因で、男性はがんが進行し、今月16日に亡くなりました。

スポンサーリンク

何があったのか?

時事通信の報道です。

 横浜市立大学付属市民総合医療センター(同市南区)は30日、検査で膵臓(すいぞう)がんの疑いが指摘された神奈川県横須賀市の70代男性に約5カ月間、適切な治療をしていなかったと発表した。

 担当医らが検査結果を見落としたことが原因で、男性はがんが進行し、今月16日に亡くなった。

 同センターによると、男性は1月下旬に腹部大動脈瘤(りゅう)の検査入院をした際、コンピューター断層撮影(CT)検査で首の下から腹部までを撮影。放射線科医がCT画像全体を見て、「膵臓がんの疑い」とする画像診断書を作成したが、担当医らが診断書を見ていなかったため、センターはがんの治療をしなかったという。担当医らは「大動脈瘤に気を取られ、気付かなかった」と話している。

 男性は6月27日に他の病院で受けた定期健診の際に膵臓がんの疑いと指摘され、翌28日に同センターで膵臓がんと診断された。センター側はミスを認め、家族に謝罪した。

 同センターの後藤隆久病院長の話 今回の医療事故を引き起こしたことを深く反省し、再発防止に向けて、全力で取り組む。 

引用元 JIJI.COM

男性は、1月下旬、大動脈瘤の検査入院時に、膵臓がんが見つかったようです。

ですが、その診断書を、担当医らが見てなかったとのこと。

担当医らは、「大動脈瘤に気を取られ、気付かなかった」と話しているようですが、複数の医者がいてこんなことがあるのでしょうか?

人任せにしていたところがあるような気がします。

男性は、6月27日に、他の病院の定期検査で膵臓がんが見つかましたが、すでに手が施せないほど進行していたそうです。

そして、今月16日に亡くなりました。

ということは、センターは、膵臓がんについて、本人にも家族にも知らせていなかったということでしょうか。

センターは、1月の時点では切除手術も行えた可能性があるとしています。

家族は、この現実をどのように受け止めているのでしょう。

担当医らは誰?

大動脈瘤は、血管外科で診療しますが、横浜市立大学付属市民総合医療センターでは、どこで受け持っていたのでしょう。

今回の医療事故は、命を落としているので、責任は大きいと思います。

何人で対応してたのか、責任は誰にあるのか。

この病院の他の患者が、心配になります。


スポンサーリンク

賠償金額はどうなる?

医療過誤の損害賠償は、「治療費」「入院雑費」「付き添い介護費」「休業損害」「逸失利益」「慰謝料」「葬儀費」で決まります。

今回の場合、70代の男性で、すでに仕事は引退されていると思われます。

となると、対象になるのは、「慰謝料」「葬儀費」。

「葬儀費」は一律150万円のようです。

「慰謝料」は、患者の家庭内における立場で異なります。

また、医療事故の慰謝料は、交通事故を引き起こした場合に比べ低くなってしまいます。

医療は、患者の疾病というリスクが最初からあり、それに対して危険性のある医療行為を善意で行っているためです。

しかし、今回の場合、医療行為ができたのに、しませんでした。

こういった事例があります。

医師が患者の肝癌の早期発見の為の検査を怠ったことが要因となり、肝癌の発見が遅れ、死亡してしまったケースの慰謝料です。
原告aに対して1200万円、他の原告には400万円ずつの慰謝料請求が認められました。
(平成17(ワ)763 損害賠償請求事件 平成21年01月28日 岐阜地方裁判所)

引用元 弁護士ドットコム

今回の問題は、この事例よりひどいと思います。

人の命は、お金では替えられません。

しかし、形で表さなければ、怒りは収まらないでしょう。

おわりに

検査でわかっていながら、担当医が見過ごすという、前代未聞の医療事故。

医療界は、この事例を水平展開し、2度とこんな悲劇がないようにしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*